[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

新着記事一覧

毎日新聞 │配信日: 2018/9/17

<大衆音楽月評>安室文化、引き継ぎ先は?=専門編集委員・川崎浩

 「16日に25年間の活動を終える」と、引退を表明している安室奈美恵に関しての話題が盛り上がっている。故郷・沖縄では当日、引退記念の花火大会が宜野湾市のビーチで行われる。そして前日にはビーチ近くの会場で前夜祭も開かれ、本人が登場する。ここがピークとなるだろう。今から「ア...

読売新聞 │配信日: 2018/9/17

ナイン・インチ・ネイルズ 辛口の社会批判は健在 新作アルバムも革新性追求

 米国のバンド、ナイン・インチ・ネイルズ(NIN)が新作アルバム「バッド・ウィッチ」(ホステス)を出した。トレント・レズナーを中心に1980年代後半から活躍。先鋭的でハードな楽曲で知られ、後進に多大な影響を与えた。新作についてメンバーに聞いた。(桜井学) 新作は一昨年、...

毎日新聞 │配信日: 2018/9/17

<特薦盤>クラシック 梅津時比古・選

 ■ルネ・ヤーコプス指揮フライブルク・バロック・オーケストラ、RIAS室内合唱団、カルトホイザー(ソプラノ)他/モーツァルト レクイエム(キング) ほとんど未完のモーツァルト《レクイエム》に関しては全く「真正」の補筆などあり得ない。批判を浴びながらも従来のジュスマイヤー...

読売新聞 │配信日: 2018/9/17

[レビュー]音楽フェス「サマーソニック」 カマシ・ワシントンに興奮

 ◇8月18、19日、千葉・幕張メッセなど  今年で19回目の大規模音楽フェスティバル。大小様々なステージに、邦楽のアイドルグループから洋楽の大御所までがそろい、音楽界の現在を俯瞰(ふかん)できた。 前夜祭的なイベント「ソニックマニア」(17日)も含め、ひたすら音楽を聴...

読売新聞 │配信日: 2018/9/17

[2.5次元のトビラ]佐藤流司 ソロ刀剣 もっと驚け

 名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”が活躍する「ミュージカル『刀剣乱舞』」(刀ミュ)。加州清光(かしゅうきよみつ)役の佐藤流司さんは昨年、初のソロ公演「単騎出陣」に挑み、大成功を収めました。今年もきょう12日から公演がスタート。意気込みをうかがいました。(清川仁...

毎日新聞 │配信日: 2018/9/17

<演歌・歌謡ラボ>堀内孝雄/山崎ハコ=専門編集委員・川崎浩

 ◇堀内孝雄 大人を救済する情感 「ジャンルを超える」という物言いは、難事業を想像させる。実際、一つのジャンルにこだわる歌手はそうだろう。だが、そもそも既成ジャンルを意に介さない歌手は「何、それ」と笑い飛ばす。堀内孝雄はその筆頭である。 実家の食堂で流れる三橋美智也と姉...

読売新聞 │配信日: 2018/9/10

[ALL ABOUT]シャリア 気高き女王 慈愛のフラ

 ◇Pop Style Vol.613 太陽が意地悪なほど照りつけた今年の夏。猛暑はもう勘弁だが、常夏の島からの女神たちなら大歓迎だ。東京・水道橋の東京ドームシティホールで15〜17日に開催される「フェスティバル ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ2018」。本場のフラと音楽のト...

毎日新聞 │配信日: 2018/9/10

<Topics>バイロイト音楽祭 絶賛を浴びるティーレマン 行きすぎた「読み直し」揺り戻す

 作曲家、リヒャルト・ワーグナーの意図を開示する音楽祭として、ワーグナーの楽劇(オペラ)だけを上演するドイツ伝統の「バイロイト音楽祭」。毎夏、ひとつの演目が装いを変え、その新演出が大きな注目を浴びる。バイロイトでの新演出が世界のオペラに「読み直し」の方向性を与えてきたか...

毎日新聞 │配信日: 2018/9/10

<POPSこぼれっ話>今も「熱い」クリエイション

 「熱い!」 例年なら海風がさわやかな横浜・赤レンガ倉庫も、今年はライブハウス「モーションブルー」に到着する前に汗まみれである。だが、演奏が始まると、「暑い」を超えて「熱い」のなんの。世界で活躍したロックバンド「クリエイション」のリーダー・竹田和夫のデビュー50周年を記...