[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

その他:記事一覧

毎日新聞 │配信日: 2019/3/18

<らっこ・アーティスト>ダウンタウン・フォーリーズ 大衆芸の原点今に

 近年話題のハリウッド映画を見ていると音楽がテーマないしは裏テーマの作品が少なくない。アカデミー賞で大盛り上がりした「ラ・ラ・ランド」が、懐かしのミュージカル映画の話法をしっかり踏襲していたのは記憶に残っているし、そもそもそのD・チャゼル監督はドラムスのレッスンを描いた...

読売新聞 │配信日: 2019/3/18

「フィッシュマンズ」 不滅の輝き ボーカル・佐藤伸治没後20年

 ロックバンド、フィッシュマンズのボーカルで、中心的なソングライターだった佐藤伸治が亡くなって今月で20年。その音楽は時代を超え、世代を超え、今なお聴き継がれている。バンドの音を守り続けているドラムの茂木欣一に思いを聞いた。(鶴田裕介) 1991年デビュー。レゲエやダブ...

読売新聞 │配信日: 2019/3/18

[ALL ABOUT]東啓介 階段を上ったその先へ

 ◇Pop Style vol.639 今、注目すべきミュージカル俳優、東啓介さん。長身と品の良さ、確かな歌唱力を備え、2.5次元作品から本格ミュージカルへと活躍の場を広げている。憧れていたという帝国劇場に立つことも決定。5月からは、2人だけの歌で物語をつなげるNew ...

毎日新聞 │配信日: 2019/3/18

<Interview>押尾コータロー 新たな色、生んだ出合い 新アルバム「エンカウンター」発表

 ギターの奏法の常識を飛び越えた斬新なテクニックで音楽世界を作り上げる押尾コータローが、新アルバム「エンカウンター」(ソニー)を発表し、全国ツアーを開始する。 押尾は中学時代からギターを弾き始め、高校卒業後、本格的に習得し、大阪でバンド活動を開始した。バンド解散後にソロ...

読売新聞 │配信日: 2019/3/18

70年代の空気に新解釈 細野晴臣「HOSONOHOUSE」リメイク

 ◇週刊エンタメ はっぴいえんどやイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)で活躍した、細野晴臣が1973年に出した初のソロ作「HOSONO HOUSE」は、特別な作品だ。優しい歌声、素朴な味わいで時代の空気を伝えて今なお愛されている。今月はリメイク盤が出た。名盤の魅力...

毎日新聞 │配信日: 2019/3/11

<らっこ・ライブ・レビュー>近藤等則 IMA21 宇宙と交信する魂

 1977年だったか。昨年秋閉店した渋谷のジャズ喫茶「メアリージェーン」でギターのデレク・ベイリーとベース吉沢元治、トランペット近藤等則のライブが行われた。近藤は、目の前のアルミ灰皿をミュートにして吸い殻をまき散らしながら吹きまくり、異次元のサウンドを聴かせた。“イカレ...

読売新聞 │配信日: 2019/3/4

真正面から「ラブソング集」 伊勢正三 16年ぶり全新曲

 ◆「なごり雪」思わせる作も フォークグループ「かぐや姫」や「風」の活動で知られるシンガー・ソングライター、伊勢正三が新作「Re—born」(フォーライフ)を発表した。ライブにベスト盤発売と、精力的な活動ぶりからは意外だが、オリジナル作は16年ぶり。67歳の男が歌う、驚...

読売新聞 │配信日: 2019/3/4

[ALL ABOUT]城田優 in ピピン 衝撃の舞台へ さあ

 ◇Pop Style vol.637 ブロードウェーミュージカルの名作「ピピン」の日本語版が6月10日から、東京で上演される。主演は、圧倒的な存在感を誇る大器、城田優さん。華麗な音楽やパフォーマンスに彩られ、哲学的な思索も内包する物語は、芸能生活20周年という城田さん...

読売新聞 │配信日: 2019/2/25

[評]レキシ公演 万人喜ばす 歌と笑い 

 レキシのライブはいいとこ取り。観客が曲に合わせて稲穂を振り回す、もはや風物詩ともなった展開で固定ファンをつかみ、即興性の高い歌やトーク、質の高い演奏で、いちげんさんも満足させる。「誰もが楽しめる」という、当たり前のようで難しいことをやってのける。 ミュージシャン、池田...

毎日新聞 │配信日: 2019/2/25

<大衆音楽月評>「共和党的」から「民主党的」に=専門編集委員・川崎浩

 11日(米国時間10日)、第61回グラミー賞授賞式が開催され各賞が発表された。良かれあしかれ世界の「大衆音楽の方向性」を表す賞であるから注目度は高い。ヒロ・ムライ(村井邦啓)が監督した「ディス・イズ・アメリカ」のミュージックビデオが「最優秀賞」を受賞したので大騒ぎだが...