Yamaha Design “Synapses” MONTAGE

2016 / SYNTHESIZER


クリエイティブマインドを刺激し続けるモンスターマシン。

モツヨロコビ持つ喜び / Pride

アルミ押し出しによる筐体は、張りのある豊かな造形と高い剛性感を奏者に与え、パフォーマンスへの絶対の安心感を提供します。

アタラシイ新しい / Revolutionary

さまざまな表情を生みだす、背面シルエット。 そのセクシーな印象はオーディエンスを魅了していきます。

タノモシイ頼もしい / Professional

本体両サイドが斜めに切り落され、動的で力強い形状を獲得したエクステリア。 サイドから背面へと流れる逞しい造形は、鍵盤という奏者の聖域を守ります。

ヒクスガタ弾く姿 / Dual-View

スーパーノブの独創的な形状は、奏者の美しく力強い動きを導き出し観衆を魅了するパフォーマンスを実現します。


Kunihiro Takei
Kunihiro Takei
Designer
Yamaha Design Laboratory

奏者を護り・惹き立て・加速させる、ダイナミックな造形。

ヤマハシンセサイザーの新たなシリーズとして誕生したMONTAGE。
AWM2音源とFM-X音源の組み合わせによる「ハイブリッド音源」、そして多彩なコントロールソースを操る「モーション・コントロール」により、ダイナミックな音の変化や豊かな表現を可能にするモデルとなりました。
元来、シンセサイザーをはじめとするヤマハの鍵盤楽器のデザインは、直線的でスタティックな印象を持っていました。しかし、ステージ上で映え、ライブパフォーマンスの中で生まれる音のパワーをポジティブに表現する楽器としてMONTAGEを表すには、これに加えダイナミックで疾走感のあるエクステリアも必要だと考えました。そのコンセプトを端的に表しているのが、「シンセの顔」ともいえる背面部の造形と仕上げです。アルミの特徴を活かしたコンケーブ形状がステージライトを受け強い陰影と豊かな表情を生みだし、対照的にスタティックなヤマハロゴを引き立たせているのもポイントです。
一方、コントロールパネルの配置はヤマハの伝統を引き継いだロジカルなレイアウトとしつつも、よりダイレクトな操作感を目指し、ノブやスライダーへも指にフィットするコンケーブ形状を施しました。機能面でいちばんのハイライトである「スーパーノブ」は回転に合わせ様々な色に変化し、また電源がオフとなった後でも十分なソリッド感を表現できるよう素材の透過度を丹念に調整しています。
MONTAGEをデザインするにあたり私に大きなインスピレーションを与えた写真があります。それは巨大で誰もいないスタジアムの中、GX-1と向き合い一心不乱にプレイするキース・エマーソンを写した1枚です。この後何万人ものオーディエンスで埋まるであろう巨大な空間のプレッシャーと対峙するため、GX-1はキースを支え、キースはGX-1を加速させています。そこに私は楽器とプレーヤーの見事な一体感を感じたのです。MONTAGEもステージ上で奏者と一つとなり、お互いのポテンシャルを存分に引き出しあうかけがえのないパートナーであってほしいと願っています。

  • 補足の画像1
  • 補足の画像2
  • 補足の画像3
  • 補足の画像4