実習テーマ:音の演出を効果的に用いたアトラクションの試作

ヤマハは、リアル/バーチャルによらず音場を制御・演出する多くの技術を保有しています。例えば、音を遠くまで真っ直ぐに届けることができる平面スピーカー技術や、ヘッドホン・マルチスピーカーによらずリアルな音環境を構築できる立体音響技術など。(参考: http://research.yamaha.com/new-businesses/team-k/
本実習ではそれらの技術を活用し、音で恐怖体験を演出するお化け屋敷のシステムを試作していただきます。実際にスピーカーと各種センサを配置したリアルなアトラクション、もしくは、VR-HMDとヘッドホンを使用したヴァーチャルなアプリケーション、どちらでも結構ですが、コンテンツ制作も含めたシステム全体の試作を課題とします。

※東京事業所での実習です。

電気・電子系、情報系

  • リアルを志向する場合は、一般の電子工作向け開発ボードを用いたシステム構築ができること
  • ヴァーチャルを志向する場合は、UnityとVR-HMDを用いたアプリケーション開発ができること
  • いずれにおいても、DAWやオーディオ編集ソフトウェア上で音素材のコンテンツ制作ができること

リアル/ヴァーチャルのどちらのシステムの試作を希望するか、また、簡単なシステム構成図を添えて応募ください。(システム構成図はPDFでアップロードしてください)

より実践的な試作となるよう、基礎的な音響心理学や音声加工(エフェクト処理)のテクニックについて事前に習得されていることを期待します。