ヤマハインターンシップ体験レポート
配信用音響機器のファームウェア(音声信号処理部)の開発

[ 画像 ] 村松 祐介(ムラマツ ユウスケ)

村松 祐介(ムラマツ ユウスケ)

専攻 : 機械システム工学

オーディオインターフェースをPCで動作させる際のアプリUI開発業務を体験しました。この実習では、プログラミングによるUIの実装(言語はQt)と実機での動作確認を行ったため、プログラミング能力と音響機器に関する知識が役立ちました。自分自身、音響機器に関する実装やUI言語は扱ったことがなく、インターンを通して音に関する開発をする楽しさや難しさを新たに学ぶことができたと思います。
また、指導担当の先輩社員をはじめ、開発部内の多くの方々とは、懇親会や昼休みの雑談の中でも関わりをもたせていただき、穏やかで気さくな方が多く、みんな音楽が好きだけど技術力は高く真面目な社風だと感じました。

私は大学からギターをはじめ、その楽しさやミキサーなどで音を加工する面白さに惹かれ、音楽に関わる仕事を体験してみたいと考えていました。楽器業界の中で、ヤマハは音に関する事業を広く展開しており、基礎研究も力を入れて新しいことに挑戦していく姿もあります。さらに、ヤマハのインターンは2weekの対面式で、説明会だけでは知ることができない実際に働く様子も知ることができます。そして、テーマが多くあるため、自分の研究でのプログラミング能力を活かしたテーマを選び、応募しました。

ヤマハのインターンは、私が行ったどのインターンよりも楽しく、達成感がありました。2weekは長いと感じるかもしれませんが、ずっと開発業務ではなく、研究施設の紹介やベテラン社員との雑談、社内ライブの観覧など、様々なことを体験でき、飽きることがない日々でした。また、インターンのテーマがたくさんあるため、自分の専門を活かせるものを選べば、そこで学んだことを自分の研究に活かすこともできます。ヤマハに少しでも興味がある人は絶対にインターンに参加したほうが良いと思うので、是非挑戦してみてください。

2/6(月) インターン生全体での説明。各部署での業務説明。
2/7(火) 部署での業務。業務後に若手社員による歓迎会。
2/8(水) 業務。研究施設案内。
2/9(木) 業務。インターン生の交流会。
2/10(金) 中間報告。来週の業務の確認。
2/11(土) 帰省。
2/12(日) 帰省。
2/13(月) 業務。
2/14(火) 業務。
2/15(水) 業務。業務後に部署での歓迎会。
2/16(木) 業務。社内ライブの観覧。
2/17(金) 最終報告。部長との懇親会。