持続可能な資源の利用

省資源、廃棄物の削減

環境破壊や資源枯渇をもたらす大量生産・大量廃棄から脱却し、持続可能な生産および消費行動へ移行することが求められる中、ヤマハグループは製品の小型・軽量化や複数製品の一体化、梱包材・緩衝材の縮小化・削減など、さまざまな資源使用量の削減施策を進めています。また、省資源につながる製品の長寿命化やメンテナンス・修理サービス体制の整備、ピアノリニューアル事業など製品を回収・再活用するサービスの展開、地球温暖化や自然環境汚染につながるプラスチックの使用見直しや紙などの再生可能資源への代替、製造工程における廃棄物の排出削減や再資源化など、限りある資源の有効活用に取り組んでいます。

省資源・長寿命化につながるユニット方式の導入

愛着のある一台を長く弾き続ける設計思想に基づいて、省資源・長寿命化につながるユニット交換・追加方式を導入しています。エレクトーンではユニットを交換するだけで、上達や用途に合わせ上位モデルに進化させる事のできる“グレードアップ”と、旧モデルを最新モデルと同等の性能が実現できる“バイタライズ”で、愛着のある一台を長くお楽しみいただけます。ピアノにおいては、消音機能をプラスできるユニットや、自動演奏機能付きピアノに豊富なコンテンツと多彩な機能を加える「ディスクラビアコントロールユニット」など、お手持ちのピアノを幅広く、長く楽しんでいただける後付けユニットを販売しています。

楽器メンテナンス・修理サービス体制の整備

良質な楽器は適切なメンテナンス、部品の修復や取り替えなどで長期にわたって良好な状態での演奏が可能になります。ヤマハではピアノや管楽器などのアコースティック楽器のメンテナンス・修理サービス体制を整備しています。

修理技術者の養成

ピアノ調律師養成のための「ヤマハピアノテクニカルアカデミー」、管楽器の専門技術者育成を目的とした「管楽器テクニカルアカデミー」がそれぞれ各工場内に併設され、楽器を知り尽くしたヤマハの講師陣がノウハウを活用したきめ細かなカリキュラムで、専門技術者を目指す方々をサポートしています。研修終了後は、全国のヤマハ特約店で修理技術者として日々のアフターサービスを担っています。

楽器ユーザーに向けたメンテナンス支援

楽器が常に良い状態に維持されるよう、メンテナンスガイドブックの整備やメンテナンスワークショップの開催などを通じて、楽器に関する知識や技術を提供しています。

製品の回収・再生による有効活用

ご家庭などで使用されなくなった楽器の回収・再生による有効活用に取り組んでいます。ヤマハピアノサービス(株)ではヤマハ製ピアノを補修・再塗装・調律し、消音機能を付加するなどして、リニューアルピアノとして再び市場へ送り出しています。(株)ヤマハミュージックジャパンではヤマハの楽器買取サービス「音バトン」を行っています。ヤマハの楽器をヤマハが受け取り、調整・メンテナンスした上で、いま楽器を必要としている人にバトンをお渡しするサステナブルなサービスで、限りある資源の有効活用につなげています。

持続可能な原材料やリサイクル材の活用

希少木材に代わる素材の開発や、バイオマス由来樹脂など再生可能な素材を製品に採用する取り組みの推進に加えて、リサイクルポリスチレン材料をスピーカーボックスの一部に利用するなど、リサイクルプラスチックの製品への採用も進めています。

プラスチック包装材の使用削減

地球温暖化や自然環境汚染防止の観点から使い捨てプラスチックの使用が見直される中、ヤマハは包装材のプラスチック使用削減に取り組んでいます。2025年3月期中には新規小型製品の梱包材プラスチックを廃止する計画です。また、それ以外の梱包材についても発泡スチロールの削減を中心に新規製品から順次対応しています。

[写真] L2スイッチにおける梱包材のプラスチック削減

L2スイッチにおける梱包材のプラスチック削減

[写真] PAシステムにおける発泡スチロール廃止(段ボールパッド化)

PAシステムにおける発泡スチロール廃止(段ボールパッド化)

[写真] ヘッドホンアンプにおける発泡スチロール廃止(段ボールパッド化)

ヘッドホンアンプにおける発泡スチロール廃止(段ボールパッド化)

[写真] HiFiレシーバーにおける発泡スチロール廃止(パルプモールド化)

HiFiレシーバーにおける発泡スチロール廃止(パルプモールド化)

廃棄物の排出削減と再資源化

ヤマハグループは、工場や事業所から排出される廃棄物の削減と再資源化を推進するため、回収・分別などのシステムを確立し、環境マネジメントシステムの中で目標を設定して取り組んでいます。

2024年3月末現在、国内ヤマハグループにおける再資源化率は約99%です。

また、廃棄物の処理責任を確実に果たすために、廃棄物処理を委託している業者について、現地確認を定期的に行い、廃棄物が適正に処理されていることを確認しています。

一方、材料や部品の加工において、歩留まり向上によるロス削減を進めるとともに、工程から出る廃材や端材の回収・分別を徹底し、再利用・再生利用を進めています。端材の他部品への転用や、原材料・堆肥・燃料としての利用のほか、国内ピアノ製造工場の木材加工工程から排出されるおがくずを、牛の寝床となる敷料に活用していただくというユニークな取り組みも行っています。

[写真] 端材を隅木(ギターボディ内部の補強材)に転用

端材を隅木(ギターボディ内部の補強材)に転用

各拠点での取り組み事例

  • 希少金属含有廃棄物を有価物処理に切り替え、資源を有効活用
  • 木材加工工程から排出されるおがくずを猫砂として有効活用
  • 楽器の塗装ブースで用いる循環水を清浄に保ち、長持ちさせることで塗装工程廃棄物を削減(廃棄物削減効果約120t/年)
  • 設備不良や品質不良の改善で不良品を削減
  • 生産性の向上による省エネ・省資源

製品や容器包装の再資源化

EUのWEEE指令をはじめ、各国、地域における製品や容器包装などのリサイクル法令に対応するとともに、日本国内では使用済みエレクトーン製品の回収拠点を全国に整備し、回収・リサイクルを行うなど資源の有効活用に努めています。

水資源の保全

ヤマハグループでは、製品の洗浄工程や設備の冷却などで水資源を使用しています。水資源に関するリスクについてはグループ全体で実施する総合リスク評価に加え、全ての拠点について水リスク判定ツールやアンケート調査により「物理的な水ストレス」、「水の質」、「水資源に関する法規制リスク」、「レピュテーションリスク」を評価しています。現在、水資源に乏しい地域での大規模な生産活動はしておらず、取水による環境への大きな影響はないと認識しています。

また、水を大量に使用かつ取引金額の多いサプライヤーに対し、取水量や水リスクの認識、被害事例などの報告を求めるなどし、バリューチェーンでの水リスク把握にも努めています。水資源の持続可能な使用に向け、2020年3月期分よりグループ全体の取水量について第三者検証を実施し、さらなる管理向上を実現しました。現在、当社グループでは管楽器のめっきや洗浄工程において冷却水の循環利用や逆浸透膜(RO膜)装置などによる工程廃水の再生利用、用水設備の漏えい対策など、水使用量の削減に取り組んでいますが、2031年3月期に15%以上削減(2018年3月期比)する目標を設定することで、さらに水使用の効率化を推進していきます。

取水量

[グラフ] 取水量
  • 取水量…地下水のくみ上げ量、水道水・工業用水購入量の総計
  • 取水量データの集計範囲はヤマハ(株)本社事業所および全世界の主要生産工場、リゾート施設(ヤマハグループ全拠点の95%以上と推測)
[写真] 廃水処理施設(ヤマハ・ミュージカル・プロダクツ・インドネシア)

廃水処理施設(ヤマハ・ミュージカル・プロダクツ・インドネシア)

[写真] 廃水を冷却水などに再利用(杭州ヤマハ)

廃水を冷却水などに再利用(杭州ヤマハ)

[写真] 工程廃水を100%再利用(ヤマハ・ミュージック・インディア)

工程廃水を100%再利用(ヤマハ・ミュージック・インディア)