人事・業績・経営

シリコンバレーを新拠点にスタートアップ企業との協業を加速、事業開発を強化

米国ベンチャーキャピタルファンドへの出資を決定、事業開発拠点を設置

ヤマハ株式会社(以下、当社)は、事業開発の強化および持続的な成長力向上のため、米国のベンチャーキャピタルCounterpart Venturesが募集するファンド(Counterpart Ventures Fund III, L.P.)への出資を決定しました。また、スタートアップ企業との協業を加速するため、米国シリコンバレーに新たな事業開発拠点(駐在員事務所)を設置しました。

Counterpart Venturesは、米国全土を中心に主にBtoBおよびBtoBtoC領域のスタートアップ企業への投資を行うとともに、経営に参画しハンズオンでのサポートを行っています。また、出資元企業に対するスタートアップ企業の紹介や事業開発の支援を強みとしています。当社は当該ファンドへの出資と、Counterpart Venturesの支援を通じて、スタートアップ企業探索ノウハウの蓄積、協業による事業開発力の強化を目指します。

また、当社はグローバルなオープンイノベーションを加速させるため、2024年4月付で米国における事業開発拠点(駐在員事務所)をシリコンバレーに設置しました。ファンドへの出資に加え、当社従業員が現地に駐在することで、Counterpart Venturesおよび現地スタートアップ企業との協業を加速してまいります。

Counterpart Ventures概要

所在地 米国カリフォルニア州サンフランシスコ
代表者 パトリック・エゲン、西条祐介
設立年 2018年
URL https://counterpart.vc/
当社出資ファンド Counterpart Ventures Fund III, L.P.
当社出資額 1,000万米ドル

当社新事業開発拠点(駐在員事務所)概要

名称 Yamaha Music Innovations
所在地 米国カリフォルニア州パロアルト
拠点設置時期 2024年4月
体制 駐在員3名

本件の背景

当社は、現中期経営計画「Make Waves 2.0」で「ポストコロナの新たな社会で持続的な成長力を高める」ことを基本方針とし、ヤマハアセットと外部先進技術をかけあわせた新しい顧客価値の創造に取り組んでいます。本件はその一環として、新規事業開発・既存ビジネスの強化を目指すものです。当社はこうした取り組みを一層加速してまいります。

  • このニュースリリースに掲載されている製品情報や問い合わせ先などは、発表日現在の情報です。
    発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 文中の製品名や、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。

報道関係の方のお問い合わせについて 

ニュースリリースについてのご利用規約やお問い合わせは、こちらをご覧ください。

ニュースリリース配信

X

ヤマハのニュースリリースをXで配信しています。

YouTube

主な記者発表の模様をYouTubeで配信しています。