アコースティックギターのしくみ
[実験1]サウンドホールの大きさの実験

サウンドホールの大きさは、音にどのような影響を与えるのでしょうか? 穴のサイズを変えながら、音を聴き比べてみました。

実験の手順

  1. フタのない木箱を1個つくる。
  2. ウレタンボードをフタサイズに切る。
  3. 円カッターで二重に穴を開け、木箱に接着する。
  4. 木片や留め金具を付け、弦を張る。
  5. 穴の大きさを変えて弾き比べる。

直径14センチの場合

直径14センチの場合

直径6センチの場合

直径6センチの場合

穴がない場合

穴がない場合

※ 実験による録音のため正しい音程と異なっております。

弦はギターの第1弦を張りました。サウンドホールが大きいと音量が増し、小さくすると音量も少なくなりました。ただ、小さい穴のほうが、音がまろやかになったようです。穴がない場合は、弦の音しか聞こえず、したがって音も弱く小さくなりました。