[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

Jポップ:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2020/7/6

リモート 癒やしの音 [Alexandros] 自宅結びアルバム制作

 ◎人気曲を大胆編曲 新型コロナウイルスの影響で録音スタジオに入れず、苦悩してきたミュージシャンも多い。そんな中、ロックバンド[Alexandros(アレキサンドロス)]は、メンバーの自宅を結びリモートワークで新作「Bedroom Joule」(ユニバーサル)を制作、配...

読売新聞 │配信日: 2020/7/6

[STORY]EXILE AKIRA(4)仲間たちの夢 360度展開

 ◇週刊エンタメ  ◎パフォーマー・俳優  AKIRAはここ数年、世界をまたにかけて勇躍している。マーティン・スコセッシ監督のハリウッド映画「沈黙—サイレンス—」に出演し、米ファッションブランド「ラルフローレン パープルレーベル」のグローバルアンバサダー兼モデルにアジア...

毎日新聞 │配信日: 2020/6/29

<Interview>八代亜紀 アキが「歌の心」代弁 音楽の自由を伝え続け半世紀

 五木寛之が、大衆音楽ビジネス界を描いた「艶歌」を発表したのが1966年。演歌とポップスの対立構造を軸にして歌の本質を問う名作である。その後「海峡物語」(77年)「旅の終りに」(86年)とほぼ10年置きに連作化され、演歌を「艶」「怨」「縁」などと当て字しながら「歌は民族...

読売新聞 │配信日: 2020/6/22

悩み 生まれた疾走感 サニーデイ・サービス 原点回帰の新作

 デビューから四半世紀後の原点回帰——サニーデイ・サービスの新作「いいね!」(ROSE RECORDS)は、ベテランの威厳も重みもかなぐり捨てた、青臭い疾走感が魅力的だ。「ロックだから、『ドライブに行きたいな』くらいの軽いものを作りたかった」(ボーカルの曽我部恵一)とい...

毎日新聞 │配信日: 2020/6/22

<特薦盤>歌謡曲・ポップス 川崎浩・選

 ■木山裕策/ラヴ&メモリーズ(キング) 2008年、「home」という、父から子供に歌う家族ソングが流行した。その年の「紅白歌合戦」でも歌われたヒットである。歌った木山裕策は、がんを克服し、自分の声を子供に残したかったサラリーマン歌手などと、周辺ネタばかりが強調された...

読売新聞 │配信日: 2020/6/22

[STORY]EXILE AKIRA(2)上京早々 人生初の重責

◇週刊エンタメ ◎パフォーマー・俳優  EXILEなどが所属する芸能事務所であり、総合エンターテインメント企業「LDH」の基幹事業の一つに、「EXPG」(EXILE PROFESSIONAL GYM)がある。ダンスを始め様々な技能を教授するスクールで、今やニューヨーク、...

読売新聞 │配信日: 2020/6/15

若手の編曲 スリリング 堀込泰行が新作 「僕にないセンス」

 バンド「キリンジ」で活躍したシンガー・ソングライター、堀込泰行が5曲入りアルバム「GOOD VIBRATIONS 2」(コロムビア)を出した。アレンジを1曲ずつ若手音楽家らに委ねた試みの第2弾で、STUTS(スタッツ)、TENDRE(テンダー)といった注目株が顔をそろ...

読売新聞 │配信日: 2020/6/15

[STORY]EXILE AKIRA(1)前向いて 日本を元気に

◇週刊エンタメ ◎パフォーマー・俳優 数万人が身につけたライトで、色とりどりの光に染められたスタンド。そこに、メンバーのメッセージが刻まれた銀テープが、勢いよく打ち放たれた。EXILEの15人による躍動感みなぎるパフォーマンスと、サービス精神あふれるおもてなしに熱狂する...

毎日新聞 │配信日: 2020/6/8

<Interview>加藤登紀子 祈り、歌えば通じる 55周年「想い」込め作曲

 「毎日発表される感染者の数字を当たり前のように受け止めていることに、すごく違和感を持っているの。生きている、暮らしている、という営みは数字ではない。苦しんでいる人、助けてくれている人、愛する人のそばで、生きていたいという歌を歌わないといけないでしょう」。今年、歌手生活...

読売新聞 │配信日: 2020/6/8

[生老病死の旅路]ドラムは詞を見てたたく 林立夫さん

先日、ドラマーとしての半生をまとめた自伝『東京バックビート族』(リットーミュージック)を出しました。自分から何かをやるのは苦手ですが、最近は、黒子にスポットを当てるというか、フロントを支える人の情報も知りたがってもらえる。時代の流れかもしれないですね。 1970年代、細...