[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

読売新聞:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2020/4/6

[ALL ABOUT]田村芽実 少数派かもしれない君へ

◇Pop Style vol.692 昨年4月からコラム「ひめごと」を、このページで連載している田村芽実(めいみ)さん。心に秘めていた思いを赤裸々に明かす内容に、「感性が鋭い」「どんな人なのか興味がわいた」という声が届いている。コラムでは一人の物書きに徹し、持ち場である...

読売新聞 │配信日: 2020/4/6

市川由紀乃 新曲次々 阿久悠の詞 昭和の薫り 「風や波に乗せるように」

演歌歌手の市川由紀乃が、昭和の薫り漂う佳曲を相次いでリリース。昨年末に発売したシングル「懐かしいマッチの炎」(キング)は歌謡界の巨人、阿久悠作詞でロングヒットを続ける。4月8日に出す「なごり歌」は、ちあきなおみ「喝采」の作詞家、吉田旺が手がけた。吉田ならではのドラマチッ...

読売新聞 │配信日: 2020/3/30

[ALL ABOUT]東京スカパラダイスオーケストラ

 ◇Pop Style vol.691 ◆変わり、守り、継ぎ足し30年 ジャマイカ生まれの陽気なビート。そろいの色のスーツで固めたクールなビジュアル。東京スカパラダイスオーケストラは30年、一貫したスタイルを守って歩んできた。それでいてロック、ジャズ、ポップスと、あらゆ...

読売新聞 │配信日: 2020/3/30

山内恵介デビュー20年 新曲「残照」 歌える喜び 改めて思う

 演歌歌手の山内恵介が新曲「残照」(ビクター)を出した。昨年のNHK紅白歌合戦で歌った「唇スカーレット」と同じく、作詞は松井五郎、作曲は師匠の水森英夫という布陣。悲しみ、怒り、慈しみと、一言では言い表せない感情が、グラデーションとなって聴き手に響く。最新のオリコンシング...

読売新聞 │配信日: 2020/3/23

横浜銀蝿 レコードデビュー40年 2020限定 ツッパリ完全復活

 ◆ギターのJohnny 37年ぶり復帰  ツッパリスタイルで一世を風靡(ふうび)したロックバンドがレコードデビュー40年を迎え、「横浜銀蝿(ぎんばえ)40th」として1年限定の活動を行っている。1983年の解散時以来となる復帰を果たしたのは、ギターのJohnny。高校...

読売新聞 │配信日: 2020/3/23

「AIひばり」に賛否 冒涜? 由緒正しい創作?

 ◇週刊エンタメ  昭和歌謡界の女王、美空ひばりの歌声をAI(人工知能)技術によって合成した「AI美空ひばり」について、賛否両論が巻き起こっている。故人の意思や尊厳を無視したビジネスか? AIの技術の完成度や不安は? 今、何が問われているのか、探ってみた。(清川仁)  ...

読売新聞 │配信日: 2020/3/16

コロナ逆手 無観客ライブ 打首獄門同好会 無料で生配信 時勢に絡め新曲も

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ライブの中止や延期が相次ぐ中、無観客ライブ配信に取り組むバンドや歌手も出ている。特に存在感を放ったのは、2月29日に東京・青海のZepp Tokyoでツアーファイナル公演を行う予定だったロックバンド、打首獄門同好会だ。(清川仁)...