厚生労働省より次世代認定マーク「くるみん」を取得

[ 画像 ] 次世代認定マーク「くるみん」

次世代認定マーク「くるみん」

ヤマハ株式会社は、次代の社会を担う子どもたちの健全な育成環境の整備を目的とした「次世代育成支援対策推進法」に基づき、2005年度より、育児支援制度の充実、有給休暇取得促進等を盛り込んだ3ヵ年の行動計画を策定し、育児と仕事の両立支援に労使共同で取り組んでまいりました。
この度、3ヵ年の取り組みの成果が認められ、2008年8月29日に厚生労働省より次世代育成支援事業主として認定され、次世代認定マーク「くるみん」を取得いたしました。
今後も、ワークライフバランスの更なる向上をめざした取り組みを労使で進めてまいります。

期間 2005年4月1日~2008年3月31日(3ヵ年)
内容
  1. 年次有給休暇の取得促進
  2. 育児休職期間の延長及び期間変更の柔軟化
    1. 満1才6ヶ月に到達または満1才到達後の4月末までに延長した
    2. 期間の変更を1回に限り認めることとした
  3. 男性の育児休職取得者9名
  4. 女性の育児休職取得率98%
  5. 育児休職支援金の制度化
  6. 時間外労働・休日出勤の免除制度の導入
  7. 育児短時間勤務制度の柔軟化
    1. 特段の事情がある場合には、子が小学校1年生の3月末日まで延長可能とした
    2. 育児短時間勤務申請において、半年単位で期間・時間の変更を可能とした
    3. 一時金(賞与)控除率を低減した
  8. 子の看護休暇を新設し、対象を子が小学校1年生の3月末日まで取得可能とした
  9. 従業員に向けた啓蒙活動(小冊子の配布、説明会の実施、専用ホームページ開設等)