ヤマハインターンシップ体験レポート
組込みLinuxマルチチャンネル・オーディオ 実装・評価

[ 画像 ] 竹城 雄大(タケシロ ユウダイ)

竹城 雄大(タケシロ ユウダイ)

専攻 : 電気系工学専攻

電気系工学専攻の学生が、組込みLinuxを実装・評価するエンジニアの仕事に挑戦

幼い頃からエレクトーンを続けてきており、ヤマハには昔から興味がありました。また、就職活動の時期も近づき自分の将来を考える中で、趣味の電子工作の作品としてエレクトーンにつなげて音を出す工作をしてきたこともあり、音に関わる電子・情報系の仕事に就きたいと感じていました。ヤマハのインターンシップにはちょうどこれらすべてを網羅するテーマがあり、自分の将来を考える上でも参考になりそうだと考え、参加を決意しました。

ハードウェアとソフトウェアの両方にかかわる組み込み系エンジニアとして、重要な考え方を様々な形で実際に経験し、そして身に着けることができました。同時に、企業でエンジニアとして働くとはどういうことか、ヤマハで働く空気感はどういうものか、ということも経験できました。就職活動に入る前に、「働く」というイメージを具体的に掴むことができる貴重な経験を得られました。

2週間と少し長く、参加することに躊躇する人もいるかもしれません。ですが、少しでも興味のあるテーマがあり、時間が用意できるなら是非参加すべきです。ヤマハのインターンシップでは、他では中々できない貴重な経験をすることができ、インターンシップ同期生という多くの仲間・友達も得ることもできます。気になるテーマがもしあれば、考えるよりも先にまずはエントリーしてみましょう。

6:00 起床
6:40 朝食
実習のある平日は毎日寮で出されていました
7:30 寮を出発
実習中盤~後半になるとほかのインターンシップ実習生とも仲良くなったので、会社まで一緒に行く毎日でした
8:15 実習開始
実習前半は回路のプログラミング、後半はハードウェアを動かすためのソフトウェアのプログラミングを主に行っていました
12:00 昼食
昼食は、社員の方と一緒に社食でいただいていました
13:00 実習再開
午前の作業の続きを行いました
17:00 実習終了
毎日一日の最後に日報をまとめてから、寮へ帰りました
18:00 夕食
夕食も朝食と同じく、寮でいただいていました
19:00 自由時間
広いお風呂でゆっくりしたり、ほかのインターンシップ生と交流したり、疲れて早めに寝たりと、毎日自由に過ごしていました
23:00 就寝