[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

新着記事一覧

読売新聞 │配信日: 2018/7/16

さだまさし 新作に若手が参加 デビュー45年で「生まれたて」

 シンガー・ソングライターのさだまさしが新作「Reborn 〜生まれたてのさだまさし〜」(ビクター)を出した。グレープとしてデビューしてから今年で45年。いつものさだ節はもちろん、ナオト・インティライミやレキシといった若手が参加し、音楽的に生まれ変わったかのような新境地...

毎日新聞 │配信日: 2018/7/16

<大衆音楽月評>白熱の「シュート」合戦=専門編集委員・川崎浩

 サッカー・ワールドカップも最終局面に入った。日本代表も活躍し、ファンもそうでない人も、それなりに一息ついた状況だが、音楽の「シュート」は大いに盛り上がっている。 6月6日、昨年結成20周年を迎えたダンス・ポップ・グループ「DA PUMP(ダ・パンプ)」が3年半ぶりの新...

毎日新聞 │配信日: 2018/7/16

<演歌・歌謡ラボ>福田こうへい/川上大輔=専門編集委員・川崎浩

 ◇福田こうへい 自分でペースを作る 歌にとって、最も重要な個性は「声の音色」である。音程やリズム感や発声法など「うまい・へた」にかかわる要素はいくつもあるが、「音色」は決定的に個性を左右する。1音発せられただけで誰であるか分かることは、歌手にとっても歌そのものにとって...

読売新聞 │配信日: 2018/7/16

[イマ推しっ!]ヤマハ 楽器の仕組み・歴史学べる

 ヤマハの製品開発の歩みを展示する企業ミュージアム「イノベーションロード」が静岡県浜松市の同社本社敷地内に完成し、3日から一般公開が始まりました。最新の楽器や音響機器がズラリと並び、1887年の創業以来の同社の歴史も学ぶことができます。楽器好き、音響好きの大人たちにとっ...

読売新聞 │配信日: 2018/7/16

[トレンド]韓国発TWICE ネット席巻

 ◇週刊エンタメ  昨年、日本でCDデビューした9人組のガールズグループ、TWICEの勢いが止まらない。今年出したシングルCD2枚はいずれも30万枚以上を売り上げた。ビルボードジャパンがCD売り上げに動画視聴回数などを加味してまとめた、今年上半期のアーティスト別ランキン...

毎日新聞 │配信日: 2018/7/16

<特薦盤>クラシック 梅津時比古・選

 ■モーツァルト/交響曲第31番ニ長調「パリ」他=西脇義訓指揮デア・リング東京オーケストラ(fine NF) 響きの本質に音楽が込められていることが如実に分かる演奏であり、録音である。このオーケストラ、通常の配置と全く異なる並び方をしている。配置の問題ではなく、根本的な...

毎日新聞 │配信日: 2018/7/9

<Interview>林原めぐみ 「私」と「役」が半々 7年ぶり14枚目の新盤発表

 声優だけでなく歌手やラジオパーソナリティー、執筆業とマルチな才能で人気を誇る林原めぐみが約7年ぶり14枚目のオリジナルアルバム「Fifty〜Fifty」(キング)を発表、話題を集めている。    ■   ■ 林原は、1980年代半ばからアニメの声優として活動を始め、8...

毎日新聞 │配信日: 2018/7/9

<POPSこぼれっ話>結婚式ソングNo.1は?

 昭和にはよく聞いた「ジューン・ブライド」という言い伝えは今も残っているのであろうか。女性性や家庭を象徴するローマ神話の女神ジュノー(ギリシャ神話のヘラ)が6月(JUNE)の語源になっていることから伝わる欧米のことわざの一つで、「6月の結婚はジュノーの加護により幸せに続...

読売新聞 │配信日: 2018/7/9

想像力で世界は変わる 米サックス奏者 カマシ・ワシントン新作

新時代のジャズを先導する米国のサックス奏者、カマシ・ワシントンが新作「ヘヴン・アンド・アース」(ビート)を出した。独自の思想を反映させた作品で、大編成による迫力あるサウンドを聴かせる。(桜井学) 「このアルバムでは、現実の世界と想像の世界という二つの世界を表現した。想像...