サクソフォンの成り立ち
サクソフォンの仲間

発明された当時、サクソフォンは14種類ありました。というのも、発明者のアドルフ・サックスには、この楽器だけでオーケストラを作るという構想があり、小さくて高い音域のソプラニーノから大きくて低音のコントラバスまで、大小さまざまなサクソフォンを自分で作っていたからです。それらの楽器をあわせると、音域は2オクターブ半に及んでいました。
けれども現在おもに使われているのは、音程の高い順に、ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、バスの5種類に落ちついています。
同じくアドルフ・サックスが発明した楽器にサクソルンがありますが、これはヴァルブ付きの金管楽器でサクソフォンの仲間ではありません。

サクソフォンの仲間