[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

Jポップ:記事一覧

毎日新聞 │配信日: 2018/1/15

<大衆音楽月評>批判噴出、疑問残った「紅白」=専門編集委員・川崎浩

 「十日の菊」だが「紅白」の話を。2017年「第68回NHK紅白歌合戦」の視聴率は関東圏で前半35・8%、後半39・4%(ビデオリサーチ調べ)だった。「ワースト3位」とやゆする向きもあるが、国民の3割以上が視聴する番組などほかにない。相変わらず大きな影響力を持つ番組であ...

読売新聞 │配信日: 2018/1/8

元日第3部 J—POP 平成の名盤30 後編

◎2018読売新聞 エンタメ  (11面に前編) 3人の選者が決めた「J—POP平成の名盤30」。前編で触れた5作品以外を紹介する。        ◇ (マ=マーティ・フリードマン、柴=柴那典、石=石黒大貴)  ◆オザケン、B’z 40代の青春  岡村靖幸「家庭教師」[...

読売新聞 │配信日: 2018/1/8

おかしくも味わい深く 大竹しのぶ アルバムで明石家さんまと共演

 女優の大竹しのぶがアルバム「ち・ち・ち」(ビクター)を出した。元夫の明石家さんまとの共演曲や、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が手がけた曲などを収録。バラエティーに富んだ楽しい1枚だ。(桜井学) 以前から歌に取り組んできたが、オリジナルアルバムは久々だ。「18歳でレコード...

読売新聞 │配信日: 2018/1/8

ギタリストのSUGIZOがソロ作 無機質+人間味 融合サウンド

LUNA SEAとX JAPANのギタリストとして活躍するSUGIZOがソロ作「ONENESS M」(ユニバーサル)を出した。GLAYのTERUや辻仁成ら、親交のある歌手をゲストに迎え、無機質なエレクトロミュージックと、人間味あるギターサウンドという両極端の音を融合させ...

読売新聞 │配信日: 2018/1/1

[評]ZAZEN BOYS公演 吉田のベースの存在感

 ベーシストの吉田一郎が年内いっぱいで脱退することが発表された。ZAZEN BOYSといえば、ボーカルの向井秀徳が「くりかえされる諸行無常 よみがえる性的衝動」などとお経のように繰り返す歌と、4人の一糸乱れぬアスリート的な演奏が特徴のバンド。10年にわたり屋台骨を支えた...

読売新聞 │配信日: 2018/1/1

[回顧2017]音楽 安室、SMAP… ベスト盤話題

 ◆昭和代表する作曲家、歌手ら他界 2017年のポピュラー音楽では、昨年いっぱいで解散したSMAPや来年の引退を表明した安室奈美恵らのベスト盤が話題を集めた。また、昭和を代表する作曲家らが亡くなり、時代の移り変わりを強く感じさせる1年となった。(桜井学、鶴田裕介)  ■...

読売新聞 │配信日: 2017/12/18

世相風刺 激しくもまじめに ロックバンド キュウソネコカミが新作

 世相を皮肉まじりに切り取る歌を、激しく華やかな演奏で表現する5人組ロックバンド、キュウソネコカミが新作「にゅ~うぇいぶ」(ビクター)を発表した。舌鋒(ぜっぽう)の鋭さはさらにエスカレートしているが、意外にも世の中とまじめに向き合う姿が浮かびあがった。(鶴田裕介) ボー...

ライター記事 │配信日: 2016/5/19

懐かしのポプコンは、鮮やかに思い出を呼び覚まし、 新たなエネルギーを与えてくれた

(取材・文/飯島健一) 1970~80年代の日本のポップス・シーンを鮮やかに彩った、ポプコン出身のアーティストが集結したライヴイベントが、4/29(金)に府中の森芸術劇場でおこなわれた。懐かしの曲で若き日々を思い返しながら、今なお走り続けるアーティストたちの姿にパワーを...

ライター記事 │配信日: 2016/1/14

織田哲郎プロデュース“大型新人バンド”が、初ワンマンで“ロック魂”全開!

(取材・文:飯島健一) 作曲家、プロデューサーの織田哲郎が、ダイアモンド☆ユカイをヴォーカルに迎えて結成したロックンロール・バンドROLL-B DINOSAUR(ロール・ビー・ダイナソー)が、2015年12月18日(金)、ヤマハ銀座スタジオで初のワンマン・ライヴを敢行。...

ライター記事 │配信日: 2013/11/14

放映が終わっても音楽は鳴り響く。老若男女あらゆる世代に届く「あまちゃん」の音楽(後編)

「あまちゃん」のドラマと音楽との間に一体感があるのは、脚本を読んで作る、映像を観て作るという通常の制作の範疇からさらに深く踏み込んでいるからでもあるだろう。大友は曲作りに入る前の段階で、ドラマの舞台となっている北三陸や久慈に取材に行き、実際に現地の海女さんたちとも交流...