• [ 画像 ] 管弦打楽器生産関連職採用(吹奏楽団員)

トップメッセージ

[ 画像 ] 代表取締役社長 村松 慶一

私たちは「先進性、高い感性と匠による世界最高峰の楽器・音響機器づくり」を目指しています。

(株)ヤマハミュージックマニュファクチュアリングは「ヤマハのピアノ、管楽器、弦打楽器、電子楽器、音響機器の製造会社」です。

 ヤマハグループの一員としてピアノや管楽器、弦打楽器、電子楽器、音響機器などを幅広く生産し、世界中のお客さまに、人が人らしく生きていくために必要な“人間必需品”の数々をお届けしているのが、私たち(株)ヤマハミュージックマニュファクチュアリングです。国内のものづくりは長くヤマハ(株)の一部門として発展してきましたが、2014 年4月に3つの製造子会社に分社した後、段階的な合併を経て、2017年4月1日にヤマハグループの楽器・音響事業を支える国内工場として結束したヤマハ(株)の100%子会社です。
企業理念を「先進性、高い感性と匠による世界最高峰の楽器・音響機器づくり」としています。

 「先進性」とは最新テクノロジー(デジタル技術)を用いた生産であり、「高い感性と匠による」とは永年の楽器や音響機器製造の歴史から築かれた「匠の技」に加え「楽器演奏、音・音楽に対する深い理解」をもった人々ならではの高い感性をもった「クラフトマンシップの継承」による楽器・音響機器づくりを目指します。
 「世界最高峰の楽器・音響機器づくり」とは「より良いモノづくりへの探求」から顧客満足をあたえ、「世界最高ブランド」と称される世界最高峰の楽器・音響機器づくりを目指すものです。作り出す製品品質のみならず、すべての業務の質をたかめる、つまり生産を支える「調達、管理、技術」なども含めることでモノづくりのリーディング・ファクトリーになるという強い意志を宣言しました。

社員ひとりひとりに支えられている

 「楽器・音響機器製造のプロである誇りを持ち、我々の作りだす製品でヤマハブランドを輝かせよう!」
これは私たちの合言葉です。特にピアノや管弦打楽器などのアコースティック楽器に求められる品質は、高級工芸品に求められるそれと同等であるとも言われます。私たちはこの高品質を如何に品質に妥協することなく合理的かつ均質に実現するかに最新テクノロジーを投入、研究から開発に至るすべてにおいての製造技術力を高めてきました。しかし、その一方では「人」の感性のみでしか実現できない品質も存在します。それらは、これまでの40数年に渡る楽器・音響機器製造で培い受け継いできた技能を「匠」として維持・伝承していくことで実現しており、非常に重要なことなのです。
私たちの会社は社員ひとりひとりに支えられています。

未来を築く人材を求めています!

 私たちの作った楽器や音響機器を手にされるお客様に満足していただきたい、感動していただきたいと願っています。楽器や音響機器はお客様に心の潤いを与え、豊かな人生のお手伝いのできるものであると思っています。それは、私たちにとっても本当に幸せなことです。 その私たちの思いを感じ「ひとつひとつの仕事に真摯に誠実に取り組む人材」を求めています。 楽器や音響機器づくりはけっして華やかなものではありません。お客様の満足や感動のために日々努力を重ねる粘り強い人こそが私たちが求めている「未来を築く人材」なのです。

『匠のバンド』 ヤマハ吹奏楽団常任指揮者、サクソフォン奏者 須川展也

[ 画像 ] ヤマハ吹奏楽団常任指揮者 須川 展也

 『匠のバンド』と、私はヤマハ吹奏楽団のことを呼ばせて頂いています。バンドのメンバーはヤマハ株式会社とヤマハグループの社員で、楽器を作り、管理し、マネージメントをする「楽器づくりの達人」達だからなんです。

 彼らは、世界中の音楽愛好家から世界をリードする名プレイヤー達の使う楽器までを、心を込めて魂を吹き込み作っています。さらに音楽を好きになって欲しいという願がこもっているのです。

 そのメンバーが自分たちの作る楽器で演奏するのですから、音へのこだわりは並大抵ではありません。私はその彼らから音楽性をさらに引き出し、音楽の喜びを共有できる幸せを実感しております。大変な集中力を使う仕事を終えてからも、合奏の練習にも必死に取り組む姿を見て、すっかり彼達のファンになってしまいました。

 そんなメンバーとこうして一緒に音楽を作り上げていくことができて、毎回の練習が楽しみで仕方ありません。「匠」の音をみなさんにお届けできると思うだけで、幸せです。