ホルンのマメ知識
ウィンナホルンとは

おもにウィーンフィルで使われているF管シングルホルンのことを「ウィンナホルン」といいます。現代のホルンがロータリーバルブなのに対して、ウィンナホルンはウィンナバルブという2連ピストンバルブを備えていること、ボアサイズが11mmと今よりもかなり細いこと、ボーゲンという2重巻きの着脱できる吹込管を備えていること、などが特徴です。