楽団プロフィール

1961年に創部したヤマハ吹奏楽団はヤマハ株式会社およびヤマハグループの従業員によって構成されたアマチュアバンドとして現在に至っている。

主な活動としては自主事業の定期演奏会やポップスコンサート、野球応援があり、特に定期演奏会では毎年新曲を委嘱し、60曲にも及び、日本の吹奏楽に新しいレパートリーを提供し続けている。加えて、地域にも根ざした活動にも取り組み、5月の「浜松まつり・吹奏楽パレード」や浜松駅前の「プロムナードコンサート」にも出演し、浜松市が推進する「音楽の都づくり」に積極的に協力している。

ヤマハ吹奏楽団創立50周年記念特別演奏会の様子
普段の仕事の様子

最近では、海外公演「シカゴ・ミットウエストバンドクリニック」、「台湾公演」「韓国公演」、「日本-カナダ修好80周年・カナダ公演」などで、広く活躍している。

また、日本の吹奏楽に於ける最も権威のある「全日本吹奏楽楽コンクール」於いても常に金賞を受賞し続け、その受賞回数は33回を重ねる。なお、長年に亘るこれらの活動に対し、静岡県教育委員会から「文化奨励賞」を受賞した。
2010年に創立50周年を迎え、サントリーホールでの演奏会、新装新たな銀座・ヤマハホールでの演奏会など、節目に相応しい成果を残した。

浜松まつり・吹奏楽パレードの様子
浜松まつり・吹奏楽パレード
社内の練習場の様子
社内の練習場の様子
ヤマハ吹奏楽団と浜松の中高生によるワークショップの様子
ヤマハ吹奏楽団と浜松の中高生によるワークショップ

名誉指揮者

原田 元吉(初代常任指揮者)
渡部 謙一(第三代常任指揮者)

森田 利明(第二代常任指揮者)
河原 哲也(第四代常任指揮者)