[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

新着記事一覧

毎日新聞 │配信日: 2019/5/20

<Interview>家入レオ 大人って悪くない 新作アルバム「DUO」発表

 正直で純粋で若々しく、日々痛みを感じ葛藤し、それを歌にして叫ぶのが、シンガー・ソングライターであるという思い込みが世にはないだろうか。家入レオは、10代の頃、時世や環境に矛盾を感じ、人の言葉や行為に傷つき、それを叫びのような歌にしてきた。それが「歌」だと信じていた。だ...

毎日新聞 │配信日: 2019/5/20

<特薦盤>クラシック 梅津時比古・選

 ■フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団、サラ・ミンガルド(コントラルト)他/マーラー 交響曲第3番(キング) ドイツ・ケルンのギュルツェニヒ管は現在、ケルン放送響より地味な存在だが、歴史的には非常に有名なオーケストラで、今でも地元ではこよなく...

毎日新聞 │配信日: 2019/5/20

<音楽>エリソ・ボルクヴァゼのピアノリサイタル やわらかな音、情感歌う=評・梅津時比古

 ジョージア(旧グルジア)出身の気鋭のピアニスト、エリソ・ボルクヴァゼのリサイタルは、作曲家・作品によってピアニストの在り方が照射されるという至極当然のことを改めて認識させた。 予定されていたプログラムが大きく変わり(フランク《前奏曲、コラールとフーガ》がベートーベン《...

読売新聞 │配信日: 2019/5/20

家入レオが新作「DUO」 「私にしか歌えない曲」挑戦

 家入レオは常に変わっていく歌手だ。17歳の痛みを叫ぶシンガー・ソングライターとして世に出ながら、曲作りを作家に委ねて王道のJポップを追求した時期も。そして新作「DUO」(ビクター)では、他者から提供された曲で「私にしか歌えない曲を」歌うという新たなスタイルに挑んでいる...

毎日新聞 │配信日: 2019/5/20

<新・コンサートを読む>新国立劇場でオペラ2作併演 背後に浮かぶフィレンツェ=梅津時比古

 美しい町は毒を含んでいる。 イタリアのフィレンツェも、メディチ家の富と権力をめぐり町の歴史に争いが絶えない。フィレンツェ最古のベッキオ橋や宮殿には、表から見えないメディチ家の秘密の屋内通路がある。私が訪れたときは公開されていなかったが、ある貴族の厚意で見せてもらった。...

読売新聞 │配信日: 2019/5/13

「僕らのポプコンエイジ」に出演 Chage アマに戻れるステージ

 1969年から86年まで続いた音楽コンクール「ポピュラーソングコンテスト」(ポプコン)から世に出たミュージシャンが集うコンサート「僕らのポプコンエイジ」が5月18日、東京・三軒茶屋の昭和女子大学人見記念講堂で開かれる。ポプコン出身のChageが思い出を語った。(鶴田裕...

毎日新聞 │配信日: 2019/5/13

<Topics>鈴木良雄が半世紀総括するアルバム 美しい曲を目指して

 日本のモダンジャズベーシストの草分け、鈴木良雄が半世紀にわたるプロ生活を総括するアルバム「ビヨンド・ザ・フォレスト」(フレンズ・ミュージック)を自己のバンド「ベース・トーク」名義で発表、5月26日東京・白寿ホールで記念コンサートを開催する。 鈴木は1946年生まれ。父...

読売新聞 │配信日: 2019/4/29

[旬感]うねる数字 音と融合 クラフトワーク公演

 シンセサイザーなどの電子機材を使ったポップの先駆けで、「テクノの神」と言えるグループだ。彼らのステージは結成から約半世紀の今も刺激的。サウンドもビジュアルも常に更新されている。ここのところ、音と連動した3D映像を専用メガネで見せるコンサートを続けている。 「NUMBE...

読売新聞 │配信日: 2019/4/29

「骨と筋肉の曲」でガツンと THE YELLOW MONKEY

 ◆19年ぶりアルバム 機が熟した ロックバンドTHE YELLOW MONKEYが19年ぶりのオリジナルアルバム「9999」(ワーナー)を出した。2001年に活動を休止し、04年に解散を発表。16年に再集結した。満を持しての新作は、グラマラスかつシンプルな、彼らにしか...