マリンバのお手入れ
音板吊りひものお手入れ

マリンバの音板はひもで吊られた状態になっていますが、このひもの張り具合も調整する必要があります。ひもを張りすぎると音板を叩いたときに音板がはねすぎることになり、逆にひもが緩すぎると、ひもに振動が吸収されてしまい、鳴りが悪くなってしまうのです。

音板吊りひもの張り具合の調整は、低音側の吊りひも引っ張り、バネの部分でひもの長さや結び目の位置を変えて行います。
バネをかけた状態で、ひもを指で押したときに適度な弾力がある程度でよいでしょう。
ひもが切れかかっている場合には、早めに交換してください。

音板を吊もを受けている金具を「音板吊金」といいます。運搬を繰り返すとこの金具が曲がってしまうことがあります。
吊金が曲がっていると音板の振動が妨げられる原因になりますので、演奏前にはかならず吊金の曲がりがないかを確認してください。