論文一覧

技術分野の選択でそのカテゴリの論文のみ表示されます

著者名の太字はヤマハ社員です

伸縮性カーボンナノチューブ動歪センサを用いた母指対立動作解析デバイスの開発 -手根管症候群の対立動作障害の検出から-

黒岩智之, 藤田浩二, 二村昭元, 大川淳, 高橋祐, 奥宮保郎, 和田洋平, 鈴木克典,

日本手外科学会 第62回学術集会

https://www.congre.co.jp/jssh2019/index.html

Domestic Conference

ヒューマンインターフェイス音響デバイス・素材

2019

Automatic Statistical Analysis of Ear Shape Anthropometrics of an International Ear Shape Database

Shoken Kaneko, Tsukasa Suenaga, Hiraku Okumura, Kim Sungyoung,

Audio Engineering Society International Conference on Immersive and Interactive Audio, 2019.

International Conference

感性工学音楽情報処理・信号処理

2019

伸縮性カーボンナノチューブ動歪センサを 用いた母指対立動作の新たな評価法の開発

黒岩智之, 藤田浩二, 二村昭元, 大川淳, 高橋祐, 奥宮保郎, 和田洋平, 鈴木克典,

日本整形外科学会 基礎学術集会

http://www.congre.co.jp/joar2018/

Domestic Conference

ヒューマンインターフェイス音響デバイス・素材

2018

Skeleton Plays Piano: Online Generation of Pianist Body Movements from MIDI Performance

Bochen Li, Akira Maezawa, Zhiyao Duan,

Proceedings of the International Society for Music Information Retrieval (ISMIR), pp. 218-224, 2018.

https://doi.org/10.5281/zenodo.1492387

International Conference

AI・機械学習ヒューマンインターフェイス

2018

An Immersive 3D Audio-Visual Installation Based on Sound Field Rendering and Reproduction with Higher-Order Ambisonics

Shoken Kaneko, Hiraku Okumura,

Audio Engineering Society International Conference on Spatial Reproduction – Aesthetics and Science, 2018.

International Conference

感性工学音楽情報処理・信号処理

2018

An Immersive 3D Audio-Visual Installation Based on Sound Field Rendering and Reproduction with Higher-Order Ambisonics

Shoken Kaneko, Hiraku Okumura,

Audio Engineering Society International Conference on Spatial Reproduction – Aesthetics and Science, 2018.

International Conference

感性工学音楽情報処理・信号処理

2018

人と息を合わせて演奏するための合奏技術

前澤 陽,

第27回 Generative Music Informatics (GMI) Workshop, 2018.

Domestic Conference

AI・機械学習ヒューマンインターフェイス

2018

Development of a 64-Channel Spherical Microphone Array and a 122-Channel Loudspeaker Array System for 3D Sound Field Capturing and Reproduction Technology Research

Shoken Kaneko, Tsukasa Suenaga, Hitoshi Akiyama, Yoshiro Miyake, Satoshi Tominaga, Futoshi Shirakihara, Hiraku Okumura,

Audio Engineering Society Convention 144, 2018.

International Conference

感性工学音楽情報処理・信号処理

2018

コンピュータと人間による合奏: 人と息を合わせて演奏するとは

前澤 陽,

IPSJ-ONE, 2018.

Domestic Conference

AI・機械学習ヒューマンインターフェイス

2018

鍵盤演奏情報を用いたオンライン演奏動作生成

前澤 陽, Bochen Li,

情報処理学会 音楽情報処理研究会 2018-MUS-118, 2018.

Domestic Conference

AI・機械学習ヒューマンインターフェイス

2018

解説:特集 ナノ炭素系材料を利用した材料と成形加工 MWCNT/エラストマーによる衣類型ウェアラブル伸縮ひずみセンサの開発

鈴木克典,

成形加工, vol. 30, no. 1, pp. 17-21, 2018.

https://doi.org/10.4325/seikeikakou.30.17

Book

ヒューマンインターフェイス音響デバイス・素材

2017

リコーダーにおけるオクターブジャンプ現象の実験に基づいた考察

庄司 哲郎, 有元 慶太, 三木 晃, 鬼束 博文,

音楽音響研究会資料 36(4), pp. 7-30, 2017.

Domestic Conference

シミュレーション・計測

2017

ピアノの物理モデル・シミュレーション

富永英嗣, 佐藤寿一, 蓑田真,

音楽音響研究会資料, vol. 36, no. 4, pp. 133-138, 2017.

Domestic Conference

シミュレーション・計測

2017

ピアノタッチの物理モデル・シミュレーション

富永英嗣, 佐藤寿一,

トライボロジスト 第62巻 第10号 pp. 623-628, 2017.

https://doi.org/10.18914/tribologist.62.10_623

Journal Paper

シミュレーション・計測

2017

高次アンビソニクスを利用した高臨場感音場収録、再現システム”ViReal”の開発

末永 司, 金子 昌賢, 奥村 啓, 白木原 太, 秋山 仁志, 関根 聡,

第22回 日本ヴァーチャルリアリティ学会, 2017.

Domestic Conference

感性工学音楽情報処理・信号処理

2017

立体音場収音のためのフィボナッチ螺旋型マイクアレイ

金子 昌賢, 末永 司, 秋山 仁志, 関根 聡,

日本音響学会2017年秋季研究発表会講演論文集, 2017.

Domestic Conference

感性工学音楽情報処理・信号処理

2017

122CH立体音響再生システムViRealDomeの構築

奥村 啓, 末永 司, 金子 昌賢, 白木原 太, 冨永 聡, 三宅 佳郎, 秋山 仁志, 関根 聡,

日本音響学会2017年秋季研究発表会講演論文集, 2017.

Domestic Conference

感性工学音楽情報処理・信号処理

2017

楽譜と演奏履歴を用いた深層自己回帰過程に基づく演奏タイミング予測

前澤 陽,

情報処理学会 音楽情報処理研究会 2017-MUS-116, 2017.

Domestic Conference

AI・機械学習ヒューマンインターフェイス

2017

衣類型ウェアラブルモーションセンサの開発と医療・ヘルスケア分野への応用

鈴木克典,

研究開発リーダー, vol. 14, no. 3, pp. 12-19, 2017.

ISSN: 1349-1393

Book

ヒューマンインターフェイス音響デバイス・素材

2017

MuEns: A Multimodal Human-Machine Music Ensemble for Live Concert Performance

Akira Maezawa, Kazuhiko Yamamoto,

Proceedings of the 2017 ACM CHI Conference on Human Factors in Computing Systems, pp. 4290–4301, 2017.

https://doi.org/10.1145/3025453.3025505

International Conference

AI・機械学習ヒューマンインターフェイス

2017