中国子会社の「クリーン生産認証」取得について

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、この度、海外の生産拠点の杭州ヤマハ楽器(中国杭州市)がグループ会社で初めて、中国の清潔生産促進法に基づく「クリーン生産認証」を取得しましたのでお知らせいたします。

中国では、2003年に「クリーンなエネルギー、原材料、製造技術を用いてクリーンな製品の製造の実現による環境汚染の予防」を目的とした「清潔生産促進法」が施行されました。製造業の環境負荷低減を促進するため、省エネルギー、省資源、廃棄物の削減などの自主的な活動を奨励し、高度な、クリーン生産を達成していると認められた企業に対して各地域の政府機関から認定される制度です。

杭州ヤマハ楽器はエネルギー使用量の削減を目標に掲げ、技術的な改善や日常管理レベルの向上などにより改善活動を進めた結果、売上高原単位で15%の削減を達成することができました。また、廃棄物の削減、環境リスク対応の強化などに取り組み、2011年12月に、所在地の杭州市より「クリーン生産認証」をヤマハグループとして初めて取得しました。

さらに、2012年5月には、ヤマハグループの方針※ に沿って、ISO14001環境マネジメントシステムの認証も合わせて取得しました。

杭州ヤマハ楽器では、2つの認証取得を基盤として、今後も環境の取り組みを継続的に推進してまいります。

ヤマハグループでは、今後も環境に対する取り組みを、企業の活動の中でも重要な課題として位置づけ、国内外の生産拠点での生産活動や、製品ライフサイクル全体での環境負荷低減を目指して活動を実践してまいります。

名称: 杭州ヤマハ楽器
設立: 2003年 (生産開始 2004年10月)
所在地: 中華人民共和国浙江省杭州市
事業内容: ピアノ・ピアノパーツ、ギターの製造
  • ※ヤマハグループ方針
    生産系事業所およびリゾート施設は環境マネジメントシステム外部認証取得する。

杭州ヤマハ楽器

ISO14001登録証

アップライトピアノの生産ライン