[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

読売新聞:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2020/7/6

リモート 癒やしの音 [Alexandros] 自宅結びアルバム制作

 ◎人気曲を大胆編曲 新型コロナウイルスの影響で録音スタジオに入れず、苦悩してきたミュージシャンも多い。そんな中、ロックバンド[Alexandros(アレキサンドロス)]は、メンバーの自宅を結びリモートワークで新作「Bedroom Joule」(ユニバーサル)を制作、配...

読売新聞 │配信日: 2020/7/6

[STORY]EXILE AKIRA(4)仲間たちの夢 360度展開

 ◇週刊エンタメ  ◎パフォーマー・俳優  AKIRAはここ数年、世界をまたにかけて勇躍している。マーティン・スコセッシ監督のハリウッド映画「沈黙—サイレンス—」に出演し、米ファッションブランド「ラルフローレン パープルレーベル」のグローバルアンバサダー兼モデルにアジア...

読売新聞 │配信日: 2020/6/29

記念盤 前向きスイング ジャズピアニスト 山中千尋 15周年

 ◆ベートーベンとチャーリー・パーカー 大胆に  ジャズピアニストの山中千尋が、24日に新作「ローザ」を発表する。ベートーベン生誕250年、チャーリー・パーカー生誕100年、そして自身のデビュー15周年を合わせた“トリプル記念盤”。巨匠たちの楽曲を大胆に読み解き、リラッ...

読売新聞 │配信日: 2020/6/22

悩み 生まれた疾走感 サニーデイ・サービス 原点回帰の新作

 デビューから四半世紀後の原点回帰——サニーデイ・サービスの新作「いいね!」(ROSE RECORDS)は、ベテランの威厳も重みもかなぐり捨てた、青臭い疾走感が魅力的だ。「ロックだから、『ドライブに行きたいな』くらいの軽いものを作りたかった」(ボーカルの曽我部恵一)とい...

読売新聞 │配信日: 2020/6/22

[STORY]EXILE AKIRA(2)上京早々 人生初の重責

◇週刊エンタメ ◎パフォーマー・俳優  EXILEなどが所属する芸能事務所であり、総合エンターテインメント企業「LDH」の基幹事業の一つに、「EXPG」(EXILE PROFESSIONAL GYM)がある。ダンスを始め様々な技能を教授するスクールで、今やニューヨーク、...

読売新聞 │配信日: 2020/6/15

[STORY]EXILE AKIRA(1)前向いて 日本を元気に

◇週刊エンタメ ◎パフォーマー・俳優 数万人が身につけたライトで、色とりどりの光に染められたスタンド。そこに、メンバーのメッセージが刻まれた銀テープが、勢いよく打ち放たれた。EXILEの15人による躍動感みなぎるパフォーマンスと、サービス精神あふれるおもてなしに熱狂する...

読売新聞 │配信日: 2020/6/15

若手の編曲 スリリング 堀込泰行が新作 「僕にないセンス」

 バンド「キリンジ」で活躍したシンガー・ソングライター、堀込泰行が5曲入りアルバム「GOOD VIBRATIONS 2」(コロムビア)を出した。アレンジを1曲ずつ若手音楽家らに委ねた試みの第2弾で、STUTS(スタッツ)、TENDRE(テンダー)といった注目株が顔をそろ...

読売新聞 │配信日: 2020/6/8

連続テレビ小説「エール」のモデル 古関裕而 大衆と歩む作曲家

◇週刊エンタメ ◆大勢での合唱曲に持ち味  放送中のNHK連続テレビ小説「エール」の主人公のモデルとなった作曲家、古関裕而(1909〜89年)が注目されている。同世代の巨匠に比べると地味なイメージがあるが、彼が手がけた音楽は、今なお耳にするものばかり。あの球団の歌も、閉...

読売新聞 │配信日: 2020/6/8

[生老病死の旅路]ドラムは詞を見てたたく 林立夫さん

先日、ドラマーとしての半生をまとめた自伝『東京バックビート族』(リットーミュージック)を出しました。自分から何かをやるのは苦手ですが、最近は、黒子にスポットを当てるというか、フロントを支える人の情報も知りたがってもらえる。時代の流れかもしれないですね。 1970年代、細...

読売新聞 │配信日: 2020/6/8

歌を贈るのは「生きがい」 セルフカバー収録 さだまさし新作

◆関ジャニ∞など シンガー・ソングライターのさだまさしが新作「存在理由〜Raison d’etre〜」(ビクター)を出した。新曲に加え、関ジャニ∞やトワ・エ・モワといった幅広い歌い手たちに提供した楽曲を自ら歌い、収録。バラエティーに富んだ作品になった。「レゾンデートル」...