[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

その他:記事一覧

毎日新聞 │配信日: 2018/7/16

<大衆音楽月評>白熱の「シュート」合戦=専門編集委員・川崎浩

 サッカー・ワールドカップも最終局面に入った。日本代表も活躍し、ファンもそうでない人も、それなりに一息ついた状況だが、音楽の「シュート」は大いに盛り上がっている。 6月6日、昨年結成20周年を迎えたダンス・ポップ・グループ「DA PUMP(ダ・パンプ)」が3年半ぶりの新...

読売新聞 │配信日: 2018/7/16

さだまさし 新作に若手が参加 デビュー45年で「生まれたて」

 シンガー・ソングライターのさだまさしが新作「Reborn 〜生まれたてのさだまさし〜」(ビクター)を出した。グレープとしてデビューしてから今年で45年。いつものさだ節はもちろん、ナオト・インティライミやレキシといった若手が参加し、音楽的に生まれ変わったかのような新境地...

毎日新聞 │配信日: 2018/7/16

<演歌・歌謡ラボ>福田こうへい/川上大輔=専門編集委員・川崎浩

 ◇福田こうへい 自分でペースを作る 歌にとって、最も重要な個性は「声の音色」である。音程やリズム感や発声法など「うまい・へた」にかかわる要素はいくつもあるが、「音色」は決定的に個性を左右する。1音発せられただけで誰であるか分かることは、歌手にとっても歌そのものにとって...

読売新聞 │配信日: 2018/7/16

[トレンド]韓国発TWICE ネット席巻

 ◇週刊エンタメ  昨年、日本でCDデビューした9人組のガールズグループ、TWICEの勢いが止まらない。今年出したシングルCD2枚はいずれも30万枚以上を売り上げた。ビルボードジャパンがCD売り上げに動画視聴回数などを加味してまとめた、今年上半期のアーティスト別ランキン...

毎日新聞 │配信日: 2018/7/9

<Interview>林原めぐみ 「私」と「役」が半々 7年ぶり14枚目の新盤発表

 声優だけでなく歌手やラジオパーソナリティー、執筆業とマルチな才能で人気を誇る林原めぐみが約7年ぶり14枚目のオリジナルアルバム「Fifty〜Fifty」(キング)を発表、話題を集めている。    ■   ■ 林原は、1980年代半ばからアニメの声優として活動を始め、8...

読売新聞 │配信日: 2018/7/9

想像力で世界は変わる 米サックス奏者 カマシ・ワシントン新作

新時代のジャズを先導する米国のサックス奏者、カマシ・ワシントンが新作「ヘヴン・アンド・アース」(ビート)を出した。独自の思想を反映させた作品で、大編成による迫力あるサウンドを聴かせる。(桜井学) 「このアルバムでは、現実の世界と想像の世界という二つの世界を表現した。想像...

毎日新聞 │配信日: 2018/7/9

<POPSこぼれっ話>結婚式ソングNo.1は?

 昭和にはよく聞いた「ジューン・ブライド」という言い伝えは今も残っているのであろうか。女性性や家庭を象徴するローマ神話の女神ジュノー(ギリシャ神話のヘラ)が6月(JUNE)の語源になっていることから伝わる欧米のことわざの一つで、「6月の結婚はジュノーの加護により幸せに続...

毎日新聞 │配信日: 2018/7/2

<Interview>小野リサ 30年分のありがとう ボサノバの心を日本の歌に注ぐ

 日本におけるボサノバの歴史は、きっと渡辺貞夫らがジャズのフォーマットで持ち込んだのを端緒とするであろう。だが、一般に広くボサノバの魅力を伝えたのは小野リサに違いない。1989年のデビューで、今年を30周年イヤーとして記念アルバム「旅 そして ふるさと」(ドリーミュージ...

読売新聞 │配信日: 2018/7/2

[旬感]孫世代と力強い歌声 ゴー! ゴー! 若大将FESTIVAL

 ももいろクローバーZ。ロックバンドのKEYTALK。シンガー・ソングライターの平井大。ヒップホップMCのPUNPEE——。御年81歳の加山雄三にとって、孫ほどのミュージシャンが次々とステージに立った。色々な音楽を楽しめるのが音楽フェスティバルの魅力とはいえ、ここまで世...

読売新聞 │配信日: 2018/6/25

[ALL ABOUT]甲田まひる 音楽も服も自由

 ◇Pop Style Vol.602 ジャズ界に新星が現れた。甲田まひるさん、17歳。Mappyという愛称では既に、オシャレに敏感なファッショニスタとして人気を集めている。インスタグラムは5年前に始めたという最先端を行く少女だが、ジャズでは意外にもバド・パウエル、セロ...