[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

毎日新聞:記事一覧

毎日新聞 │配信日: 2019/1/14

<Interview>由紀さおり 50周年も「通過点」 元日に新譜入り記念ベスト盤

 「夜明けのスキャット」で大ヒットを放ち、歌謡曲、童謡唱歌、ジャズなど歌の世界だけでなく、役者の世界でも活躍する由紀さおりが50周年を迎え、元日に3枚組み記念ベストCDセット「パッシング・ポイント」(ユニバーサル)を発売。20日まで東京・明治座で記念の舞台「下町のヘップ...

毎日新聞 │配信日: 2018/12/31

<Interview>大江千里 音楽の美しさ見つめ 35周年、5都市でツアー

 シンガー・ソングライターの大江千里が、35周年を迎え、現在は本職ともいえるジャズピアノのソロで、自身のヒット曲を演奏した「Boys&Girls」(ソニー)を発表。1月半ばからツアーを行う。 大江は、1983年「ワラビーぬぎすてて」でシングルデビュー。凝った作りだが、軽...

毎日新聞 │配信日: 2018/12/31

<演歌・歌謡ラボ>中村美律子/橋幸夫=専門編集委員・川崎浩

 ◇中村美律子 股旅もので物語歌う 演歌・歌謡曲の特筆できる点は、過去を描けることである。ポップスは原則、現在が基点であり、「今の自分の気分」を説明することに注力する。その点、演歌・歌謡曲は時間軸において、ポップスよりはるかに自由なのだ。 中村美律子の新曲は「弥太郎鴉(...

毎日新聞 │配信日: 2018/12/24

<Interview>沖仁、松永貴志 15周年、原点見つめる 新作アルバム発表

 ポピュラー界で、デビュー15年というと、認知度も安定、スタイルも固まり、まさに自分の道を歩き始める時期であろう。 スパニッシュギターの沖仁は昨年、ジャズピアノの松永貴志は今年、15周年を迎えた。沖は、初めてスペインに的を絞ったアルバム「スペイン」(ソニー)を発表した。...

毎日新聞 │配信日: 2018/12/24

<新・コンサートを読む>庄司紗矢香のシベリウス・バイオリン協奏曲 音と色がもたらす自由=梅津時比古

 演奏家にとって音色は、いつになっても完成ということはなく、常に追求し続けるものに違いない。それにしても、音楽的にも、名声という皮相的なものにおいても、世界で確固たる地位を確立したバイオリニストの庄司紗矢香が、さらに根本的な奏法の変革を目指しているように思われる姿に驚き...

毎日新聞 │配信日: 2018/12/24

<特薦盤>歌謡曲・ポップス 川崎浩・選

 ■坂本冬美/ENKA3〜偲歌〜(ユニバーサル) 冬の底冷えには演歌がよく似合う。でも、「これぞド演歌」が万人に受け入れられる時代はそろそろ終わりに近づいている。坂本冬美の「ENKA」シリーズは、演歌をすばらしいジャンルと認めたうえで、現代にリフレッシュしたサウンドで再...