実習テーマ:電子楽器の音色データ開発

音色データは電子楽器の魅力を大きく左右する重要な要素の一つです。

その開発は、楽器の録音から波形の編集、音色の組み立てや膨大なパラメータやエフェクトの設定などを経て制作され、評価・検証を繰り返し完成されます。

これらを実習を通して理解していただきます。

<実習内容の一例を以下に示します>

  • 音色データの開発方法・開発環境の学習
  • 音色データの自社・他社商品評価
  • 評価結果を踏まえた音色データの試作
  • 試作データの評価・検証

電気・電子系、情報系、その他理系(理系センスを持った楽器・音楽経験者が望ましい)

一般的な音楽知識(中学校教育程度)、楽器演奏経験、DAWなど音楽系PCアプリ使用経験

これまでの楽器経験や音楽活動について教えてください。

主なヤマハ製電子楽器の商品知識の取得