• [ 画像 ] ヤマハとは

ヤマハとは

ヤマハは音・音楽を通して「感動を・ともに・創る」ことを目指す企業です。
アコースティックからデジタルまで多種多様な楽器をはじめ、業務用音響機器やオーディオ機器など様々なサービスや製品を提供しています。世界最大の総合楽器メーカーとして築いてきた強みをさらに磨き、ブランド力を一段と高め、高収益な企業を目指しています。

成長の軌跡

1887年の創業以来、音・音楽に関連する事業を中核としながら、人々の豊かな暮らしに貢献することを目指し、130年にわたる歩みを続けてきました。

1887年~1950年頃 楽器の国産化を図った創業期

創業者の山葉寅楠は、輸入オルガンの修理依頼をきっかけに、国産オルガンの製作に踏み切り、その後ピアノの製造を開始し、現在の中核事業である楽器事業の礎を築きました。

[ 画像 ] 1887年 初の国産オルガンを制作
1887年 初の国産オルガンを制作

1950年~1960年頃 音楽文化の普及と新事業への挑戦

音楽の楽しさを多くの人に伝えたいとの想いから、音楽普及への取り組みをスタート。音楽文化を広げつつ、楽器開発で培った技術と感性を新分野での製品開発に生かし、事業領域を拡大しました。

[ 画像 ] 1954年 オルガン教室を開講
1954年 オルガン教室を開講

1960年~1970年頃 総合楽器メーカーとしての躍進

アコースティック楽器から電子楽器まで、楽器の種類も弦楽器から管楽器、ドラムなどに商品領域を拡大し、多様な楽器群の製造を手掛ける世界でもユニークな総合楽器メーカーとなりました。

[ 画像 ] 1966年 ギター、ドラムなど商品領域を拡大
1966年 ギター、ドラムなど商品領域を拡大

1970年~1990年頃 テクノロジーの進化への挑戦

電子楽器の音質向上を図るため、自社で電子部品を開発する必要性を認識し、半導体の内製化に着手しました。ヤマハ独自のLSIは、数々の斬新な電子楽器や音響機器を生み出し、本格的なデジタル時代を牽引しました。また、楽器の生産技術を応用し、FA機器や自動車用内装部品を事業化しました。

[ 画像 ] 1971年 半導体の生産を開始
1971年 半導体の生産を開始

1990年~現在 多様な技術の融合による新たな価値提供

アコースティックとエレクトロニクス技術を融合させ、双方の長所を併せ持つ新たな商品群の開発で需要の活性化を図っています。また、事業の成長に資するため海外の企業を買収し傘下に加えています。

[ 画像 ] 1993年 アコースティックとデジタル技術の融合によりサイレント™シリーズの展開を開始
1993年 アコースティックとエレクトロニクス技術の融合によりサイレント™シリーズの展開を開始

音・音楽から広がる多彩な事業領域

ヤマハは、音・音楽をコアに「楽器」、「音響機器」、「その他(部品・装置等)」という3つの領域でグローバルに事業を展開しています。
130年の歴史で培った「技術」と「感性」を生かし、新たな事業領域にもチャレンジしています。

[ 画像 ] 売上高と売上構成比のグラフ

もっと詳しく(ヤマハの事業へ)

世界に広がるヤマハのネットワーク

およそ60年にわたる積極的なグローバル展開によって、ヤマハ製品は世界の隅々にまで広がっています。
現在では、30以上の国と地域に拠点を持つヤマハ。各地域でお客様のニーズに応えた販売・音楽普及活動を展開し、さらなる拡大を図っています。また、インドやインドネシアなどの成長市場への工場の建設など、積極的な市場開拓を行っています。

ヤマハのグローバル拠点

[ 画像 ] ヤマハのグローバル拠点と地域別売上構成比(2019年3月期)

グローバル楽器市場 シェアNo1!

ヤマハの主力である楽器事業は、グローバル楽器市場でNo.1のシェアを誇ります。 特に、電子ピアノやポータブルキーボード等の電子楽器は、世界の約半数程のシェアを握り、他社に圧倒的な差をつけています。

[ 画像 ] 楽器事業・楽器別世界シェア
各国の統計数値に基づく弊社推定値による(2019年3月)

もっと詳しく(ヤマハの業績へ)

クラフトマンシップとテクノロジーを融合したモノづくり体制

ヤマハは、長年にわたって楽器の生産を手掛ける中で、より良い楽器を仕上げる技術「クラフトマンシップ」を磨き上げてきました。また一方で、生産を工程ごとに科学的に研究し、最先端の技術を活用することで、業界トップレベルの「テクノロジー」も蓄積してきました。このクラフトマンシップとテクノロジーの両方を高いレベルで保有し、融合させていることが、当社の生産の大きな特長です。

[ 画像 ] 楽器製作の様子

高い技術力と個性際立つ商品開発

ヤマハは、世界最大の「総合楽器メーカー」として、幅広い楽器を取り扱い、様々な技術を磨いてきました。その中でも特筆すべき強みは、アコースティックとエレクトロニクスの双方における高い技術力です。

[ 画像 ]  アコースティックとエレクトロニクスの融合技術イメージ図

近年では、これらの技術を融合したハイブリッド商品の開発も進んでいます。これらの技術を駆使し融合することで、ヤマハにしか生み出すことのできない、ユニークな商品を開発し、新たな価値を提供し続けています。

[ 画像 ] カジュアル管楽器「Venova™」
カジュアル管楽器「Venova™」

また、最新の研究・実験設備を整備した世界最先端の"音"に関する開発・ラボ施設「イノベーションセンター」では、日々新しい技術開発が進められています。

[ 画像 ] イノベーションセンター(無響室)
イノベーションセンター(無響室)

お客様との多様な接点

大市場以外では現地の代理店を通じたビジネスを行うことが多い他社と比べ、ヤマハは独自の販売子会社を中心にグローバル・ネットワークを構築しています。
販売網のみならず、アーティストリレーション拠点、アトリエ、業務用音響機器拠点(YDACC)など、グローバルに広がった直営拠点を通じ、世界のトップアーティスト、音楽専門教育機関、音響技術者などと常に連携できる体制を持っています。
これらの拠点では、商品・サービスの情報提供のみならず、商品開発の基盤となるコンテンツづくり、地域ニーズを踏まえた音楽普及活動の展開など将来の需要を生み出すきっかけ作りも行っています。ここでも、ヤマハは一般ユーザーから専門家の方まで、連携を拡げなくてはならない企業を目指しています。

[ 画像 ]  販売子会社の様子

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

ヤマハは、国際社会の共通目標として掲げられた「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」の達成に、事業を通じて貢献していきます。サステナビリティ重点課題でも掲げている音楽普及活動を通じた目標4「質の高い教育をみんなに」への取り組みや、持続可能な木材調達による目標12「つくる責任・つかう責任」、目標15「陸の豊かさも守ろう」への貢献をはじめ、SDGsの各目標・ターゲットを意識した製品・サービスの開発や事業プロセスの改善に取り組んでいきます。

[ 画像 ] SDGs(持続可能な開発目標)の図

Environment:環境
持続可能な社会と事業を目指して

環境への取り組みの一つとして、楽器製造に欠かせないタンザニア原産の希少木材「アフリカン・ブラックウッド」の調査を行い、住民参加型の森林経営と植林活動をあわせた森林保全プロジェクトをスタートしました。当木材を楽器素材として安定的に調達し持続的な社会発展につなげるビジネスモデルの構築を進めています。

[ 画像 ] 植林の様子

Social:社会
豊かな社会づくりと、さらなる市場の拡大を目指して

社会に対する取り組みの一つとして、音楽文化の発展と豊かな社会づくりを目指し、アジア地域を中心とした公立小学校に楽器・教材・指導ノウハウを提供する「スクールプロジェクト」を展開しています。現在では4カ国で900校以上・のべ12万人以上が受講しており、その他の国でも同様の取り組みがどんどん広がっています。この取り組みは楽器演奏の楽しさを子供たちに伝えるとともに、新興国における楽器演奏人口の増加と市場拡大を目指しています。

[ 画像 ] スクールプロジェクトの様子

Governance:企業統治
持続的な企業価値の向上を目指して

ヤマハは長い歴史の中で、各時代の要請に応えるとともに将来の企業価値向上に向けて、常に最適なガバナンスのあり方を追求してきました。2017年6月には指名委員会等設置会社への移行を行い、取締役9名の内社外取締役が6名で構成され、経営に於ける監督機能の強化、執行機能の分離による執行のスピードアップ等の評価の高い企業統治体制を実現しています。今後もさらなるコーポレートガバナンスの強化と持続的な企業価値の向上を目指してまいります。

[ 画像 ] 会議の様子