編集方針

ヤマハグループは、企業の社会的責任として、持続可能な社会に向けた取り組みを進めています。
サステナビリティ推進のビジョンや取り組みを、幅広いステークホルダーの皆さまにお伝えすることを目的に、サステナビリティレポートをウェブサイトに公開しています。
2000年に環境報告書を刊行して以来、皆様との対話をベースに、当社グループの責任としての重要課題や関心が寄せられているテーマを優先的に開示できるよう努めています。
2014年からはISO 26000「社会的責任に関する手引」の中核主題に沿った構成とし、より分かりやすく充実した情報開示を目指しています。
なお、本サステナビリティレポート(ウェブサイト)は、GRIスタンダード2016の中核(Core)オプションに準拠して作成されています。その他、環境省「環境報告ガイドライン(2012年版)」を参考にしています。

[ ロゴ ] UN GROBAL COMPACT

原則として、ヤマハグループ(ヤマハ(株)および国内・海外グループ会社のうち連結子会社59社)を対象としています。本レポート中の「ヤマハ」は、ヤマハグループを示しています。範囲を特定する必要がある報告には、個々に対象範囲を記載しています。

2017年4月1日~2018年3月31日
※ 本レポートでは、上記期間を「2017年度」と表記しています。
※ 一部に、2017年3月以前からの取り組みや、2018年4月以降の情報を記載しています。

発行日:2018年7月
前回発行:2017年7月
次回発行予定:2019年7月