[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

その他:記事一覧

毎日新聞 │配信日: 2018/9/17

<大衆音楽月評>安室文化、引き継ぎ先は?=専門編集委員・川崎浩

 「16日に25年間の活動を終える」と、引退を表明している安室奈美恵に関しての話題が盛り上がっている。故郷・沖縄では当日、引退記念の花火大会が宜野湾市のビーチで行われる。そして前日にはビーチ近くの会場で前夜祭も開かれ、本人が登場する。ここがピークとなるだろう。今から「ア...

読売新聞 │配信日: 2018/9/17

[2.5次元のトビラ]佐藤流司 ソロ刀剣 もっと驚け

 名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”が活躍する「ミュージカル『刀剣乱舞』」(刀ミュ)。加州清光(かしゅうきよみつ)役の佐藤流司さんは昨年、初のソロ公演「単騎出陣」に挑み、大成功を収めました。今年もきょう12日から公演がスタート。意気込みをうかがいました。(清川仁...

毎日新聞 │配信日: 2018/9/17

<演歌・歌謡ラボ>堀内孝雄/山崎ハコ=専門編集委員・川崎浩

 ◇堀内孝雄 大人を救済する情感 「ジャンルを超える」という物言いは、難事業を想像させる。実際、一つのジャンルにこだわる歌手はそうだろう。だが、そもそも既成ジャンルを意に介さない歌手は「何、それ」と笑い飛ばす。堀内孝雄はその筆頭である。 実家の食堂で流れる三橋美智也と姉...

読売新聞 │配信日: 2018/9/10

[ALL ABOUT]シャリア 気高き女王 慈愛のフラ

 ◇Pop Style Vol.613 太陽が意地悪なほど照りつけた今年の夏。猛暑はもう勘弁だが、常夏の島からの女神たちなら大歓迎だ。東京・水道橋の東京ドームシティホールで15〜17日に開催される「フェスティバル ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ2018」。本場のフラと音楽のト...

読売新聞 │配信日: 2018/9/10

3つの才能で異色の編成 TFC55が新作

 ◆古澤巌、東儀秀樹、cobaのユニット  アコーディオニストのcoba、雅楽師の東儀秀樹、バイオリニストの古澤巌——。強烈な個性を放つ3人がその才をぶつけ合うユニット「TFC55」が、4年ぶりの新作「ザ・セカンド・オブ・TFC55」(ハッツ)を出した。ツアー前、リハー...

毎日新聞 │配信日: 2018/9/10

<POPSこぼれっ話>今も「熱い」クリエイション

 「熱い!」 例年なら海風がさわやかな横浜・赤レンガ倉庫も、今年はライブハウス「モーションブルー」に到着する前に汗まみれである。だが、演奏が始まると、「暑い」を超えて「熱い」のなんの。世界で活躍したロックバンド「クリエイション」のリーダー・竹田和夫のデビュー50周年を記...

毎日新聞 │配信日: 2018/9/3

<Interview>加山雄三 戦争の記憶が原点 自作自演の演歌が好評

 シンガー・ソングライターの先駆者、加山雄三が、演歌を自作自演し、話題を呼んでいる。シングルは「嘘よ/残り酒」(ドリーミュージック)、アルバムは「演歌の若大将 Club光進丸」(同)。 「母親が流行歌と民謡が好きだったので、自然と聴いていた。それより、終戦直後に『リンゴ...

読売新聞 │配信日: 2018/8/27

熱く! ロックフェスの完成形 「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」

 今年も全国各地で音楽イベントが開催されている。8月前半に行われた注目のイベントをリポートする。(鶴田裕介) 茨城県ひたちなか市で4、5、11、12日の4日間にわたって行われ、計27万6000人を動員した国内最大級の音楽フェスティバル、「ロック・イン・ジャパン・フェステ...

毎日新聞 │配信日: 2018/8/27

<演歌・歌謡ラボ>神野美伽/丘みどり=専門編集委員・川崎浩

 ◇神野美伽 今、夢の中、真っ最中 目を離すとあっという間に違うところにいる超能力者のようなアーティストがいる。こんな歌手は演歌界に多い。その代表が神野美伽である。ニューヨークのジャズクラブで歌うのは知られていたが、今年はテキサスのSXSWコンベンション、仙台郊外の「ア...

毎日新聞 │配信日: 2018/8/27

<大衆音楽月評>90年サウンド再び=専門編集委員・川崎浩

 6年前に日本でも人気を博した韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」が、「SUNNY 強い気持ち・強い愛」という邦題で大根仁監督によってリメークされ、31日から全国公開される。女子高生の仲良しグループ「SUNNY」のメンバーの一人が、末期がんにかかった仲間のために、二十余年...