ヤマハインターンシップ体験レポート
ギター開発における感性評価計画策定・実施・分析

[ 画像 ] 望月 成哉(モチヅキ ナルヤ)

望月 成哉(モチヅキ ナルヤ)

専攻 : 機械工学

エレキギターを開発する上で評価の共通認識を作るために、音の言語化・可視化を目的として感性評価実験を行いました。仕様の違うギターを複数の方に試奏していただき、得られた印象を統計的に分析し、実際の仕様との間にどのような関連性があるのかを検証しました。業務ではギターの演奏経験や、材料工学・電気回路に関する知識が役立ったと感じています。また、開発部の方々と関わる中でヤマハが様々なことに取り組んでいるのが分かり、全員が良い製品を作るために挑戦をしているのだと実感できました。業務後は他のインターン生と外食をしたり、週末は指導担当の方に浜松を案内していただきました。楽しい2週間が過ごせたと感じています。

私は、人生の中で多くの時間を費やすであろう仕事というものに対して、「どうせなら自分が心血を注げることがしたい」と思っていました。ですので、私の就職活動の軸は「その仕事に情熱を持てるかどうか」でした。そういったときに、趣味としていたエレキギターに関わる仕事ならそれが可能なのではないかと感じ、日本を代表する楽器メーカーであるヤマハに興味を持ちました。インターンシップのテーマの中に、ちょうどエレキギターの開発に関するものがあったので、応募してみることにしました。また、自分がいつも使っているエレキギターがどのように作られているのか興味があったのも理由の一つです。

学生のうちに、実際に企業の中で働く体験はインターンシップでしかできないと思います。私も今回のインターンシップに行かなければわからなかったことが多々あります。インターンシップを経験することで、就職活動をよりスムーズに進めることができたと実感しています。特にヤマハのインターンシップは楽器製造の最先端を肌で感じられるとてもいい機会でした。楽器が好きな方なら、楽しみながら様々なことを勉強できる最高の体験ができると思います。音楽に関わる仕事がしたいなら、これを逃す手はないです。ぜひ挑戦してみてください!

2/6(月) ヤマハについての説明を受け、指導担当の方とお互いに自己紹介をしました。
2/7(火) 業務内容の詳しい解説を受け、実験の準備をしました。
2/8(水) 感性評価実験
2/9(木) 感性評価実験
2/10(金) 感性評価実験・実験結果の分析
2/11(土) 指導担当の方に浜松を案内していただきました。
2/12(日) 宿泊先でゆっくり過ごしました。
2/13(月) 分析結果をもとにフィードバックをし、午後には若手社員の方々と座談会をしました。
2/14(火) 最終報告会に向けて資料作り
2/15(水) 最終報告会に向けて資料作り・発表練習
2/16(木) 最終報告会で、事業部の方々に成果を発表しました。
2/17(金) 工場やイノベーションロードを見学しました。