ヤマハインターンシップ体験レポート
計測・シミュレーションによる木管楽器の流体、音響特性の分析・評価

[ 画像 ] 馬場 玲於(ババ レオ)

馬場 玲於(ババ レオ)

2017年入社
専攻 : 機械情報工学

機械情報工学専攻の学生が、流体解析の知識を活かし、木管楽器の流体、音響特性の分析・評価に挑戦

元々、吹奏楽部に所属していたり、大学での研究が音•楽器に関する研究を行っていたことから、前々からヤマハに興味を持っていました。また、大学での研究を重ねるうち、音や楽器に関する製品の開発に携わる仕事をしたいと考えるようになりました。そこで、ヤマハで求められている技術やスキルがどのようなものなのかを直接感じることができる良いチャンスだと思いインターンシップに応募しました。

実習を通して、企業では大学以上にチーム内での情報共有を密にして、1つの研究を各個人それぞれの役割を果たすことで進めていると感じました。それに伴い、相手に自分の考えていることを的確に伝えることが重要なことの一つだと実感しました。また、社員の方の研究に対する鋭い着眼点、考察から“新しい知識、価値を作り出したい”という熱意が伝わってきて、とても刺激を受けました。そして、“少しでもより良くなる可能性があるならやってみよう”という精神が職場に根付いており、とても働きやすい環境だと感じました。

ヤマハのインターンシップは、2週間と少し長めですが、その分会社や職場の雰囲気、仕事の進め方などをより多く学べる機会だと思います。そして、実習内容もとても実践的なものが多く、よりやりがい、挑戦しがいのある刺激的なインターンになると思います。また、他のインターン実習生との交流でもいろいろな経験、刺激を得ることが出来ると思います。なかなか出来ない有意義な経験ができると思いますので、興味があれば是非参加してください。

6:45 起床
7:00 朝食
(寮)
8:00 寮を出発
豊岡工場組は、まとめてタクシーに乗って行きます。40分ぐらい。
9:00 業務開始
ひたすら、実験室で実験
12:00 お昼休み
事前に支給された食券で、好きなランチを食べられます。食べ終わったら、他の実習生とロビーの楽器をいじったり、休憩室の卓球台で遊ぶ。
13:00 業務再開
午前の業務の続き、実験が終わったらデータをまとめて考察し、さらに必要なデータ、実験があるかを社員の方と検討。
18:00 業務終了
行き同様タクシーに揺られながら、他の実習生と今日あったことや、その他雑談などをして寮へ。
19:00 夕食
(寮)
20:00 風呂
寮のお風呂は広いので、ゆったりと入れます。
21:00 自由時間
他の実習生と話したり、次の日の実験の案を考えたりしました。
23:00 就寝