ヤマハフィロソフィー

「ヤマハフィロソフィー」は、ヤマハグループの理念体系を表し、「コーポレートスローガン」、「企業理念」、「顧客体験」、並びに「品質指針」、「行動指針」の5つにより構成されています。「コーポレートスローガン」、「企業理念」、「顧客体験」の3つは、ヤマハグループの存在意義を表す同一かつ普遍的な内容であり、「ヤマハフィロソフィー」の『基軸』を示しています。「品質指針」と「行動指針」は、企業理念を具現化するために、ヤマハグループで働く全ての従業員が、日々の業務の中で拠り所とすべきもので、「ヤマハフィロソフィー」の『両輪』を示しています。私たちは、常にこの「ヤマハフィロソフィー」を心の拠り所にしながら、お客様の視点に立ち、長い歴史と伝統の中で培われた信頼の品質、革新の技術と豊かな感性で、期待を超える製品とサービスを生み出し続け、未来に向かって新たな感動と豊かな文化を創りつづけます。

ヤマハフィロソフィー 体系図

感動を・ともに・創る

私たちは、音・音楽を原点に培った
技術と感性で、
新たな感動と豊かな文化を
世界の人々とともに創りつづけます

愉しさ
:夢中になれる
美しさ
:心惹かれる
確信
:自信を持てる
発見
:可能性に気づく

卓越
本質
革新

志を抱く 【志】
お客様の満足と社会・文化への貢献を目指して、熱い想いを抱き、仕事に取り組みます。
誠実に取り組む 【誠実】
常に誇りと謙虚な姿勢を保ちながら、本物を志向し、高品質なものづくりとサービスの提供に取り組みます。
自らが動く 【自発】
自らが積極的に現場に赴き、見て、考え、議論し、行動することにより、個の力、チームとしての力を遺憾なく発揮します。
枠を超える 【挑戦】
一人ひとりがチャレンジ精神を持ち、自らに枠を設けず、勇気をもって新たなことに挑戦し続けます。
やり切る 【執着】
一度決めたこと、定めた目標は、不屈の精神と創意工夫を持って、最後まで粘り強くやり遂げます。
[ 画像 ] 企業理念 Corporate Philosophy