サクソフォンのできるまで
二番管(ボディ)を作る

トーンホール(パッドが当たる部分)は、管の内側にセットしたダイスという道具を機械で均等に引き上げて作ります。これは、朝顔管、一番管(U字管)、二番管の製作に共通した作業です。

ダイスを使ってトーンホールを引き上げる

ダイスを使ってトーンホールを引き上げる

孔が開いた二番管

孔が開いた二番管

引き上げる前に塗る油

引き上げる前に塗る油

トーンホール完成

トーンホール完成

続いてキイポスト(キイを支える部品)を管体に付けていきます。

付けやすいようにセットされたキイポスト

付けやすいようにセットされたキイポスト

電気を使ってハンダ付け

電気を使ってハンダ付け