[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

読売新聞:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2020/1/27

2020年に20作目のアルバム「202020」 斉藤和義

 ◆“B面的な曲”悩まず作れた   シンガー・ソングライターの斉藤和義が29日、通算20枚目となる新作「202020」(ビクター)を発売する。2020年に20作目、20を「三つ並べりゃいいか」と直球の命名もさることながら、リハーサルスタジオで生まれたてほやほやの曲を“録...

読売新聞 │配信日: 2020/1/27

日本大好き 5年の軌跡 ベスト盤を出したアカペラ5人組 ペンタトニックス

 米国の5人組アカペラグループ、ペンタトニックスが「PTX 日本デビュー5周年記念 グレイテスト・ヒッツ」(ソニー)を出した。日本独自企画のベストで、23曲を収録した豪華盤。新曲として、Official髭男dismの「Pretender」もカバーしている。(清川仁) 「...

読売新聞 │配信日: 2020/1/27

[評]COUNTDOWN JAPAN 19/20

 ◆「髭男」藤原 圧倒的ボーカル  年末年始をまたいで行われる恒例の音楽フェスティバル。初日の12月28日は、NHK紅白歌合戦に初出場を決めた気鋭のバンド、ビルボードジャパンの年間トップ・アーティスト……。2019年の「顔」がこれでもかと並んでいた。 King Gnuは...

読売新聞 │配信日: 2020/1/27

[評]カーリングシトーンズ公演 雑談も魅力の一流どころ

 レベルの高すぎるオヤジバンド、という言い方は乱暴だろうか。奥田民生、トータス松本、寺岡呼人、斉藤和義、YO—KING、浜崎貴司の6人で結成。ビッグネーム同士のバンドと聞けば、ボブ・ディランやジョージ・ハリスンらのトラベリング・ウィルベリーズを思い出すが、もう少しゆるい...

読売新聞 │配信日: 2020/1/27

LUNA SEA 結成30年 「V系」嫌いだけど誇り

 ◇週刊エンタメ ロックバンド、LUNA SEAが結成30年を迎え、新作、ツアーと活動を活発化させている。このバンドの30年は、ビジュアル系、あるいはV系と呼ばれるジャンルの歴史とほぼ重なる。今や世界でも聴かれるようになったビジュアル系について、ボーカルのRYUICHI...

読売新聞 │配信日: 2020/1/20

際立つ若さ 圧巻ライブ KISS 最後のツアー

 ◆YOSHIKIと「紅白」共演 米国の大物バンド、KISS(キッス)が年末の日本を盛り上げた。最後のツアーと銘打つ「エンド・オブ・ザ・ロード」の一環として5都市で日本公演を行った後、大みそかのNHK紅白歌合戦ではX JAPANのYOSHIKIとの共演が放送された。12...

読売新聞 │配信日: 2020/1/20

[ALL ABOUT]Snow Man ジャニーズ同時デビュー第2弾

 ◇Pop Style vol.681 ◆ただ 上を目指して  デビュー間近のジャニーズ勢の2週連続企画。今週は、ダンスやアクロバットで魅了するグループ「Snow Man」の登場だ。元々、気象予報士、筋肉自慢、アニメ好きなど個性派ぞろい。その中に、1年前からラウールさん...

読売新聞 │配信日: 2020/1/20

[旬感]異界を体感 音と映像 MUTEK 「A/Visions 2」

 白い光が砂煙のように立ち上る。暴風、雷鳴を思わせる音響が鼓膜を襲い、白と黒のコントラストの激しい映像が神経をキリキリと刺激する——。 カナダ・ケベックのアーティストらによる「Falaises(ファレーズ)」のオーディオビジュアル・パフォーマンス。光の反射とビデオアート...

読売新聞 │配信日: 2020/1/13

元日第3部 ヒャダインが語る「2010年代ミュージック」

 ◎2020読売新聞 エンタメ   ◆ネットからスター続々/サブスクが生んだ あいみょん/星野源、米津玄師 国民的ヒット  1970年代といえばフォークの時代、80年代はきらびやかなアイドルの作品が全盛期——と、音楽は10年刻みで語られることが多い。では、2010年代の...

読売新聞 │配信日: 2020/1/13

[ALL ABOUT]SixTONES ジャニーズ同時デビュー第1弾

 ◇Pop Style vol.680 ◆世界が羨む宝石に 数多くの男性アイドルを生み出してきたジャニーズ事務所から今月22日、SixTONESと、Snow Manの2グループが同時にCDデビューを果たす。同事務所初の試みを記念し、2週連続特集を企画する。第1弾は6人組...