[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

読売新聞:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2019/1/21

[ALL ABOUT]崎山つばさ 癒やしの刃 舞い踊る

 ◇Pop Style Vol.631  刀を手にした麗しい姿に、“刀剣男士”を演じてきた経験が反映されている。ミュージカル『刀剣乱舞』の初演から関わるキャストとして人気を獲得してきた崎山つばささん。歌手としても活躍し、作詞にも挑戦、3月には初主演映画「クロガラス」が公...

読売新聞 │配信日: 2019/1/21

[旬感]強烈リズム 重厚な音 キング・クリムゾン日本ツアー

およそ半世紀にわたり、変化を続けてきた名バンド。昨年11〜12月の日本ツアーは打楽器奏者3人を含む8人編成のステージだった。 「スターレス」など1960〜70年代の曲もたっぷり聴かせてくれるのが今のクリムゾン。3人も名ドラマーがいるから、当然リズムは強烈だ。うち1人がキ...

読売新聞 │配信日: 2019/1/21

[風景2019]僕らにふさわしい発信地 小室等さん 歌手 

 ◎カフェ  JR東中野駅のホームから見える、映画館が入るビル1階に、カフェ兼イベントスペース「ポレポレ坐」はある。木のぬくもりを感じさせる落ち着いた雰囲気。以前からトークライブなどを開いてきた、ホームグラウンドのような場所だ。 ここで2018年11月、伝説的フォークグ...

読売新聞 │配信日: 2019/1/14

原点回帰 平成の名曲歌う DAIGO 「ビーイング系」のカバー集

 「わかりやすく言うと、DPですね」。歌手のDAIGOが、大黒摩季の「あなただけ見つめてる」、FIELD OF VIEWの「突然」といった、いわゆる「ビーイング系」を歌ったカバーアルバム「Deing」を出した。その意義を独自の「DAI語」で語ったのが冒頭の発言だ。意味す...

読売新聞 │配信日: 2018/12/31

[回顧2018]音楽 ポピュラー 配信 ストリーミング時代へ

 ◆安室引退 米津躍進  2018年のポピュラー音楽では、9月の安室奈美恵の引退が大きな話題となる一方、米津玄師が大活躍。新たなスターが躍進した。音楽配信では「ストリーミング」サービスがダウンロード販売をしのぐ勢いを見せており、さまざまな変化を感じさせる1年だった。(桜...

読売新聞 │配信日: 2018/12/31

[イマ推しっ!]田村芽実 あどけなさと圧倒的歌唱力

 ミュージカル女優、歌手の田村芽実(めいみ)さんをご存じでしょうか。12歳で人気アイドルグループ「スマイレージ(現アンジュルム)」に加入し中心メンバーとして活躍、17歳で卒業して新たな道を歩んでいる早熟な20歳です。あどけない顔立ちと、抜群の歌唱力、演技力。26日発売の...

読売新聞 │配信日: 2018/12/24

[評]椎名林檎公演 エンタ追究 20年の進化

 デビュー20周年を迎えた椎名林檎は平成30年の今年、40歳になった。色々とキリのいい年を記念したツアーを国内4か所で行った。その名も「(生)林檎博’18 —不惑の余裕—」。巻き舌の歌唱、拡声機で叫ぶパフォーマンスで世に出たロックスターは、今や全方位型エンターテイナー。...

読売新聞 │配信日: 2018/12/24

日本大好き クイーンの素顔 公私にわたり親交 渡辺美佐さん思い出語る

 ◆自宅に日本庭園 六義園お気に入り 映画「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットを機に、英国のロックバンド、クイーンが再び脚光を浴びている。映画ではほとんど描かれなかったが、彼らの人気は世界に先駆けて日本で火がつき、大の親日家でもあった。バンドを日本に招き、公私にわたって深...

読売新聞 │配信日: 2018/12/24

22歳の思いリアルに 18年グラミー最優秀新人賞 アレッシア・カーラが新作

 ◆「歌詞の99%は実体験」  今年のグラミー賞の最優秀新人賞に輝いたカナダ出身のシンガー・ソングライター、アレッシア・カーラが新作「ペインズ・オブ・グローイング」(ユニバーサル)を出した。彗星(すいせい)のごとく現れた新たなスターは現在22歳。セカンドアルバムとなる新...

読売新聞 │配信日: 2018/12/24

[レビュー]宇多田ヒカル公演 真っ向勝負 歌う喜び謳歌

◇4日、さいたまスーパーアリーナ 宇多田ヒカルが15歳で鮮烈なデビューを飾ってから、今年で20年。節目の年に、12年ぶりとなるツアーを行った。日本を代表するシンガー・ソングライターでありながら、活動の比重は制作に置かれ、ライブの本数は多くない。5年半の活動休止、母・藤圭...