[ 画像 ] 求める人材像

求める人材像

ヤマハは求める人材を表すキーワードとして、[枠を超える]を掲げています。では「枠」とは何でしょう。
国境、文化、世代、組織といった外から与えられる枠もあれば、私たち自身が内側から作り上げる枠もあります。枠を超えることは簡単ではありません。しかし、枠を超えようという意志が、あなた自身を変え、周りに好ましい循環を生み出し、結果としてヤマハの成長につながっていくはず。枠を超えることは、あなたの可能性とヤマハの可能性を同時に広げることなのです。この可能性を広げていくために、ヤマハは求める人材像として皆さんに次の3つを期待しています。

[ 画像 ] 熱い想いを抱き、誠実に取り組む人。 意志を持って自発的に行動し、最後まで粘り強くやり遂げる人。 チャレンジ精神を持ち、挑戦し続ける人。

ヤマハのDNAの一つに「誠実」が挙げられます。常に「誠実」に取り組むことにより、お客様や社会の信頼を得てきました。ヤマハが歓迎するのは、「ヤマハでこういうことをやってみたい」という「志」を持ち、それを実現させるためのフィールドを求めている人です。そしてそこには、お客様からの信頼に誇りと感謝を抱き、「誠実」に取り組み続ける謙虚な姿勢も欠かせません。

ヤマハでの仕事の進め方は、その多くが個々人の裁量に委ねられています。組織として同一のゴールを共有していますが、そこにたどり着くプロセスは一人一人自由。だからこそ自分の意志で自発的に仕事を進め、その過程での努力を惜しまない人には、伸び伸びと働ける環境が整っています。ヤマハが求めるのは、成果への強いこだわりを持ちながら、自らの問題意識に基づいて自発的に考え、行動し、最後まで粘り強くやり遂げる人材です。

ヤマハは既成概念や従来の枠組みにとらわれることなく、積極的にチャレンジし、挑戦し続ける人に期待しています。自分自身の枠を超えることは、会社と個人の競創関係の中で、あなた自身の成長を促し、可能性を広げていくことでもあります。たとえば、新しい要素技術や新商品を開発したり、マーケットを開拓したり。結果としてそれが社会に新たな価値を生み出し、ヤマハブランドを輝かせることにもつながります。現状に満足することなく、向上心あふれる人を歓迎します。