管弦打楽器
ホームシアター・オーディオ
その他

国際的に権威ある独デザイン賞で最高賞を獲得

カジュアル管楽器Venova『YVS-120/YVS-140』、ヘッドホン『YH-L700A』が
「Red Dotデザイン賞」で「Best of the Best」を受賞

ヤマハ株式会社のカジュアル管楽器Venova™(ヴェノーヴァ)『YVS-120/YVS-140』、ワイヤレスヘッドホン『YH-L700A』の2件が、ドイツのデザイン賞「Red Dotデザイン賞プロダクトデザイン2022」を受賞しました。さらに、特に優れたデザインに与えられる最高賞「Best of the Best」にいずれも選出されました。

「Red Dotデザイン賞」は、ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する国際的に権威のあるドイツのデザイン賞で、「プロダクトデザイン」「ブランド&コミュニケーションデザイン」「デザインコンセプト」の3部門から構成されます。今年の「プロダクトデザイン」部門には約60の国と地域から7900点以上の応募が集まり、このうち「Best of the Best」を受賞したのは1.5%以下でした。

当社は1997年から応募を続けており、今回の2件の受賞で累計受賞数は29件となりました。また「Best of the Best」は、これまでにサイレントブラス「SB7」(1997年)、サイレントチェロ「SVC-200」(2000年)、エレキギター「Revstar」(2017年)、デジタルサックス「YDS-150」(2021年)が受賞しており、最高賞獲得数は今回で累計6件となりました。

カジュアル管楽器Venova™『YVS-120/YVS-140』(2019年/2021年発売)

[ 画像 ] 上:『YVS-120』(Alto Venova) / 下:『YVS-140』(Tenor Venova)

画像ダウンロード

上:『YVS-120』(Alto Venova) / 下:『YVS-140』(Tenor Venova)

管楽器の本格的な演奏感や表現力をより気軽かつ身近に楽しめるように開発された、まったく新しいタイプのアコースティック管楽器です。独自の「分岐管」構造と蛇行形状により、管楽器経験がない方でも始めやすいリコーダーのようなやさしい指使いでの演奏を可能とし、同時に、管楽器経験者も満足できる吹き心地を実現しました。ABS樹脂製のため軽量ながらも耐久性に優れ、水洗いも可能で、取り扱いしやすくメンテナンス性にも優れています。どこへでも気軽に持ち出せて、アウトドアやカジュアルなセッションなどさまざまな場面で手軽に演奏を楽しめます。『YVS-120』はアルト音域、『YVS-140』はテナー音域のモデルです。このほかにソプラノ音域のモデルもラインアップしており、3モデルから好みに合わせて選んでいただけます。
https://www.yamaha.com/2/venova/

ワイヤレスヘッドホン『YH-L700A』(日本国内未発売)

『YH-L700A』は、どんなコンテンツや視聴環境にもフィットし、アーティストの想いや表現を余すところなく伝える「TRUE SOUND」のコンセプトを体現するワイヤレスヘッドホンです。音楽視聴はもちろんのこと、映画やストリーミングサービス、動画共有サイトの短編動画まで、コンテンツに合わせた音場を選択できる「3D Sound Field」や、ユーザーの耳や頭の形状に合わせてリアルタイムに音を最適化する「リスニングオプティマイザー」などの独自機能を搭載。また外観デザインは、操作性や着け心地を追求し、シンプルかつ特徴的な長方形のシルエットに仕上げました。随所に取り入れたファブリックやレザーの素材が、ユーザーを優しく包み込むような印象を与えます。『YH-L700A』は、機能とデザインの両面から、没入感のある音体験を提供します。
https://www.yamaha.com/ja/about/design/synapses/id_130

関連サイト

ヤマハデザインサイト:
https://www.yamaha.com/ja/about/design/

Red Dotデザイン賞 公式サイト:
https://www.red-dot.org/

  • 文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースに掲載されている製品情報や問い合わせ先などは、発表日現在の情報です。
    発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

報道関係の方のお問い合わせについて 

ニュースリリースについてのご利用規約やお問い合わせは、こちらをご覧ください。

ニュースリリース配信

X

ヤマハのニュースリリースをXで配信しています。

Youtube

主な記者発表の模様をYouTubeで配信しています。