ティンパニのマメ知識
なぜドイツ式配置は、右に行くほど低音になるの?

ドイツ式で、右に行くほど大きくなるように並べているのは、どうしてでしょう。実は、ティンパニの元になったとされる太鼓は、もともと軍隊の信号用の太鼓として用いられ、軍が進軍、あるいは行進するときなどに鳴らされていたようです。大小2個の太鼓を馬に載せて運んでいたので、人が右足を上げて馬にまたがる際、邪魔にならないように馬の左側を小さい方の太鼓にしたと言われています。その習慣が今も残っているのですね。