ヤマハサプライヤーCSR行動基準

ヤマハグループと取引のあるサプライヤー様は全ての事業活動において、国、⾃治体の法令、規則、規定などを順守するとともに、国際的に認められた⾏動規範を尊重し、以下の各基準を順守してください。また、調達先にも本⾏動基準の順守を促すとともに、本⾏動基準を順守するために必要な情報を調達先から⼊⼿してください。

A. 労働・⼈権

  1. 【強制労働の禁⽌】全ての従業員の⾃由な意思を尊重し、強制的な労働を⾏わせないこと。
  2. 【児童労働の禁⽌】最低就業年齢に満たない児童を雇⽤しないこと。また、18歳未満の従業員を健康・安全が脅かされる業務に従事させないこと。
  3. 【適切な労働時間】現地法令で定められている週間労働時間を超えないこと。また、1週間に最低1⽇の休⽇を付与すること。
  4. 【適切な賃⾦と給付】現地法令で定められている最低賃⾦以上の賃⾦を⽀払うこと。また、不当な賃⾦減額を⾏わないこと。
  5. 【⾮⼈道的な扱いの禁⽌】従業員の⼈権を尊重し、ハラスメントや虐待など⾮⼈道的な扱いを⾏わないこと。
  6. 【差別の禁⽌】採⽤を含む雇⽤慣⾏において、⼈種、⽪膚の⾊、国籍、年齢、性別および性的指向、⺠族性、障がいの有無、妊娠、宗教、政治的⾒解、組合への加⼊、配偶者の有無など業務と関係のない事由による差別を⾏わないこと。
  7. 【結社の⾃由の確保】現地法令に基づき、従業員の結社の⾃由、組合への加⼊または⾮加⼊、抗議⾏動などへの参加の権利を尊重すること。
  8. 【紛争鉱物への対応】製品に含有されるいわゆる紛争鉱物(タンタル、すず、タングステン、⾦)の使⽤が、コンゴ⺠主共和国およびその周辺国などにおける深刻な⼈権侵害の加害者である武装グループの直接または間接的な資⾦源や利益とならないよう努めること。

B. 労働安全

  1. 【職場の安全確保】従業員の安全を確保するため、職場環境や作業の状況を把握し、危険性、有害性の恐れがある場合には、適切な技術的・管理的⼿段により予防・低減対策を講じること。
    また、必要に応じて保護具などを従業員に提供すること。
  2. 【事故の未然防⽌と緊急時への備え】災害や事故などのリスクを評価して対応策を準備すること。また、構造物の安全確認を⾏うとともに、防災設備の設置および点検を⾏うこと。
  3. 【労働災害と疾病の予防】労働災害や労働疾病の状況を把握し、予防するための対策を講じること。また、現地法令に基づき従業員の健康診断を⾏うこと。
  4. 【⾝体的負荷、疾病への配慮】⾝体的に⼤きな負荷のかかる作業、精神衛⽣も含めた健康被害を及ぼす可能性のある作業を特定、管理し、労働災害・疾病につながらないよう対策を講じること。
  5. 【機械装置の安全対策】機械装置類の安全性を評価し、労働災害につながらないよう対策を講じること。
  6. 【施設の安全衛⽣の確保】従業員のために提供される施設(寮、⾷堂、トイレなど)の安全衛⽣と妥当な環境を確保すること。

C. 環境保全

  1. 【環境許可証などの順守】現地法令に従い、必要な許認可・届出・報告などを⾏うこと。
  2. 【省資源と省エネルギー】全事業プロセスにおいて省資源・省エネルギーに努めること。
  3. 【排⽔の管理】有害排⽔の環境への排出を防⽌すること。
  4. 【⼤気への排出の管理】⼤気に排出される有害物質・温室効果ガス・オゾン層破壊物質などの削減に努めること。
  5. 【廃棄物の適正処分】廃棄物の適正処分を⾏うとともに、排出量の削減にも努めること。
  6. 【化学物質の管理】環境に放出された場合に害を及ぼす化学物質を特定し、使⽤量削減や有害性の低い物質への代替、および漏洩の防⽌などに努めること。
  7. 【製品含有物質の管理】製品に含まれる有害物質を特定し、法規制などを順守すること。
  8. 【⽣物多様性の保全】天然資源の利⽤を含む事業活動が⽣物多様性に与える影響を考慮し、悪影響を最⼩限に抑えること。特に⽊材資源に関しては、「E. 持続可能な⽊材資源」の基準を順守すること。

D. 倫理

  1. 【汚職・賄賂などの禁⽌】贈収賄、汚職、強要などあらゆる腐敗的な⾏為を⾏わないこと。
  2. 【反競争的⾏為の禁⽌】公正な競争を阻害する⾏為が⾏われないよう管理されていること。
  3. 【情報の開⽰】経営や財務状況など事業活動に関する情報を適正に開⽰し、不正な改ざんなどがないこと。
  4. 【製品情報の適切な提供】顧客や消費者に対して、製品・サービスに関する正確な情報を提供していること。
  5. 【不正⾏為の予防と早期発⾒】従業員が不正⾏為を報復の懸念なく通報できるよう、通報者を保護する施策を講じること。
  6. 【知的財産権の保護】知的財産権を尊重し、保護するよう管理されていること。
  7. 【個⼈情報の保護】顧客、取引先、消費者、従業員など事業活動に関わる全ての個⼈情報が適切に保護されていること。

E. 持続可能な⽊材資源

  1. 森林資源の伐採および取引に際しては以下の点を順守すること。
    1. 供給源が明らかな⽊材であること
    2. 信頼できる森林認証を可能な限り受けていること
    3. 違法に伐採または取引された⽊材でないこと
    4. 絶滅が危惧されている樹種の持続性に配慮すること
    5. 保護価値の⾼い森林からの伐採でないこと
    6. 遺伝⼦組み換え樹種でないこと
    7. ⽣態系を破壊する天然林伐採でないこと
    8. 先住⺠の⼈権を侵害するなど地域社会に悪影響を及ぼしていないこと

制定 2015年3⽉


ヤマハサプライヤーCSR行動基準