ヤマハ吹奏楽団「ふくしま復興祈念特別演奏会」出演のご報告

2015年11月7日、8日に福島県郡山市民文化センター大ホールにて開催された「ふくしま復興祈念特別演奏会」(主催:福島県吹奏楽連盟、共催:全日本吹奏楽連盟・朝日新聞社)に、ヤマハ吹奏楽団が出演しました。

この演奏会は、福島県の震災復興を願って開催されたもので、9月に同県いわき市であった演奏会に続く第2弾。全国から吹奏楽のトップバンドが集結し、2日間で延べ1,300人の参加者が、各団体の持ち味を活かした演奏を披露しました。

ヤマハ吹奏楽団は、福島県内中高生合同バンドや東邦音楽大学・東邦音楽短期大学ウィンドオーケストラ、洗足学園音楽大学サクソフォン・オーケストラなどと一緒に7日の公演に出演。最後に登場したヤマハ吹奏楽団は、福島のみなさんに楽しんでいただけるよう、吹奏楽の名曲からヤマハ吹奏楽団の委嘱作品、ポップスまで幅広いジャンルの曲を演奏しました。中でも「イン・ザ・ミラー・ムード」では、団員3名のダンスを交えて演奏し、会場を沸かせました。

同楽団はこれまでも、東北の復興を祈念するチャリティコンサートなどを実施してきたほか、定期演奏会などの収益金の一部と来場者から募った寄付をあわせて、(社)全日本吹奏楽連盟を通じて、被災地の学校の楽器購入などに役立てていただいています。

今後も同楽団はこうした復興支援活動を続けるとともに、さらに、東日本大震災の復興が進む事を心よりお祈りしております。