ティンパニの選び方
スタイルもサイズも多彩なティンパニ

ティンパニを選ぶ際には、演奏に際し、音程変更を行う点を考慮する必要があります。

手締め式は、チューニングキーによる一音ずつの音程変更のため、時間がかかります。
ハンドル式は、ハンドルで全体の音程変更をするため、手締め式に比べて時間は少なくてすみます。
ペダル式は、ペダルで全体の音程を変更するため、ハンドル式に比べ時間もかからず、瞬時に音程変更できます。1曲の中で音程を変更する場合には、ペダル式が最適です。

用途により異なりますが、以下をご参考にしてお選びください。

  • 最初に26、29インチをそろえ、次に、23、32、20インチとそろえていく。
  • 24、27インチは、23、26インチに比べ、最低音を中心に響きに余裕があります。現在、23、26インチに不満のある方におすすめします。
  • 24、27インチを採用される場合は、20、24、27、29、32インチの組合せとなります。