[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

Jポップ:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2018/5/21

[評]Yogee New Waves公演 泳ぎたくなる独特の音

 シティ・ポップブームが再燃していると言われる昨今、頭角を現してきた4人組バンド。積極的に音楽フェスに出演して知名度を高め、3月にメジャーデビューした。アジア各地でも行ったツアーの東京公演を見た。 このバンドの強みは何と言っても、少し聴けば「Yogee New Wave...

毎日新聞 │配信日: 2018/5/21

<特薦盤>歌謡曲・ポップス 川崎浩・選

 ■伊藤咲子/恋する名曲娘(コロムビア) 1970年代アイドルが続々と還暦を迎える時期となった。伊藤咲子は58年生まれで60歳を迎えた。73年に日テレ「スター誕生!」で優勝し、翌年「ひまわり娘」でデビュー。「木枯しの二人」「乙女のワルツ」「きみ可愛いね」など連続ヒットし...

読売新聞 │配信日: 2018/5/21

[STORY]宇多田ヒカル(2)幼い頃から本が好き

 ◇週刊エンタメ ◎シンガー・ソングライター 川端康成「雪国」、三島由紀夫「金閣寺」——。宇多田ヒカルが薦める書籍を集めて昨年、全国の書店で展開された企画「宇多田書店」では、国内外の文豪の作品が目立った。彼女の歌詞が文学性をまとっていると言われるのは、幼い頃からの読書体...

読売新聞 │配信日: 2018/5/14

[STORY]宇多田ヒカル 20年後の「初恋」 音楽と言葉とわたし

 ◇週刊エンタメ  日本のポピュラー音楽の歴史を変えたシンガー・ソングライターの宇多田ヒカルがデビュー20周年を迎える。6月に出す新作アルバムの題名は「初恋」。16歳の時に発表した初アルバム「First Love」のタイトルと同じ意味だ。横文字から日本語へ。天才少女から...

読売新聞 │配信日: 2018/5/14

[評]集団行動公演 統率された暴走

 一般の知名度はこれからというこのバンド。ギタリストが2000年代後半、「ラブ ラブ ラブずっきゅん」と型破りな歌詞とメロディーで音楽界に彗星(すいせい)のごとく現れた「相対性理論」の元メンバー、真部脩一と言ったらどうだろう。曲作りに大きく貢献した真部が中心となり結成し...

毎日新聞 │配信日: 2018/4/30

<Interview>STU48 暗いからこそ見える何か 深刻であれとメッセージを送るアイドル

 最近アイドルが“暗い”。陰りがあるとか、クールだとかいうレベルでなく、絶望的な深刻さまで感じさせる。明るく楽しく笑顔いっぱいという「陽」のアイドル像が、もはや、前向きの姿勢やポジティブな気分を表さなくなったのだろうか。いや、前向きでもポジティブでもないのが、今のアイド...

読売新聞 │配信日: 2018/4/30

王道ポップス 原点回帰 3年ぶりオリジナル作 スキマスイッチ

 デビュー15周年にして原点回帰。大橋卓弥、常田(ときた)真太郎によるユニット、スキマスイッチが新作「新空間アルゴリズム」(ユニバーサル)を出した。まるでベストアルバムのような耳あたりのよいポップソングが並ぶのは、ここ数年、試行錯誤を重ねた結果だそうだ。(鶴田裕介) こ...

ライター記事 │配信日: 2016/5/19

懐かしのポプコンは、鮮やかに思い出を呼び覚まし、 新たなエネルギーを与えてくれた

(取材・文/飯島健一) 1970~80年代の日本のポップス・シーンを鮮やかに彩った、ポプコン出身のアーティストが集結したライヴイベントが、4/29(金)に府中の森芸術劇場でおこなわれた。懐かしの曲で若き日々を思い返しながら、今なお走り続けるアーティストたちの姿にパワーを...

ライター記事 │配信日: 2016/1/14

織田哲郎プロデュース“大型新人バンド”が、初ワンマンで“ロック魂”全開!

(取材・文:飯島健一) 作曲家、プロデューサーの織田哲郎が、ダイアモンド☆ユカイをヴォーカルに迎えて結成したロックンロール・バンドROLL-B DINOSAUR(ロール・ビー・ダイナソー)が、2015年12月18日(金)、ヤマハ銀座スタジオで初のワンマン・ライヴを敢行。...

ライター記事 │配信日: 2013/11/14

放映が終わっても音楽は鳴り響く。老若男女あらゆる世代に届く「あまちゃん」の音楽(後編)

「あまちゃん」のドラマと音楽との間に一体感があるのは、脚本を読んで作る、映像を観て作るという通常の制作の範疇からさらに深く踏み込んでいるからでもあるだろう。大友は曲作りに入る前の段階で、ドラマの舞台となっている北三陸や久慈に取材に行き、実際に現地の海女さんたちとも交流...