[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

音楽ライター記事

ライター:伊熊│配信日:2012年10月4日│配信テーマ:クラシック  その他  

いろいろある巨匠たちの趣味と余技


 クラシックのアーティストは意外な趣味や嗜好を持っている人が多い。

 いまや和食は大の人気者だが、ピアニストのウラディーミル・アシュケナージは日本で練習のあいまをぬって毎回カウンターにすわるほどのお寿司党。彼は初めて来日したころはまったく和食が食べられなかったが、2回目、3回目と回を重ねるごとに少しずつ食べる種類を増やしていったそうだ。いまでは特にハマチ、イクラ、ウニなどが好物だ。

 ほかにも和食が好きな人はたくさんいる。指揮者のコリン・デイヴィスはうなぎに目がない。イギリスでも食べられるが高いため、いつもに日本に来ると食べためをしていく。

 チェリストのヤーノシュ・シュタルケルは幕の内弁当が好きで、これを食べると舌も目も楽しむことができるとご満悦。

 しかし、なんといっても指揮者のエリアフ・インバルにはかなわない。彼は泊っているホテルのまわりを徘徊しながらふつうの居酒屋を見つけ、「とろろ、納豆」などと流暢な日本語で叫ぶから、お店の人はびっくりしてしまう。彼は器にも興味を持っている。

 居酒屋好きといえば、フルートのエマニュエル・パユ、ピアニストのフランチェスコ・トリスターノも負けてはいない。パユに聞けば居酒屋のメニューは何でもわかると、共演者たちは一目置いているほどだ。

 トリスターノは和食のみならず、銭湯から布団で寝ることまで所望する日本びいき。一番の好物はユズ胡椒だというから驚き。

 ピアニストのインゴルフ・ヴンダーも初来日のときからお寿司にハマり、ユリアンナ・アブデーエワはおそばにぞっこん。「ラーメンやうどんじゃないわよ。そばよ、そば」といって麺類の違いまで主張。

 クラシックの世界にはスピード狂も多く、ヘルベルト・フォン・カラヤンが自分のセスナ機を操縦していたのは有名な話だが、あの宗教曲の大家、指揮者のヘルムート・リリングもスポーツカーでアウトバーンをぶっ飛ばすのが好きだという。

 ピアニストのマルティン・シュタットフェルトも、愛車でアウトバーンを飛ばしているときが一番リラックスするという。

 概して演奏家はスポーツ嫌いだが、例外もある。指揮者のフランツ・ウェルザー=メストはロンドン・マラソンに出たいとインタビューで語っていたが、走ることには自信がありそうだ。ヴァイオリニストのアン・アキコ・マイヤースは美容と健康のためにエアロビクスを欠かさないし、指揮者のトレヴァー・ピノックは小澤征爾と同じテニスの先生に就いている。

 きわめつきはヴァイオリニストのユーディ・メニューインのヨガである。彼は本を書いたり、ビデオも出した本格派である。

 料理好きも多い。指揮者のサイモン・ラトルは中華を得意とし、チョン・ミュンフンはイタリアンを好んで作る。ラトルいわく「気の合わない音楽家と出会うと、野菜をめった切りにしてウサを晴らすんだよ」とジョークとも思える話を聞かせてくれた。

 ワイン好きもやたらに多い。ピアニストのヴァレリー・アファナシエフのように自宅の地下にワインセラーを作ったり、歌手のボー・スコウフスのようにブドウ畑を所有している人もいる。アファナシエフは日本の文学にも精通し、特に紫式部や清少納言に詳しい。 

 ピアニストのアルフレッド・ブレンデルは、アメリカの漫画が好きだといってこちらを煙に巻いた。

 もっとも驚いたのは、チェリストのピーター・ウィスペルウェイ。彼は散歩が趣味なのだが、これがハンパではなく、新宿の宿泊先のホテルで地図をもらい、7時間かけて都内を延々と歩き、迷わずにホテルに戻った。

 こういう趣味を聞いているとその人の人間性が垣間見え、演奏からヒューマンな味わいが聴きとれて興味深い。だが、「これといって趣味はないね。音楽がすべてだから」という人が多いのもこの世界の特徴だ。

2012年10月 4日音楽ジャーナリスト&ライターの眼(1版)掲載 執筆記者:伊熊よし子

クラシック その他   のテーマを含む関連記事