ティンパニの成り立ち
ティンパニ誕生ストーリー

ティンパニは打楽器に分類されます。幼児にもできる手拍子を例に出すまでもなく、楽器として、打楽器は人間にとって最も根本的なものです。
オーケストラの中で、大きな存在感をもつティンパニですが、構造はとてもシンプルです。鍋型の胴体に被膜を張り、それをバチで叩くという構造。バチで叩かれた被膜が振動し、それが胴体に伝わって共鳴することで音を発します。ヘッドの張り具合を調整することで音程を変え、正確にドレミの音を出し分けられる有音程打楽器です。

現在のティンパニの直接の先祖、アラビアのナカラ

現在のティンパニの直接の先祖、アラビアのナカラ

ティンパニの起源は古く、太古の昔にまで遡ることができます。ティンパニと思われる太鼓を刻んだプレートの最古の出土品は、紀元前2000年も前のものです。古代のギリシャ人、エジプト人、ヘブライ人などもティンパニ風の打楽器を用いたことがわかっています。特に、古代ギリシャ人たちの楽器は、「ティンパノンTympanon」と呼ばれており、後のティンパニの語源と思われます。
しかし、現在のティンパニの直接的先祖は、オスマントルコ帝国などアラブ世界の軍楽隊の太鼓で、15世紀にヨーロッパへ伝えられたと考えられています。