サクソフォンのできるまで
朝顔管(一枚取りベル)を作る

溶接する前の朝顔はイチョウの葉のような形をしています。 その1枚の真ちゅう板のフチを合わせて溶接し、溶接部分をシームローラーという機械で滑らかにします。

接する前の朝顔(左) 火花を散らしながら溶接中(右)

接する前の朝顔(左) 火花を散らしながら溶接中(右)

木ハンマーでたたいておおまかに朝顔のカタチに整えていきます。(カスタムモデル)

ハンマー加工

ハンマー加工

ほぼ朝顔の形になった真ちゅう管に鉛のリングを押し当てて、朝顔管(ベル)の形に仕上げます。この作業を鉛絞りといいます。

鉛絞り

鉛絞り