Yamaha Design “Synapses” NS-5000

2016 / PREMIUM BOOKSHELF SPEAKER

GOOD DESIGN AWARD


演奏そのままに感動し楽しむ。Hi-Fi再生の理想をつくりだす新たなスピーカー。

モツヨロコビ持つ喜び / Pride

音作りへのこだわりを象徴する、左右非対称デザインレイアウトは銘機と評価を受けた「NS-1000M」(1974)を彷彿とさせ、オーセンティックなデザインに新しい技術や素材を組み合わせることで、永くつかって貰える上品な仕上がりになりました。

シアゲ仕上げ / Well-Made

新技術の結晶であるZYLON®製の振動板を保護する着脱式プロテクターは、使用されないときにはユニットをプロテクトする目的で魅力的かつ上質な仕上げでデザインされています。

チョウワ調和 / Harmony

スピーカ本体と合わせて音作りを考えデザインされた、カスタムメイドの専用スタンド。 部品の一つ一つ、ネジやワッシャーまでも拘り、NS-5000 の音作りに活かされました。

ショウジキ正直 / Honest

ピアノフィニッシュ塗装によるエンクロージャーの鏡面加工は、マイスターの手によってのみ表現可能な仕上げです。音作りとデザインが分離しないヤマハのものづくりに対する姿勢が表れています。


Eizo Amiya
Eizo Amiya
Designer
Yamaha Design Laboratory

演奏者が音楽に込めた想いを、伝えることの出来るスピーカーを目指して。

楽器メーカーのヤマハが、こだわったHi-FiスピーカーNS-5000。楽器とオーディオでは、使用者と環境に違いはありますが、演奏者が込めた想いを伝える上では、楽器もオーディオも同じです。「無用な色付けの無い、楽器の音色や人の肉声を自然のままに表現する、演奏者が音楽に込めた想いまでも届けるHi-Fiスピーカー」を原点として、音作りのこだわりを行いました。
音楽を奏でる製品としての精緻さや身近さを意識して、工業製品に止まる事のない作り込みがなされているNS‐5000は、楽器を作るクラフトマン精神で作られたヤマハのHi-Fiフラッグシップ・スピーカーです。

  • 補足の画像1
  • 補足の画像2
  • 補足の画像3
  • 補足の画像4

同じデザインキーワードの製品を見る