[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

読売新聞:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2020/11/23

ラブソング 演じるように 原田知世 カバーアルバム第3弾

 演じるように歌う——。原田知世がカバーアルバム「恋愛小説3〜You & Me」(ユニバーサル)を出した。歌手と役者の双方で活躍する彼女らしい表現が詰まった作品だ。「自分をいったん置いて、その曲に飛び込んでいく。通常の自分じゃないものになれる気がする」と語る。(池内亜希...

読売新聞 │配信日: 2020/11/23

[イマ推しっ!]ふぉ〜ゆ〜 公演 笑い、格好よさ 全部込み

 ダンスも演技もお笑いも。マルチな活動で注目を集めるジャニーズ事務所の4人組グループ・ふぉ〜ゆ〜が、12月に全国4都市で舞台「ENTA!3 4U.Zeppin de SHOW」に挑みます。「ふぉ〜ゆ〜の全部を詰め込む」という今作。4人に思いを聞きました。(池内亜希)  ...

読売新聞 │配信日: 2020/11/23

オーケストラ編曲で新録音 今井美樹ベスト盤 音楽 あって当たり前のもの

 歌手の今井美樹が、代表曲に華麗なオーケストラアレンジを施し、歌も新たに録音した「Classic Ivory 35th Anniversary ORCHESTRAL BEST」(ユニバーサル)を出した。コロナ禍が深刻な英国に暮らし、様々な予定の変更を経ながら完成させた。...

読売新聞 │配信日: 2020/11/23

[評]伊藤蘭公演 静かに熱い「時間旅行」

 キャンディーズのメンバーとして一時代を築き、女優として活躍を続ける伊藤蘭。コロナ禍で4月から延期が続いていた公演を開催した。 明るいピンクの衣装をまとい、「楽しい時間旅行になるように」とあいさつ。ソロデビューアルバム「My Bouquet」収録の「ミモザのときめき」「...

読売新聞 │配信日: 2020/11/9

復活WANDS 21年ぶりオリジナルアルバム

 ◆新加入・上原 「闘いに挑む」  「愛を語るより口づけをかわそう」「時の扉」など1990年代にメガヒットを飛ばしたWANDSが、新ボーカルに上原大史を迎えて復活した。21年ぶりとなるオリジナルアルバム「BURN THE SECRET」(ビーイング)は、新曲に過去作も織...

読売新聞 │配信日: 2020/11/2

「2020」 アメリカの証人 ボン・ジョヴィ新作 差別や銃問題歌う

 米人気ロックバンド、ボン・ジョヴィが新作アルバム「2020」(ユニバーサル)を出した。タイトル通り、コロナ禍、人種差別、銃の問題と、2020年のアメリカの現状を率直な言葉でリポートする。タイトルには「歴史の証人という意味合いがある」と、ボーカルのジョン・ボン・ジョヴィ...