ティンパニのマメ知識
上手い人はどこが違う?

叩けばだれでも音が出るティンパニ。では、プロはどこが違うのでしょう。
大きな音を出すにはとても力が要ると思われがちですが、ティンパニストには細身でスマートな人もいますし、もちろん女性もいます。力任せではなく、大きくて速い動きが大切で、上手な人は速すぎて手が見えないほど。それも頭の上からマレットを繰り出すような信じられない叩き方で、素晴らしい響きを出します。オーケストラの絶頂を演出するからこそ、全ての管弦楽器に負けない音量が求められるのです。
また、ヘッドに当たるインパクトの瞬間は音にとって重要なので、マレットの当て方もとても工夫しています。いつも一発勝負な緊張感。目立つ楽器だけに度胸も要りますね。