[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

その他:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2019/9/16

ワンサカ娘 バス待ちで作詞 作品集「小んなうた 亞んなうた」 小林亜星

 テレビの世界で活躍してきた作曲家、小林亜星の作品集「小んなうた 亞んなうた」(コロムビア)が発売された。子ども向けの「ピンポンパン体操」や日立のCMソング「この木なんの木」、日本レコード大賞を受賞した都はるみの「北の宿から」など幅広い業績を網羅している。(桜井学) 作...

読売新聞 │配信日: 2019/9/16

竹内まりや デビュー40周年アルバム「ターンテーブル」を発表

 ◆「私の音楽ルーツ 知っていただくいい機会」  シンガー・ソングライターの竹内まりやさんがデビュー40周年記念のアルバム「ターンテーブル」(ワーナー)を発表した。以前のベスト盤に入らなかった人気曲を集めたCD、アルバム未収録曲など聴ける機会の少ない音源を集めたCD、ビ...

読売新聞 │配信日: 2019/9/16

[評]ナンバーガール公演 再結成 制御され強固に

 ナンバーガール再結成の報には心底驚いた。1999年にデビューし、こじらせた衝動を、地を揺るがす轟音(ごうおん)とともに表現し、圧倒的な存在感を示した。2002年には解散。短い活動期間と相まって伝説的な存在となり、後進に多大な影響を与えたバンドだ。 ボーカル、ギターの向...

毎日新聞 │配信日: 2019/9/16

<大衆音楽月評>出色2新人のリアルな感覚=専門編集委員・川崎浩

 8月、対照的な注目すべき2人の新人が現れた。1人は、1969年生まれ50歳のギラ・ジルカ。もう1人は99年生まれ20歳の鈴木瑛美子。2人とも傑出した歌唱力を持ち、ジャズ歌手のギラは歌謡曲、ゴスペルを学んだ鈴木は自作のJポップを歌う。古い価値観を問い直す令和の新時代を象...

読売新聞 │配信日: 2019/9/9

[イマ推しっ!]UKロック 大物の素顔 トシ矢嶋さん写真集

 1970年代後半から約30年、イギリスに在住したトシ矢嶋さんの写真集「LONDON RHAPSODY」が発売された。セックス・ピストルズ、ジェフ・ベックさん、ポール・ウェラーさんら、UKロックの大物たちの写真は、世に出る前の若かりし頃だったり、めったに見せない素顔だっ...

読売新聞 │配信日: 2019/9/9

[ALL ABOUT]コラブロ 響く劇的ハーモニー

 ◇Pop Style vol.663 ミュージカルの名曲を絶妙なハーモニーで歌う男性グループ、コラブロ。イギリスのオーディション番組での優勝を機にスターの座をつかんだ4人が、11月に約1年半ぶりとなる来日公演を行う。ロンドンにいる彼らは、音楽と日本への愛を存分に語って...

読売新聞 │配信日: 2019/9/2

星野源 主演映画公開 「引きこもり侍」自然に

 ◇週刊エンタメ 「恋」「アイデア」などヒット曲を連発する音楽家で、文筆家、俳優としても多彩に活動する。今最も注目される才人・星野源。主演映画「引っ越し大名!」の公開に合わせて話を聞き、旺盛でしなやかな表現活動の根源に迫った。(大木隆士、鶴田裕介) 「働く人にも刺さる、...

読売新聞 │配信日: 2019/9/2

サマーソニック ファンのニーズがっちり

 夏恒例のサマーソニック(サマソニ)とロック・イン・ジャパン・フェスティバルが今年も行われた。ともに20回目を迎えた大型音楽フェス。それぞれ現地の模様をリポートする。 ■目立つ邦楽勢 節目の年のサマソニは、通常より1日多い3日間の開催となった。チケットの売れ行きも好調で...

読売新聞 │配信日: 2019/9/2

ロック・イン・ジャパン 来場者目線の運営方針

 夏恒例のサマーソニック(サマソニ)とロック・イン・ジャパン・フェスティバルが今年も行われた。ともに20回目を迎えた大型音楽フェス。それぞれ現地の模様をリポートする。 ■過去最多の動員 ロック・イン・ジャパン・フェスティバルは今年、計5日間で過去最多となる約33万700...

読売新聞 │配信日: 2019/9/2

[イマ推しっ!]わたせせいぞう&島田歌穂(後編)

 ◆自分自身をモデルに 漫画「ハートカクテル」で知られるわたせせいぞうさんと、「レ・ミゼラブル」を始めミュージカルで活躍する島田歌穂さん。45周年の2人の合同インタビューの後編は、わたせさんの創作の秘密から。「先生の漫画は、先生ご自身を描いていらっしゃるような……」。島...