Dear Glenn

A.I.は、どこまで人の心を動かせるのだろう。

GLENN GOULD AS A.I. GLENN GOULD AS A.I.

Project

Dear GlennはAIと人間の共創の可能性を追求するためのプロジェクトです。
グレン・グールドは電子メディアによる録音に傾倒し、奏者と聴衆の新しい関係性に着目したことでも知られています。今回の取り組みは「Dear Glenn」というプロジェクト名のもとで進行されましたが、この名称はグレン・グールドの姿勢に敬意を評し、そして着想を得て開始したことに由来します。今回の取り組みを通じて、現代のテクノロジーであるAIと人間が互いに刺激し合い、共創する新しい音楽表現のあり方を提示したいと考えています。

Glenn Gould as A.I.

今回公開するのは、グレン・グールドらしい音楽表現で、任意の楽曲のピアノ演奏ができるというシステムです。未演奏曲でも、楽譜のデータさえあればすぐに演奏できるという特徴を持ち、その再現手法としては世界初※1となる「深層学習技術」※2を採用したAIシステムです。自動演奏機能付きピアノと、グレン・グールドらしい演奏データを瞬時に生成しピアノに演奏を指示するAI(ソフトウェア)から構成されます。
AI部分の開発にあたっては、彼らしい表現とは何かを追求するために、グレン・グールド・ファウンデーションの全面的な協力のもと、100時間を超えるグレン・グールドの演奏音源を解析し、得られたデータをもとに、深層学習技術を用いました。また、録音データのみならず、彼の演奏方法を熟知した複数のピアニストたちの演奏による「ヒューマン・インプット」もAIに学習させることで、かつてない再現度を実現しました。さらにこのシステムは、共演者である人間の演奏を瞬時に解析し先読みしながら演奏することで、人間と協調して合奏することも可能です。単に自動演奏を行うのではなく、グレン・グールドのタッチを感じながら、互いに刺激し合い、息の合った合奏を楽しむことができる“共創型”のシステムとなっています。

※1: 2019年8月現在、当社調べ ※2: コンピューターに物事を理解させるための機械学習方法の一つ。ニューラルネットワークという数理モデルを多層的に使用して情報処理を行うことが特徴。

Glenn Gould プロフィール

1932年カナダ・トロントに生まれ、1982年に50歳の若さで没した伝説的ピアニスト。1956年に発売されたデビュー盤「ゴルトベルク変奏曲」を皮切りに、特にJ.S.バッハの演奏について極めて高い評価と功績を残したことで知られる。1964年、コンサートからの引退を表明し、以降、録音に没頭するなど、電子メディアでの発表に傾倒した。また、低い椅子に腰掛けかがみこむように演奏する姿勢や、録音時にもかかわらず鼻歌を歌いながら演奏するなど、その斬新かつ独特の奏法も世間からの注目を集めた。晩年にはバッハの「ゴールドベルク変奏曲」をはじめ3枚のアルバムをヤマハのコンサートピアノで録音した。

Event

GLENN GOULD AS A.I.

パネルセッション

日時 2019年9月7(土) 19:00~19:30
会場 聖フローリアン修道院(オーストリア・リンツ市)
登壇者 Francesco Tristano (Pianist), Brian M. Levine (Glenn Gould Foundation), Norbert Trawöger(Bruckner Orchestra Linz), Akira Maezawa (R&D, Yamaha Corporation)
テーマ AIと音楽家の共創の可能性とその未来について

コンサート(AIシステム 初公開)

日時 2019年9月7日(土) 20:30~21:00
会場 聖フローリアン修道院(オーストリア・リンツ市)
演奏者 Piano:Glenn Gould, Francesco Tristano
Flute,Violin:Norbert Trawöger, Maria Elisabeth Köstler(Bruckner Orchestra Linz)
プログラム J.S.バッハ 《ゴルトベルク変奏曲》(BWV 988)、J.S.バッハ《フーガの技法 2台チェンバロのための鏡像フーガ》※ (BWV1080/18)、J.S.バッハ《トリオ・ソナタ》(BWV1038)
※グールド未演奏曲

アルスエレクトロニカ・フェスティバルについて

ARS ELECTRONICAイメージ

オーストリア・リンツ市を拠点に置くメディアアートの研究機関である「アルスエレクトロニカ」が開催する、最先端のアート、テクノロジー、サイエンスをテーマにした祭典。1979年から続くイベントで、メディアアートのイベントとしては世界最大規模を誇る。期間中は、世界中から、専門家が集い、リンツの様々な場所で催される展覧会、パフォーマンス・イベント、国際会議を通して、議論を深め、新しい繋がりを生み出している。

ARS ELECTRONICAイメージ

Research and Development

AIの学習

STEP 01. 解析

グレン・グールドの録音を解析し、彼の演奏データ(タッチ)を推定します。

STEP 02. 学習

AI(ディープニューラルネットワーク)を用いて、楽譜データと演奏データの対応関係を学習します。これにより、AIは任意の楽譜に対する演奏を生成することができるようになります。学習においては、STEP 01で推定された演奏情報に加え、グレン・グールドの弾き方を深く理解している有識者の演奏者による「グレン・グールド特有の弾き方を強調した演奏」を併用します。
これにより、彼特有の表現をより忠実に再現することを目指します。

STEP 03. 演奏の生成

任意の楽譜データを与えると、 STEP 02で学習されたAIにより演奏が生成されます。

Dear Glenn - AIの学習

AIの学習

Dear Glenn - AIの学習
STEP 01. 解析

グレン・グールドの録音を解析し、彼の演奏データ(タッチ)を推定します。

STEP 02. 学習

AI(ディープニューラルネットワーク)を用いて、楽譜データと演奏データの対応関係を学習します。これにより、AIは任意の楽譜に対する演奏を生成することができるようになります。学習においては、STEP 01で推定された演奏情報に加え、グレン・グールドの弾き方を深く理解している有識者の演奏者による「グレン・グールド特有の弾き方を強調した演奏」を併用します。
これにより、彼特有の表現をより忠実に再現することを目指します。

STEP 03. 演奏の生成

任意の楽譜データを与えると、 STEP 02で学習されたAIにより演奏が生成されます。

人間とAIによる共演

Dear Glenn - 人間とAIによる共演 Dear Glenn - 人間とAIによる共演

このシステムは、グレン・グールドらしい表現でピアノの自動演奏を行うとともに、共演者である人間の演奏する音や仕草を瞬時に解析し先読しながら演奏することで、人間と協調して合奏することが可能となっています。

Contact

Dear Glennに関するお問い合わせは、下記お問い合わせフォームからアクセスして下さい。

グレン・グールド・ファウンデーション JAPAN-AUSTRIA 1869-2019