[ 画像 ] 今週の音楽記事から 音楽ジャーナリストの眼 毎週月曜更新

鶴田裕介:記事一覧

読売新聞 │配信日: 2018/4/16

新作はロック一色 及川光博 歌詞の世界を演じる

 及川光博の新作「BEAT & ROSES」(ビクター)は、前作のファンキーな作風から打って変わってロック一色。ビート感あふれる力強い楽曲が並ぶ。俳優としての評価が高まるにつれて、曲作りや歌唱といった音楽活動にも深みが増しているようだ。(鶴田裕介) 「僕は歌うというより...

読売新聞 │配信日: 2018/4/16

[トレンド]椎名林檎、aiko、宇多田ヒカル 「98世代」鮮烈な個性 

 ◇週刊エンタメ 椎名林檎。aiko。宇多田ヒカル。3人の名前を聞いて、どんな共通点が思い浮かぶだろうか。答えは二つ。いずれも1998年にデビューし、今年で20周年を迎えるシンガー・ソングライターであること。そして、現在も第一線で活躍していることだ。 ライブで拡声機で叫...

読売新聞 │配信日: 2018/4/9

[評]SONGS&FRIENDS ユーミン 45年分の進化

 松任谷由実(荒井由実)の初アルバム「ひこうき雲」(1973年)を再現したコンサート。ベースの細野晴臣、ギターの鈴木茂ら、録音時のバンド、ティン・パン・アレー(当時はキャラメル・ママ)のメンバーが参加し、再現度の高さに注目が集まっていた。 この日は3部構成で、ユーミンと...

読売新聞 │配信日: 2018/4/2

応援ソング ぎっしり ファンキー加藤が新作

 まっすぐな言葉とメロディーで聴く人を元気づける歌を歌い続けるファンキー加藤が新作「今日の詩(うた)」(ドリー)を出した。いつも通り、背中を押してくれるような応援ソングが詰め込まれている。(鶴田裕介) 「小中学生の頃に聴いていたのはザ・ブルーハーツ、長渕剛、尾崎豊……。...