• [ 画像 ] 管弦打楽器生産関連職採用(吹奏楽団員)

先輩からのメッセージ:サクソフォン製作

[ 画像 ] 田下 洸 (エリザベト音楽大学)

日々の小さなことにも目標を持って取り組むこと

わたしの応募動機

将来の選択を迷っていたときに恩師の小さな提案が始まりでした。
それまではヤマハ吹奏楽団自体が遠い存在として知っていましたが、調べていくにつれ自身で楽器を作りながら演奏できる環境があることに魅力を感じました。自分の生活に音楽は切っても切れない存在なので、ヤマハで働き、楽団員として活動していきたいと強く願うようになりました。

仕事と演奏。その両立のポイントとは

日々の仕事や楽団の活動、生活の中にある小さな事柄にも目標をもって取り組むことが大切だと思います。
どれも決して高い目標ではなくても、少しずつ楽しみも見つけながら目標や理想に近づきたいと思って過ごしています。

仕事のOne Scene

サクソフォンのバフ研磨作業を担当しています。
管体の成型からはんだ付けを経て、まだ輝きのない朝顔管と一番管を鏡の様に磨きあげる工程です。これから初めて楽器を手にする方から世界のトップアーティストの方々まで、幅広いプレーヤーが手に取るであろう楽器を、自分の手によって磨いていることに誇りを感じています。
バフ作業自体は気力・体力共に必要とされる仕事ではありますが、楽器店の店頭に自ら手がけた楽器が並んでいることを考えながら、仕事に対する誇りと高い向上心を持って日々技術を磨いてます。

[ 画像 ] 磨いた管体をチェックして次の工程に渡します。一点の曇りも見逃せません。
磨いた管体をチェックして次の工程に渡します。
一点の曇りも見逃せません。
[ 画像 ] バフ作業だけでは取り除けない凹凸は、ヤスリで周囲を滑らかにしてからバフで磨きます。
バフ作業だけでは取り除けない凹凸は、ヤスリで周囲を滑らかにしてからバフで磨きます。

ある日のスケジュール

5:30 起床、朝食
6:00 出勤 (自転車→電車→会社の通勤バス)
7:30 ヤマハ豊岡工場に到着、ラジオ体操と作業の準備を始めます。
8:00 朝礼の後、サクソフォンのバフ作業開始
10:00 10分休憩
12:10 昼食 (同期と少し雑談)
この時が一日の中で1番好きな時間です!
12:50 午後の業務 サクソフォンのバフ作業開始
15:00 10分休憩
16:45 終業 (楽団以外の日は残業の場合も)
17:00 退社 (楽団の練習場へ)
19:00 楽団で練習開始
21:00 楽団全体練習終了
22:00 帰寮 (夕食/入浴/洗濯等)
23:30 就寝