名機SVTとB-15の歪みを再現し、初搭載するIRローダーで、
音作りにこだわるベーシストの思いに応える

Ampeg ベース・ペダルプリアンプ『SGT-DI』を発売

株式会社ヤマハミュージックジャパンは、ヤマハ株式会社の100%子会社であるYamaha Guitar Group, Inc.が所有するベースアンプブランドAmpeg(アンペグ)の新製品として、『SGT-DI』を5月10日(水)から発売します。

[ 画像 ] ベース・ペダルプリアンプ『SGT-DI』
画像ダウンロード
ベース・ペダルプリアンプ『SGT-DI』

このたび発売する『SGT-DI』は、Ampegブランドの伝統あるシンプルなプリアンプに、高い機能性を兼ね備えたベース・ペダルプリアンプです。伝統的な3バンドイコライザー(EQ)や高周波域を増幅、低周波域を増幅・減衰させる「ウルトラ・ハイ/ウルトラ・ロースイッチ」はもちろんのこと、往年の名機「SVT」と「B15」のボイシングを選択可能なSGTオーバードライブ・サーキットを内蔵しています。さらにAmpegのハードウェア製品として初となる、インパルス・レスポンス(IR)ローダーも搭載。『STG-DI』1台で、ライブやスタジオ、自宅練習などあらゆるシーンで自身の音にこだわりたいベーシストの思いに応えます。

  • ※Yamaha Guitar Group, Inc.:ギター関連製品の企画・開発・販売を行うヤマハ株式会社の100%子会社。米国本社。
  1. ベースアンプの名機「SVT」シリーズと「B15」シリーズの歪みを再現
  2. Ampegのハードウェア製品としてIRローダーを初搭載
  3. Ampegの伝統的な機能性を継承
品名 品番 価格(税込) 発売日
Ampeg ベース・ペダルプリアンプ SGT-DI 75,900円 5月10日(水)
  • ◎初年度販売予定数(国内):合計300台

1. ベースアンプの名機「SVT」シリーズと「B15」シリーズの歪みを再現

Ampeg独自のオーバードライブ・サーキット「Super Grit Technology(スーパー・グリット・テクノロジー、STG)」が、名機「SVT」シリーズと「B15」シリーズ特有の歪みを再現します。スイッチで切り替えることが可能で、ロック史にその名を刻むAmpegベースアンプのトーンを簡単に楽しむことができます。

2. Ampegハードウェア製品としてIRローダーを初搭載

定番の3タイプのキャビネット・シミュレーター(15インチスピーカー1台、10インチスピーカー4台、10インチスピーカー8台)を内蔵しているだけでなく、Ampegのハードウェア製品として初めてIRローダーを搭載しました。無償のAmpeg IR Loaderアプリ(Mac/Windows対応)を使用して、最大3つのIRをロードして選択することが可能です。さまざまな音響特性のあるサウンドをシミュレーションし、ベーシストの思い描く音作りを強力にサポートします。

3. Ampegの伝統的な機能性を継承

Ampeg伝統のBASS(低域)、MID(中域)、TREBLE(高域)の「3バンドEQ」では、MIDの周波数を任意の値に設定できるよう進化しました。さらに高周波域を増幅、低周波域を増幅・減衰させる「ウルトラ・ハイ/ウルトラ・ロースイッチ」を継承し、多彩な音作りを可能としています。また、ヘッドフォンと接続できる端子やPA機器や録音機器へダイレクトに接続できる「XLRダイレクト・アウト端子」など充実した出入力端子を備え、幅広い用途に対応します。

製品仕様の詳細は、製品サイトをご参照ください。
https://ampeg.jp/products/pedals/sgt-di.html

  • ※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
  • ※このニュースリリースに掲載されている製品情報や問い合わせ先などは、発表日現在の情報です。
    発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。