[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

新着記事一覧

毎日新聞 │配信日: 2018/5/21

<大衆音楽月評>「芸能人は特別」通用しない=専門編集委員・川崎浩

 芸能は、リビドー(衝動)やエロスを根源とした情動、情念の様子を歌舞音曲として表現する場合が少なくない。近年の日本のポップスは「僕はかわいそう」で始まり「僕は寂しい」けど「僕は一人じゃない」から「僕は頑張れる」という自己完結で循環する物語が定番となっているが、一昔前は「...

毎日新聞 │配信日: 2018/5/21

<演歌・歌謡ラボ>山内惠介/走裕介=専門編集委員・川崎浩

 ◇山内惠介 もう一歩、世界広げる 演歌系歌手がよく口にする「師匠」とは、デビューまで面倒を見る音楽関係者のことである。作曲家の場合が多く、歌の指導をする場合もあり、身の回りの世話をさせるだけのこともある。念入りな指導で有名なのが水森英夫で、弟子に氷川きよし、森山愛子、...

読売新聞 │配信日: 2018/5/21

[評]Yogee New Waves公演 泳ぎたくなる独特の音

 シティ・ポップブームが再燃していると言われる昨今、頭角を現してきた4人組バンド。積極的に音楽フェスに出演して知名度を高め、3月にメジャーデビューした。アジア各地でも行ったツアーの東京公演を見た。 このバンドの強みは何と言っても、少し聴けば「Yogee New Wave...

読売新聞 │配信日: 2018/5/21

[STORY]宇多田ヒカル(2)幼い頃から本が好き

 ◇週刊エンタメ ◎シンガー・ソングライター 川端康成「雪国」、三島由紀夫「金閣寺」——。宇多田ヒカルが薦める書籍を集めて昨年、全国の書店で展開された企画「宇多田書店」では、国内外の文豪の作品が目立った。彼女の歌詞が文学性をまとっていると言われるのは、幼い頃からの読書体...

毎日新聞 │配信日: 2018/5/21

<特薦盤>歌謡曲・ポップス 川崎浩・選

 ■伊藤咲子/恋する名曲娘(コロムビア) 1970年代アイドルが続々と還暦を迎える時期となった。伊藤咲子は58年生まれで60歳を迎えた。73年に日テレ「スター誕生!」で優勝し、翌年「ひまわり娘」でデビュー。「木枯しの二人」「乙女のワルツ」「きみ可愛いね」など連続ヒットし...

毎日新聞 │配信日: 2018/5/14

<Interview>伊藤恵 いよいよベートーベンへ 《熱情》と《ワルトシュタイン》録音

 ピアニストの伊藤恵がベートーベンのピアノソナタ《熱情》と《ワルトシュタイン》をCDに録音した。これまで伊藤は1人ずつの作曲家に長年をかけて取り組んできた。デビューから20年をかけシューマンのピアノ作品を網羅した「シューマニアーナ」シリーズ全13枚のCDを刊行、続いてシ...

毎日新聞 │配信日: 2018/5/14

<特薦盤>クラシック 梅津時比古・選

 ■ルガーノ・フェスティバル〜アルゲリッチ・プロジェクトの記録(ワーナー) 冒頭のラヴェル《オンディーヌ》から自由奔放、いわゆる約束事も無視して自らの音楽を追求する。このようにコンクールで弾けば落選するかもしれない(この曲はコンクールでよく取り上げられる)。しかしここに...

読売新聞 │配信日: 2018/5/14

[ALL ABOUT]ノーム・ルイス with 柿澤勇人

 ◇Pop Style Vol.595 ◆続けろ イエスと言われるまで  ミュージカルの本場、米ニューヨークのブロードウェーで活躍するノーム・ルイスさん。4月に初のソロ公演のため来日し、包容力ある歌声だけでなく、気さくな人柄でも観客を魅了した。見逃した方、ご安心を。早く...

読売新聞 │配信日: 2018/5/14

[STORY]宇多田ヒカル 20年後の「初恋」 音楽と言葉とわたし

 ◇週刊エンタメ  日本のポピュラー音楽の歴史を変えたシンガー・ソングライターの宇多田ヒカルがデビュー20周年を迎える。6月に出す新作アルバムの題名は「初恋」。16歳の時に発表した初アルバム「First Love」のタイトルと同じ意味だ。横文字から日本語へ。天才少女から...