[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

読売新聞:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2019/3/18

「フィッシュマンズ」 不滅の輝き ボーカル・佐藤伸治没後20年

 ロックバンド、フィッシュマンズのボーカルで、中心的なソングライターだった佐藤伸治が亡くなって今月で20年。その音楽は時代を超え、世代を超え、今なお聴き継がれている。バンドの音を守り続けているドラムの茂木欣一に思いを聞いた。(鶴田裕介) 1991年デビュー。レゲエやダブ...

読売新聞 │配信日: 2019/3/18

70年代の空気に新解釈 細野晴臣「HOSONOHOUSE」リメイク

 ◇週刊エンタメ はっぴいえんどやイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)で活躍した、細野晴臣が1973年に出した初のソロ作「HOSONO HOUSE」は、特別な作品だ。優しい歌声、素朴な味わいで時代の空気を伝えて今なお愛されている。今月はリメイク盤が出た。名盤の魅力...

読売新聞 │配信日: 2019/3/18

[ALL ABOUT]東啓介 階段を上ったその先へ

 ◇Pop Style vol.639 今、注目すべきミュージカル俳優、東啓介さん。長身と品の良さ、確かな歌唱力を備え、2.5次元作品から本格ミュージカルへと活躍の場を広げている。憧れていたという帝国劇場に立つことも決定。5月からは、2人だけの歌で物語をつなげるNew ...

読売新聞 │配信日: 2019/3/11

聴かせる詞 リアルな表現 フィービー・ブリジャーズ 高まる期待

 ヒップホップとダンス音楽がヒットチャートをにぎわせる中、シンプルなサウンドに乗せ、しっかりと歌詞を聴かせるスタイルの作品も根強い人気を保っている。米国のフィービー・ブリジャーズもそんなタイプの若手女性シンガー・ソングライターで、フォークロックの世界を先導している。来日...

読売新聞 │配信日: 2019/3/4

真正面から「ラブソング集」 伊勢正三 16年ぶり全新曲

 ◆「なごり雪」思わせる作も フォークグループ「かぐや姫」や「風」の活動で知られるシンガー・ソングライター、伊勢正三が新作「Re—born」(フォーライフ)を発表した。ライブにベスト盤発売と、精力的な活動ぶりからは意外だが、オリジナル作は16年ぶり。67歳の男が歌う、驚...

読売新聞 │配信日: 2019/3/4

[イマ推しっ!]ポセイドン・石川 モノマネを超えた本格派

 シンガー・ソングライター、山下達郎さん風の歌い方のみならず、オシャレで緻密(ちみつ)なアレンジまで模倣して話題沸騰中のポセイドン・石川さん。モノマネ芸の域を超えた実力がうかがえるだけに、そもそもどういう人なのか気になる。メジャーデビューアルバム「ポセイドン・タイム」の...

読売新聞 │配信日: 2019/3/4

[ALL ABOUT]城田優 in ピピン 衝撃の舞台へ さあ

 ◇Pop Style vol.637 ブロードウェーミュージカルの名作「ピピン」の日本語版が6月10日から、東京で上演される。主演は、圧倒的な存在感を誇る大器、城田優さん。華麗な音楽やパフォーマンスに彩られ、哲学的な思索も内包する物語は、芸能生活20周年という城田さん...

読売新聞 │配信日: 2019/2/25

「レモン・ツイッグス」新作好評 孤独や苦悩 あぶり出す

 ブライアンとマイケルのダダリオ兄弟による米国のバンド、レモン・ツイッグスのアルバム「ゴー・トゥ・スクール」(ビート)が好評だ。ビートルズやビーチ・ボーイズ、クイーンを思わせるサウンドで、特定のテーマを持つ「コンセプト・アルバム」的な作品でもある。兄のブライアンに聞いた...

読売新聞 │配信日: 2019/2/25

[評]レキシ公演 万人喜ばす 歌と笑い 

 レキシのライブはいいとこ取り。観客が曲に合わせて稲穂を振り回す、もはや風物詩ともなった展開で固定ファンをつかみ、即興性の高い歌やトーク、質の高い演奏で、いちげんさんも満足させる。「誰もが楽しめる」という、当たり前のようで難しいことをやってのける。 ミュージシャン、池田...