サクソフォンの成り立ち
サクソフォン誕生ストーリー

サクソフォン(サックス)は、現在一般的に使われている楽器の中で、電子楽器を別にすればただひとつ、発明した人がはっきりしている楽器です。その発明者の名はアドルフ・サックスといいます。サックスが発明した楽器だから「サクソフォン」と名付けられたわけですね。
アドルフ・サックス(1814~1894)はベルギーに生まれた楽器製作家で、さまざまな吹奏楽器が吹けた人だったと伝えられています。彼は、木管楽器の良さと金管楽器の良さを合体した楽器が作れないかと考えて、1840年代にサクソフォンを考案。この発明で1846年にパリで特許を得ています。

サクソフォンは発明された当初から金属(真ちゅう)で作られています。しかしその発音原理から、フルートと同様に木管楽器に分類されます。