[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

新着記事一覧

読売新聞 │配信日: 2019/1/14

原点回帰 平成の名曲歌う DAIGO 「ビーイング系」のカバー集

 「わかりやすく言うと、DPですね」。歌手のDAIGOが、大黒摩季の「あなただけ見つめてる」、FIELD OF VIEWの「突然」といった、いわゆる「ビーイング系」を歌ったカバーアルバム「Deing」を出した。その意義を独自の「DAI語」で語ったのが冒頭の発言だ。意味す...

毎日新聞 │配信日: 2019/1/14

<Interview>由紀さおり 50周年も「通過点」 元日に新譜入り記念ベスト盤

 「夜明けのスキャット」で大ヒットを放ち、歌謡曲、童謡唱歌、ジャズなど歌の世界だけでなく、役者の世界でも活躍する由紀さおりが50周年を迎え、元日に3枚組み記念ベストCDセット「パッシング・ポイント」(ユニバーサル)を発売。20日まで東京・明治座で記念の舞台「下町のヘップ...

読売新聞 │配信日: 2018/12/31

[回顧2018]音楽 ポピュラー 配信 ストリーミング時代へ

 ◆安室引退 米津躍進  2018年のポピュラー音楽では、9月の安室奈美恵の引退が大きな話題となる一方、米津玄師が大活躍。新たなスターが躍進した。音楽配信では「ストリーミング」サービスがダウンロード販売をしのぐ勢いを見せており、さまざまな変化を感じさせる1年だった。(桜...

毎日新聞 │配信日: 2018/12/31

<Interview>大江千里 音楽の美しさ見つめ 35周年、5都市でツアー

 シンガー・ソングライターの大江千里が、35周年を迎え、現在は本職ともいえるジャズピアノのソロで、自身のヒット曲を演奏した「Boys&Girls」(ソニー)を発表。1月半ばからツアーを行う。 大江は、1983年「ワラビーぬぎすてて」でシングルデビュー。凝った作りだが、軽...

毎日新聞 │配信日: 2018/12/31

<演歌・歌謡ラボ>中村美律子/橋幸夫=専門編集委員・川崎浩

 ◇中村美律子 股旅もので物語歌う 演歌・歌謡曲の特筆できる点は、過去を描けることである。ポップスは原則、現在が基点であり、「今の自分の気分」を説明することに注力する。その点、演歌・歌謡曲は時間軸において、ポップスよりはるかに自由なのだ。 中村美律子の新曲は「弥太郎鴉(...

読売新聞 │配信日: 2018/12/31

[イマ推しっ!]田村芽実 あどけなさと圧倒的歌唱力

 ミュージカル女優、歌手の田村芽実(めいみ)さんをご存じでしょうか。12歳で人気アイドルグループ「スマイレージ(現アンジュルム)」に加入し中心メンバーとして活躍、17歳で卒業して新たな道を歩んでいる早熟な20歳です。あどけない顔立ちと、抜群の歌唱力、演技力。26日発売の...

読売新聞 │配信日: 2018/12/24

[レビュー]宇多田ヒカル公演 真っ向勝負 歌う喜び謳歌

◇4日、さいたまスーパーアリーナ 宇多田ヒカルが15歳で鮮烈なデビューを飾ってから、今年で20年。節目の年に、12年ぶりとなるツアーを行った。日本を代表するシンガー・ソングライターでありながら、活動の比重は制作に置かれ、ライブの本数は多くない。5年半の活動休止、母・藤圭...

毎日新聞 │配信日: 2018/12/24

<特薦盤>歌謡曲・ポップス 川崎浩・選

 ■坂本冬美/ENKA3〜偲歌〜(ユニバーサル) 冬の底冷えには演歌がよく似合う。でも、「これぞド演歌」が万人に受け入れられる時代はそろそろ終わりに近づいている。坂本冬美の「ENKA」シリーズは、演歌をすばらしいジャンルと認めたうえで、現代にリフレッシュしたサウンドで再...

読売新聞 │配信日: 2018/12/24

日本大好き クイーンの素顔 公私にわたり親交 渡辺美佐さん思い出語る

 ◆自宅に日本庭園 六義園お気に入り 映画「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットを機に、英国のロックバンド、クイーンが再び脚光を浴びている。映画ではほとんど描かれなかったが、彼らの人気は世界に先駆けて日本で火がつき、大の親日家でもあった。バンドを日本に招き、公私にわたって深...