[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

読売新聞:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2020/9/28

[column]テイラー・スウィフト「フォークロア」

 ◆先見えぬ時 やさしさ紡ぐ  現在の米国を代表するシンガー・ソングライター、テイラー・スウィフトの通算8枚目となるアルバム「フォークロア」が6週連続全米チャート1位を記録。大ヒットとなった。発表まで宣伝しない「サプライズ・リリース」だったが、それ以上に、内容に驚かされ...

読売新聞 │配信日: 2020/9/28

[旬感]ライブの喜び 爆発 和楽器バンド

 ◇真夏の大新年会2020 天球の架け橋       1万7000人を収容できる横浜アリーナで、5000人に絞って観客を迎えた和楽器バンドのライブ。会場を一見し、まばらな人影に寂しさを感じずにはいられなかった。新型コロナウイルスが蔓延(まんえん)してから初となるアリーナ...

読売新聞 │配信日: 2020/9/28

[ALL ABOUT]YOASOBI 小説を音楽に 世界観の昇華

 ◇Pop Style vol.715 「小説を音楽にする」という発想で、今年春頃から音楽チャートを席巻しているのが、2人組音楽ユニット、YOASOBIだ。第1弾の楽曲「夜に駆ける」は、YouTubeに公開した楽曲動画が8500万回再生を突破、ビルボードチャートでは約4...

読売新聞 │配信日: 2020/9/28

愛する音楽 詰め込んだ 葉加瀬太郎 デビュー30周年

 ◎ええやん! かんさい ■FRI エンターテインメント  ◆公演中止で「気合の新作」  バイオリニスト、葉加瀬太郎は今年、デビュー30周年。数年前から計画したオーケストラ公演を春から、夏場にはジャズクラブでの公演を……と意気込んでいたが、コロナ禍ですべて白紙に。でも、...

読売新聞 │配信日: 2020/9/7

「今を生きる奇跡」 歌いたい 谷村新司 新アルバム 見ても美しい言葉で

 歌手、谷村新司が二つの新曲と、過去の13曲を新たに録音したアルバム「谷村文学選2020 〜グレイス〜」(ユニバーサル)を出した。豊かなサウンドに包まれる歌詞は文学のように深く、コロナ禍の中の今を生きる指針にもなりうるものだ。(清川仁) アカペラのコーラスで始まり、自然...

読売新聞 │配信日: 2020/8/31

[SCENE]「ナイツ・テイル」シンフォニックコンサート

 ◆堂本・井上コンビ 熱唱再び ミュージカル界の大スター、堂本光一さん、井上芳雄さんが2018年に初共演したミュージカル「ナイツ・テイル」が、フルオーケストラによるシンフォニックコンサートとして帰ってきました。東京芸術劇場と東京オペラシティで、8月10日から22日にかけ...

読売新聞 │配信日: 2020/8/31

[追悼抄]作・編曲家 服部克久さん 服部マジック 6万曲

 ◇はっとり・かつひさ(6月11日、腎不全で死去、83歳)  60年で、のべ6万曲を作・編曲した。昭和歌謡の大作曲家、良一さん(1993年死去)を父に持ち、長男・隆之さん(54)は「半沢直樹」などドラマの音楽の名手、孫の百音(もね)さん(20)は気鋭のバイオリニスト。だ...

読売新聞 │配信日: 2020/8/31

[STORY]Official髭男dism(4)「たたき上げ」の誇り

 ◇週刊エンタメ ◎ピアノポップバンド Official髭男dism サブスクリプション(サブスク=定額制音楽配信)で人気が爆発したヒゲダン。インターネットとの良好な関係は活動初期からで、CDを通販しながら、主な曲はネットでも気軽に聴けるようにしていた。 そもそも、今の...

読売新聞 │配信日: 2020/8/31

30年 原点のファンク FLYING KIDSが新作

 ◆ボーカル浜崎 「バンドは永遠の部活動」  デビュー30周年を迎えた9人組バンド、FLYING KIDS(フライングキッズ)が新作「そしてボクら、ファンキーになった」(D.SKH)を出した。新型コロナウイルスで先行きが見えない今こそ聴きたい、力強いファンクが詰まってい...

読売新聞 │配信日: 2020/8/31

[ALL ABOUT]上白石萌音 お芝居と音楽 両方が宝物 

 ◇Pop Style vol.711 今年、主演したテレビドラマ「恋はつづくよどこまでも」が話題になった、上白石萌音さん。役者として着実に実績を重ねる一方、見逃せないのが、歌手としての活動です。ミュージカルでの歌唱力は折り紙付き。さらに、ソロシンガーとしての実力は、2...