[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

Jポップ:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2020/4/6

[ALL ABOUT]田村芽実 少数派かもしれない君へ

◇Pop Style vol.692 昨年4月からコラム「ひめごと」を、このページで連載している田村芽実(めいみ)さん。心に秘めていた思いを赤裸々に明かす内容に、「感性が鋭い」「どんな人なのか興味がわいた」という声が届いている。コラムでは一人の物書きに徹し、持ち場である...

毎日新聞 │配信日: 2020/4/6

<Topics>自由と質の高さ、特徴 ピアノ音楽、新たな動き クラシック、ジャズ…各分野の注目株は

 今、「新ジャンル」と言ってよさそうな自由で質の高い「ピアノミュージック」が立て続けに登場している。空港や駅に設置してある“街角ピアノ”を自由に演奏するNHK衛星放送のミニ番組も人気である。誰もが知るこの楽器を改めて見直す機運とも取れる、各ジャンルの代表的な例を紹介する...

読売新聞 │配信日: 2020/3/30

[ALL ABOUT]東京スカパラダイスオーケストラ

 ◇Pop Style vol.691 ◆変わり、守り、継ぎ足し30年 ジャマイカ生まれの陽気なビート。そろいの色のスーツで固めたクールなビジュアル。東京スカパラダイスオーケストラは30年、一貫したスタイルを守って歩んできた。それでいてロック、ジャズ、ポップスと、あらゆ...

読売新聞 │配信日: 2020/3/23

横浜銀蝿 レコードデビュー40年 2020限定 ツッパリ完全復活

 ◆ギターのJohnny 37年ぶり復帰  ツッパリスタイルで一世を風靡(ふうび)したロックバンドがレコードデビュー40年を迎え、「横浜銀蝿(ぎんばえ)40th」として1年限定の活動を行っている。1983年の解散時以来となる復帰を果たしたのは、ギターのJohnny。高校...

読売新聞 │配信日: 2020/3/9

仲間と新曲 幸せだなぁ 加山雄三60周年 森山良子、さだまさしら集結

 森山良子、谷村新司、南こうせつ、さだまさし、THE ALFEE——。芸能生活60周年を迎える加山雄三が、豪華すぎるメンバーと組む「加山雄三 & The Rock Chippers」が10年ぶりに集結し、新曲「Forever with you〜永遠の愛の歌〜」(ユニバー...

ライター記事 │配信日: 2016/5/19

懐かしのポプコンは、鮮やかに思い出を呼び覚まし、 新たなエネルギーを与えてくれた

(取材・文/飯島健一) 1970~80年代の日本のポップス・シーンを鮮やかに彩った、ポプコン出身のアーティストが集結したライヴイベントが、4/29(金)に府中の森芸術劇場でおこなわれた。懐かしの曲で若き日々を思い返しながら、今なお走り続けるアーティストたちの姿にパワーを...

ライター記事 │配信日: 2016/1/14

織田哲郎プロデュース“大型新人バンド”が、初ワンマンで“ロック魂”全開!

(取材・文:飯島健一) 作曲家、プロデューサーの織田哲郎が、ダイアモンド☆ユカイをヴォーカルに迎えて結成したロックンロール・バンドROLL-B DINOSAUR(ロール・ビー・ダイナソー)が、2015年12月18日(金)、ヤマハ銀座スタジオで初のワンマン・ライヴを敢行。...

ライター記事 │配信日: 2013/11/14

放映が終わっても音楽は鳴り響く。老若男女あらゆる世代に届く「あまちゃん」の音楽(後編)

「あまちゃん」のドラマと音楽との間に一体感があるのは、脚本を読んで作る、映像を観て作るという通常の制作の範疇からさらに深く踏み込んでいるからでもあるだろう。大友は曲作りに入る前の段階で、ドラマの舞台となっている北三陸や久慈に取材に行き、実際に現地の海女さんたちとも交流...

ライター記事 │配信日: 2013/11/7

放映が終わっても音楽は鳴り響く。老若男女あらゆる世代に届く「あまちゃん」の音楽(前編)

 今年の夏から秋にかけて、「最近、早起きなんです」という音楽業界の人の声をあちこちで聞いた。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」をリアルタイムで観たいがために、というのがその理由だった。取材現場の雑談からライブでのMCまで、「あまちゃん」の話題が登場するケースが多々あった...

ライター記事 │配信日: 2013/10/3

震災以降の困難な時代における希望の歌 <レビュー> 柳原陽一郎のニューアルバム『ほんとうの話』

 東日本大震災が起こってから2年半以上の月日が流れた。この間にも“震災以降の音楽”と呼びたくなる作品も数多く発表されている。音楽は時代を映し出す鏡のようなものでもあるのだから、震災の影響が音楽作品にも及んでいくのは当然と言えば当然だが、自覚的に震災と向き合って制作された...