地域社会とのかかわり

  1. 地域社会への責任
  2. 地域社会におけるコミュニケーション事例

ヤマハグループは、企業が社会の一員であることの責任を自覚し、よき企業市民として社会に受容される価値観の醸成と行動に努めています。地域社会に及ぼす影響を考慮し、環境負荷の低い操業と、地域の皆さまとの対話を図っています。
各事業拠点で、周辺自治体との情報交換会を定期的に実施し、自治会の意見を伺っています。
事業所の新設や撤退にあたっては、事業所を置く市町の首長にあらかじめ説明・報告するほか、周辺自治体との情報交換会の中でも適時報告・説明し、意見や要望を伺っています。
また、工場撤退などにおいては、周辺への環境影響がないかどうか土壌や地下水の調査を実施し、万が一、汚染などの環境影響が発覚した場合は、浄化・除去措置などの適切かつ速やかな対応を実施しています。
2016年度、ヤマハリゾートつま恋の営業譲渡を決定しました。これにあたり、従業員への説明・個別面談を実施するとともに、拠点を置く自治体に対しても説明しました。

ヤマハグループは、日常的なコミュニケーションを図ることで、地域社会との良好な関係を保っています。

自治会との情報交換会実施例(ヤマハ(株))
事業所 頻度 対象 内容
本社事業所 年1回 周辺の8自治会 事業概況報告、要望聴取、意見交換
掛川工場 年1回 周辺の7自治会 事業概況報告、要望聴取、意見交換
豊岡工場 年1回 周辺の3自治会 事業概況報告、要望聴取、意見交換
天竜工場 年1回 周辺の10自治会 ヤマハグループの紹介・事業概況説明、意見交換
  • ※ 2016年度初開催

2016年度事業所・工場でのコミュニケーション例

  • 周辺自治会との定期的な情報交換会の開催
  • 工場見学の受け入れ
  • 地元中・高校生の職場体験・職場訪問の受け入れ
  • 地域との交流を目的とした夏まつりの開催
  • 災害発生時の施設開放協力の覚書締結
  • 地域のイベントや祭典への協力
  • 施設・駐車場などの貸し出し
  • 従業員の地域クリーン作戦への参加
  • 自治体主催の総合防災訓練への参加
  • チャリティーバザーや募金により、地元の小学校や団体に図書・日用品・お菓子などを寄贈
  • 「フードバンクふじのくに」への防災備蓄食料協力
  • 掛川市役所にGPを貸出(ミニコンサートの実施)
  • 近隣小学校の地域学習受入(ミュージックサイレン見学)
[ 画像 ] 周辺自治会との情報交換会
周辺自治会との情報交換会
[ 画像 ] 夏まつり
夏まつり
[ 画像 ] 地域クリーン作戦
地域クリーン作戦
[ 画像 ] ミュージックサイレンの見学
ミュージックサイレンの見学

グランドピアノの製造工程を一般公開

ヤマハピアノの国内製造拠点である掛川工場では、楽器や音楽の魅力に触れていただくことを目的に、グランドピアノの製造工程を一般に公開しています。
工場見学では、現代のテクノロジーと100年以上続く伝統技能による製造工程の見学と、近代化産業遺産に認定されたグランドピアノなどを展示するショールームの見学とあわせて、ものづくりにおける環境保全活動について紹介しています。2016年度は、9,400人の方にご来場いただきました。

[ 画像 ] グランドピアノ製造工程見学
グランドピアノ製造工程見学
[ 画像 ] ショールームでの展示公開
ショールームでの展示公開

静岡県掛川市の環境活動への協力

掛川工場では、地域貢献、環境保全活動の一環として、2007年度から掛川市環境基金に協賛しています。掛川工場が排出する古紙を環境団体へ毎年約20トン提供し、その売上金が環境基金として積み立てられています。同基金は、掛川市内の小中学校への太陽光発電やハイブリッド型照明の設置に活用されたほか、スマートコミュニティ推進事業や環境を考える市民の集いの開催にも役立てられています。
2012年10月には「希望の森パートナーシップ協定」を掛川市と締結し、掛川市の森林保全活動の支援や活動へ参加しています。

[ 画像 ] 掛川工場でのどんぐりの苗づくり
掛川工場でのどんぐりの苗づくり

地域における健康増進への協力

ヤマハ(株)掛川工場は、健康づくり活動に積極的に取り組む事業所であることが評価され、2016年4月、掛川市から「かけがわ健康づくり実践事業所」に認定されました。
また、天竜工場が浜松市の健康増進事業「うごく&スマイル」へ参加し、2016年2月に同市から感謝状を受けました。

[ 画像 ] 浜松市からの感謝状(天竜工場)
浜松市からの感謝状(天竜工場)