ティンパニの叩き方
ヘッドのどこを叩くの?

ティンパニは、真ん中ではなく手前の縁の方を叩きます。ヘッド全体は中央を左右に通る直線を節にして波打っていて、縁は振動の腹の部分に当たります。

中央を叩く

中央を叩く

下を叩く

下を叩く

右を叩く

右を叩く

叩く位置によって音の高さは変わりませんが、出る倍音の構成が変わるので音色が変わります。腹を叩くと一番低い基音がしっかり鳴って大きく豊かな音色になり、整理された振動が出ます。節を叩くと基音より倍音の方が目立って音は濁りますが高く聴こえます。楽譜の指示でまれにど真ん中を叩くこともありますが、その場合、音はほとんど伸びません。

腹を叩いているときのヘッドの変動を上から表したイメージ

腹を叩いているときのヘッドの変動を上から表すと、このようなイメージになります。
白い所がへこんで黒い所がふくらみ、次の瞬間には凸凹が逆になり、また逆になり、と面全体が波打っています。目で見てわかるレベルではありませんが。他にもヘッドの変動にはいろいろあり、ヘッドのテンション(張力)や叩く場所によって変化します。