[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

Jポップ:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2021/3/1

[ALL ABOUT]東京力車 人力車と歌でノせる

 ◇Pop Style vol.736 東京力車は、メンバー全員が東京・浅草で人力車を引っ張る俥夫(しゃふ)のユニットです。観光客をもてなす一方、ステージで歌って踊る。2018年に現メンバーの4人がそろい、最新シングルが、オリコン演歌・歌謡チャートで1位を獲得するなど実...

読売新聞 │配信日: 2021/3/1

[イマ推しっ!]辰巳雄大 本気で演じ「幼い少年に」

 ◇「ぼくの名前はズッキーニ」に出演 ジャニーズ事務所の4人組グループ「ふぉ〜ゆ〜」の辰巳雄大さんが、28日に東京・大手町のよみうり大手町ホールで開幕する舞台「ぼくの名前はズッキーニ」に出演します。演じるのは、母を亡くし、児童養護施設で暮らし始める主人公・ズッキーニ。幼...

読売新聞 │配信日: 2021/3/1

石川さゆり 新曲「なでしこで、候う」 阿木燿子と語り合い制作

 ◆「大丈夫」 優しく寄り添う 石川さゆりが、シングル「なでしこで、候(そうろ)う/何処(いずこ)へ」(テイチク)を出した。「なでしこで、候う」では、軽やかなメロディーにしっとりとした声を乗せ、「大丈夫よ」と歌う。「どうしてもコロナという言葉が頭に浮かぶ人が多い今、『ど...

毎日新聞 │配信日: 2021/2/22

<大衆音楽月評>大震災チャリティー 今年は絶対=専門編集委員・川崎浩

 コロナ禍で、大切な活動や行事を行えなかった例が山のようにある。楽しい催し物が開催されなかった程度なら我慢のしようもあるが、中には「忘れてはならない記憶」を呼び起こすための重要なイベントもある。昨年開催されなかった「全音楽界による音楽会 3・11チャリティコンサート」も...

読売新聞 │配信日: 2021/2/15

小椋作品で同日アルバム 「もういいかい」と林部智史「まあだだよ」

 77歳のシンガー・ソングライター・小椋佳と、32歳の歌手・林部智史。45歳離れた2人が同じ日に、アルバムを発表した。小椋は初アルバム発売から50年の節目の作品となる「もういいかい」(ユニバーサル)。林部は小椋の書き下ろし曲で構成した「まあだだよ」(エイベックス)。ユニ...

読売新聞 │配信日: 2021/2/8

次の世界へ 思い込め 宮沢和史 新アルバム 心身整え 紡いだ言葉

 多くの人が不安を抱えながら過ごした2020年が終わり、新たな年が始まった。いまだ先行きの見えない日々。宮沢和史は、7曲入りの新アルバム「次世界」(よしもとミュージック)にこれからへのメッセージを込めたという。「コロナ禍を体験する中で、何を言うかは重い。遺書としても恥ず...

ライター記事 │配信日: 2016/5/19

懐かしのポプコンは、鮮やかに思い出を呼び覚まし、 新たなエネルギーを与えてくれた

(取材・文/飯島健一) 1970~80年代の日本のポップス・シーンを鮮やかに彩った、ポプコン出身のアーティストが集結したライヴイベントが、4/29(金)に府中の森芸術劇場でおこなわれた。懐かしの曲で若き日々を思い返しながら、今なお走り続けるアーティストたちの姿にパワーを...

ライター記事 │配信日: 2016/1/14

織田哲郎プロデュース“大型新人バンド”が、初ワンマンで“ロック魂”全開!

(取材・文:飯島健一) 作曲家、プロデューサーの織田哲郎が、ダイアモンド☆ユカイをヴォーカルに迎えて結成したロックンロール・バンドROLL-B DINOSAUR(ロール・ビー・ダイナソー)が、2015年12月18日(金)、ヤマハ銀座スタジオで初のワンマン・ライヴを敢行。...

ライター記事 │配信日: 2013/11/14

放映が終わっても音楽は鳴り響く。老若男女あらゆる世代に届く「あまちゃん」の音楽(後編)

「あまちゃん」のドラマと音楽との間に一体感があるのは、脚本を読んで作る、映像を観て作るという通常の制作の範疇からさらに深く踏み込んでいるからでもあるだろう。大友は曲作りに入る前の段階で、ドラマの舞台となっている北三陸や久慈に取材に行き、実際に現地の海女さんたちとも交流...

ライター記事 │配信日: 2013/11/7

放映が終わっても音楽は鳴り響く。老若男女あらゆる世代に届く「あまちゃん」の音楽(前編)

 今年の夏から秋にかけて、「最近、早起きなんです」という音楽業界の人の声をあちこちで聞いた。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」をリアルタイムで観たいがために、というのがその理由だった。取材現場の雑談からライブでのMCまで、「あまちゃん」の話題が登場するケースが多々あった...