ティンパニのマメ知識
ティンパニストは「第二の指揮者」

ティンパニはオーケストラの重要な柱となる楽器で、モーツァルトやベートーヴェンや、数々の名だたる作曲家が効果的に用いています。曲にティンパニが入っている所は音楽として重要な盛り上がりのシーンなので、ティンパニストには的確な入りのタイミングや表現が求められます。
でも、もしも指揮者と意識がずれていたら…、影響力の大きい楽器だけに、ほかの奏者たちはティンパニの打つリズムに合わせて曲を進行してしまうでしょう。そんなこともあって、ティンパニストは「第二の指揮者」と呼ばれています。

指揮者とティンパニスト