サクソフォンのマメ知識
中耳炎の時も吹けた!

あるプレイヤーがライブの時たまたま中耳炎にかかってしまいました。人の話す声は聞こえません、他の楽器の音も聞こえません。でも、ステージに立った彼はいつも通りのプレイができたのです。なぜでしょう? 骨から音が伝わってきたからなのです。鼓膜の外からではなく、身体の中から音が聞こえました。自分の声を録音して聞くと印象がちがうものですが、それは普段は耳から、そして骨からも自分の声を聞いているから。中耳炎の時も吹けるって、サクソフォンが身体の一部だからこそ、という感じですね。