ティンパニの叩き方
基本的な演奏法

音を長く伸ばして持続させたいとき、連続して速く叩いて音をつなぐトレモロ(別名ロール)という奏法を行います。 トレモロで気を付けなくてはいけないのが、ヘッドのテンションとの関係。ゆるいテンションのとき、つまり低い音のときに速く叩くと、叩いているのに音が止まってしまうことがあります。これはヘッドが沈んだときにさらに叩いて沈めているため。ゆるいテンションのときはゆっくり、音の伸びが短くなる高いテンションのときは速く、連打することが大事です。

ティンパニは、真ん中ではなく手前の縁の方を叩きます。ヘッド全体は中央を左右に通る直線を節にして波打っていて、縁は振動の腹の部分に当たります。

ペダルを踏んで音を変えるグリッサンド