ティンパニの成り立ち
ティンパニの種類

手締め式

チューニングボルトを手で締めることによって必要な音程に合わせます。

手締め式

ハンドル式

チューニングハンドルの回転操作によって音程を変更します。ただし、1音の音程変更につきハンドルを数回転させる必要があるため、瞬時の音程変更やグリッサンド奏法には向いていません。

ハンドル式

ペダルバランススプリング式

グリッサンド奏法など高度な奏法に対応します。ペダルスプリングの張力とヘッドの張力でバランスを取っているため、ペダルから足を離しても、そのままの音程がキープされます。

ペダルバランススプリング式

ペダルロック式

温度、湿度の影響により音程の変化する本皮ヘッド対応とし てラチェット式とクラッチ式の二種類のロック機構があり、固 定後の音程は微調整ハンドルにて行います。

ペダルロック式

ペダルティンパニには、ロック式とバランスアクション式があります。
オーケストラで用いられることが多いのは、ロック式。ペダルを動かして音程を変えたら足首を回し、自動車のギアチェンジのように金具のへこみに引っ掛けてロックします。ff(フォルテシモ)の時に思いきり叩いてもペダルがずれない、つまり音程がぶれない頑強さが、ティンパニストに好まれています。

また、ヘッドが本皮の場合、チューニングインジケーターがドでも実際は音が上がっていることもあります。照明が当たるなどすることで、張りが強くなってしまうのですね。そこで微調整用にハンドルなどの機構があり、ペダルを動かさずに張力を微妙にゆるめることができます。

学校や吹奏楽団でよく用いられるバランスアクション式の良さは、操作がしやすいこと。ロックする手間が要らず、ペダルを上下するだけですばやく音程が変えられます。現代曲では演奏中に次々と転調することもありますが、難なく対応できて便利です。

ロック式のティンパニ

ロック式のティンパニ

微調整用のハンドル

微調整用のハンドル

操作しやすいバランスアクション式のペダル

操作しやすいバランスアクション式のペダル

ドイツを中心としたヨーロッパで生まれたティンパニには、全体にストレートで底が角形のケトルが多いのですが、アメリカに渡ってからは半球のような丸形のケトルが多く製作されるようになりました。アメリカからティンパニが入ってきた日本では、この丸形が主流です。

ケトルの形には2種類ある~ヨーロピアンとアメリカン~