ヤマハインターンシップ体験レポート
電子楽器の音色データ開発

[ 画像 ] 森井 健登(モリイ ケント)

森井 健登(モリイ ケント)

専攻 : 理学

電子楽器に搭載されるドラム音源のリアリティ向上手法の探索を行いました。インターン生の裁量もあり、私の場合はDAWを利用して作業をしたため、趣味のDTMの経験が役立ちました。また、製品に搭載する音源に求められる要件などは担当の先輩社員に教えていただきながら課題に取り組み、電子楽器についての知識を深めることができました。
グループ内の方々とは様々な場面で関わりをもたせていただき、親切な方が多いと感じ、慣れない環境でのインターンでしたが、不自由なく過ごすことができました。休日には他のインターン生と遊びに行った他、夜の浜名湖で散歩をしていたら携帯の充電が無くなって迷子になりかけたのも良い思い出です。

楽器をはじめとして、音楽に携わる仕事に興味があり、特にヤマハについてはかねてより楽器を愛用していたことと、好きなアーティストも多くヤマハ製品を使用していたことから、最も就職志望度が高かったです。しかしながら、具体的にどのような仕事をしているのかについての知識は乏しく、また、自分の気質や能力に合っている仕事なのかも分からなかったため、実際の業務に近い体験をすることで自分自身の適性や職場の雰囲気を知りたいと考え、インターンに応募しました。

インターンへの参加を考えている皆さん、就活をする中で分からないことも多く、不安になることもあるかと思います。私も皆さんと同じように不安を抱えている中でこのインターンに参加し、実際にヤマハでの働き方を体験して、ヤマハで働く先輩社員の皆さんと接することで、ヤマハで働く自分の姿を想像できるようになりました。とても多くのテーマが用意されているので、どんな人でも一つは面白そうだと思うテーマがあるのではないでしょうか。自分の専攻などにこだわりすぎず、これだ!と思うテーマにぜひ応募してみてください。

2/6(月) オリエンテーション、部門の先輩社員との挨拶
2/7(火) 取り組む課題の探求
2/8(水) 課題
2/9(木) 課題
2/10(金) 課題
2/11(土) 他のインターン生と楽器博物館へ
2/12(日) ウナギを食べに浜名湖へ
2/13(月) 中間報告
2/14(火) 課題
2/15(水) 課題
2/16(木) 成果報告会