[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

毎日新聞:記事一覧

毎日新聞 │配信日: 2020/4/6

<Topics>自由と質の高さ、特徴 ピアノ音楽、新たな動き クラシック、ジャズ…各分野の注目株は

 今、「新ジャンル」と言ってよさそうな自由で質の高い「ピアノミュージック」が立て続けに登場している。空港や駅に設置してある“街角ピアノ”を自由に演奏するNHK衛星放送のミニ番組も人気である。誰もが知るこの楽器を改めて見直す機運とも取れる、各ジャンルの代表的な例を紹介する...

毎日新聞 │配信日: 2020/3/30

<新・コンサートを読む>ポゴレリッチのラヴェル《夜のガスパール》 気配をすべて指に=梅津時比古

 ポゴレリッチはリサイタルの開演直前まで、舞台上で静かにピアノを弾いている。聴衆が入ってきても意に介さないようだ。本人は「私服だから調律師と思われているでしょう」と言うが、今ではかなりの人が、ポゴレリッチ本人と気づいている。 「なぜ直前まで?」と問うと、「手を慣らしてい...

毎日新聞 │配信日: 2020/3/23

<特薦盤>歌謡曲・ポップス 川崎浩・選

 ■「やすらぎの刻(とき)~道 メモリアル・アルバム」(コロムビア) テレビ朝日系お昼のドラマ劇場「やすらぎの刻~道」は、石坂浩二演じるリタイアした老脚本家と、因縁のある有名俳優(現実も役柄も)たちの、なかなか“やすらげない”人生模様が人気である。中島みゆきが歌う主題歌...

毎日新聞 │配信日: 2020/3/23

<Interview>ピアニスト、ポゴレリッチ 革命的な作曲家に共感 ベートーベンとラフマニノフを軸に

 生きながら伝説に包まれるピアニスト、イーヴォ・ポゴレリッチが欧米でも日本でも「復活した」との評言が多い。昨年には21年ぶりとなるCD録音も発売、今年にかけて行われたローマ、パリ、東京などのツアーも絶賛を浴びた。ポゴレリッチに話を聞いた。 ■   ■ 1980年のショパ...

毎日新聞 │配信日: 2020/3/16

<特薦盤>クラシック 梅津時比古・選

 ■シェク・カネー・メイソン(チェロ)、サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団/エルガー≪チェロ協奏曲≫ほか(デッカ) 冒頭のイングランドの伝承歌≪吹けよ風よ南風よ≫(チェロ編曲版)から、チェロの温かい音色が心にしみる。オムニバスの選曲もそれを大切にしているが、決して安易...

毎日新聞 │配信日: 2020/3/16

<大衆音楽月評>新型コロナ 手探りの対応=専門編集委員・川崎浩

 新型コロナウイルスは音楽関係にも大きな影響を与えている。政府の感染症対策本部が2月25日の会議の結果を受けて同26日に要請した“自粛検討”により、同27日には、公共ホールを中心に主催公演の中止や2週間ほどの延期が発表された。大規模ライブハウス「ビルボードライブ」も、同...

毎日新聞 │配信日: 2020/3/9

<Interview>Kitri 姉妹でピアノ連弾 異次元感覚でデビュー

 ポピュラー音楽の世界は、時代に即した新しい感覚が常に現れる。米津玄師もKing Gnuも、2010年代ならではの音楽観を生み出し提案してくれた。姉妹でピアノを連弾し、自分たちで書いた曲を歌うKitri(キトリ)も、これまでに経験したことのない新鮮で清冽(せいれつ)な音...