[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

読売新聞:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2018/7/16

[イマ推しっ!]ヤマハ 楽器の仕組み・歴史学べる

 ヤマハの製品開発の歩みを展示する企業ミュージアム「イノベーションロード」が静岡県浜松市の同社本社敷地内に完成し、3日から一般公開が始まりました。最新の楽器や音響機器がズラリと並び、1887年の創業以来の同社の歴史も学ぶことができます。楽器好き、音響好きの大人たちにとっ...

読売新聞 │配信日: 2018/7/16

[トレンド]韓国発TWICE ネット席巻

 ◇週刊エンタメ  昨年、日本でCDデビューした9人組のガールズグループ、TWICEの勢いが止まらない。今年出したシングルCD2枚はいずれも30万枚以上を売り上げた。ビルボードジャパンがCD売り上げに動画視聴回数などを加味してまとめた、今年上半期のアーティスト別ランキン...

読売新聞 │配信日: 2018/7/16

さだまさし 新作に若手が参加 デビュー45年で「生まれたて」

 シンガー・ソングライターのさだまさしが新作「Reborn 〜生まれたてのさだまさし〜」(ビクター)を出した。グレープとしてデビューしてから今年で45年。いつものさだ節はもちろん、ナオト・インティライミやレキシといった若手が参加し、音楽的に生まれ変わったかのような新境地...

読売新聞 │配信日: 2018/7/9

想像力で世界は変わる 米サックス奏者 カマシ・ワシントン新作

新時代のジャズを先導する米国のサックス奏者、カマシ・ワシントンが新作「ヘヴン・アンド・アース」(ビート)を出した。独自の思想を反映させた作品で、大編成による迫力あるサウンドを聴かせる。(桜井学) 「このアルバムでは、現実の世界と想像の世界という二つの世界を表現した。想像...

読売新聞 │配信日: 2018/7/2

公演最終日のビートルズ 1966年武道館 貴重な37枚

 ◇週刊エンタメ まだあったのか! ビートルズが1966年に来日した時の写真が今年4月に大量に見つかり、ファンを驚かせた。撮影したのはジャズ写真家の阿部克自さん(2008年死去)。発見の経緯とその価値に迫った。(鶴田裕介) ビートルズは66年6月29日未明、羽田空港に降...

読売新聞 │配信日: 2018/7/2

最先端の音 求め続ける KIRINJI 新作「愛をあるだけ、すべて」

 洗練されたポップミュージックを生み出し続ける5人組バンド、KIRINJIが新作「愛をあるだけ、すべて」(ユニバーサル)を出した。これまで以上にエレクトロとの融合を深め、メロディアスなダンスミュージックに仕上がった。オリジナルメンバーの堀込高樹に話を聞いた。(鶴田裕介)...

読売新聞 │配信日: 2018/7/2

[旬感]孫世代と力強い歌声 ゴー! ゴー! 若大将FESTIVAL

 ももいろクローバーZ。ロックバンドのKEYTALK。シンガー・ソングライターの平井大。ヒップホップMCのPUNPEE——。御年81歳の加山雄三にとって、孫ほどのミュージシャンが次々とステージに立った。色々な音楽を楽しめるのが音楽フェスティバルの魅力とはいえ、ここまで世...

読売新聞 │配信日: 2018/6/25

[ALL ABOUT]甲田まひる 音楽も服も自由

 ◇Pop Style Vol.602 ジャズ界に新星が現れた。甲田まひるさん、17歳。Mappyという愛称では既に、オシャレに敏感なファッショニスタとして人気を集めている。インスタグラムは5年前に始めたという最先端を行く少女だが、ジャズでは意外にもバド・パウエル、セロ...

読売新聞 │配信日: 2018/6/25

前野健太の歌謡曲 現実的でもファンタジー

 シンガー・ソングライターの前野健太が新作「サクラ」(フェリシティ)を出した。近年はテレビやラジオ、舞台でも活躍。新作アルバムは約4年半ぶりだ。個性的なアレンジャーを起用し、かつての流行歌にも通じる、ストーリー性があり、情感のこもった楽曲を作った。(桜井学) 「新しい歌...